Azure Database for MariaDB のリージョン間の読み取りレプリカ

2019年7月15日 に投稿済み

Azure Database for MariaDB のクロスリージョン非同期レプリケーションのプレビューが開始されました。マスター サーバーごとに最大 5 つの読み取り専用レプリカ サーバーを作成して、レプリカ サーバー間および Azure リージョン間で、読み取りが集中的に行われるワークロードをスケールアウトし、バランスを取ります。この機能を利用して、ディザスター リカバリー シナリオでビジネス継続性を維持します。読み取りレプリカへのレプリケーションを停止すると、レプリカ サーバーは、読み取りと書き込みを実行できるスタンドアロン サーバーとなります。

詳細については、MariaDB 製品ドキュメントをご覧ください。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Azure Database for MariaDB
  • Features