ナビゲーションをスキップする
プレビュー

パブリック プレビュー:Azure Monitor の新しいクエリ パックを使用したログ分析クエリの保存と共有

公開日: 5月 25, 2021

Log Analytics は Azure Monitor 内のツールで、Azure Monitor のログ内のテレメトリに対するログ クエリを編集および実行するために使用されます。 複雑で興味深いクエリを数多く作成されている方も多いと思いますが、それらのクエリを保存して再利用したり、組織の同僚やパートナー チームと共有したりしたいという要望が高まっています。

本日、ログ分析におけるクエリ パックのパブリック プレビューを開始します。クエリ パックとは基本的に、ログ分析のクエリを含む ARM オブジェクトのことです。クエリ パックには、ログ分析におけるクエリの作成、管理、制御、保存、発見を行うためのさまざまなエクスペリエンスが付属しています。

主な機能は以下のとおりです。

  • クエリ パックは ARM オブジェクトです: アクセス許可の制御が可能で、コードでデプロイしたり、ポリシーに組み込んだりすることもできます。
  • クエリ パックは、すべてのログ分析のコンテキストにおいて、また環境をまたいで動作します。 1 つのクエリ パックは、リソース中心またはワークスペース中心モードの複数のサブスクリプションに読み込むことができます。
  • クエリ パックのクエリには新しいメタデータが含まれます。 組織は、分類や用語に応じたクエリのアレンジを行うことができます。
  • クエリ パック エクスペリエンスはログ分析の中に組み込まれています。 スムーズで調和のとれた、コンテキストを反映したクエリ エクスペリエンスが提供されます。

Tech Community ブログをお読みください。

  • Azure Monitor
  • Features

関連製品