ナビゲーションをスキップする
プレビュー

Azure Synapse Analytics および Azure Databricks の Apache Spark 用の新しい Common Data Model コネクタ (プレビュー)

公開日: 9月 30, 2020

Common Data Model (CDM) では、Azure Data Lake Storage (ADLS) に格納されているデータのスキーマとセマンティクスを記述するための一貫性のある方法が提供されています。これにより、Dynamics 365 などのアプリケーションからデータを CDM 形式でエクスポートし、他のサービスに格納されているデータのスキーマやセマンティクスに簡単にマップすることができます。

本日、新しい CDM コネクタを発表しました。これは CDM のエコシステムを拡張するもので、Apache Spark を使用しているサービスが、CDM で記述されたデータを CSV や Parquet 形式で読み書きできるようになります。これはデータフレームの抽象化によって行われ、Scala、Python、Spark SQL からアクセスできます。この新しい Spark CDM コネクタは構成する必要がなく、Azure Synapse Analytics と共にプレインストールされています。また、Azure Databricks と一緒にインストールして使用することもできます。

詳細情報

  • Azure Synapse Analytics
  • Features