ナビゲーションをスキップする
提供中

一般提供:IoT Hub および DPS 用の X.509 証明書の所有権証明をスキップする

公開日: 7月 01, 2021

本日より、IoT Hub および Device Provisioning Services (DPS) において、アップロード済み X.509 証明書の所有権証明が不要になりました。これにより、認証局 (CA) や秘密キーを持たないデバイスの運用者も X.509 認証を利用できるようになり、より高度なセキュリティを実現できるようになりました。

所有権証明をスキップするには、オプションの [アップロード時に証明書の状態を確認済みに設定する] をオンにしてください。

詳細については、IoT Hub および DPS のドキュメントをご覧ください。

  • Azure IoT Hub
  • IoT Hub Device Provisioning Service
  • Security

関連製品