ナビゲーションをスキップする
提供中

一般提供された Microsoft Graph Security API

公開日: 9月 24, 2018

Microsoft Graph Security API を利用して、Microsoft とパートナー セキュリティ ソリューションの統合を簡単に行えるようにします。Microsoft Graph Security API では、標準インスタンスの提供、セキュリティ アラートを統合するためのスキーマの統一、コンテキスト情報のロック解除、およびセキュリティ オートメーションの簡易化を行います。

セキュリティ ソリューションの数とセキュリティ データのボリュームが増大すると、迅速に値を抽出することが難しくなります。新しい各ソリューションを既存のセキュリティ ツールおよびワークフローと統合すると、コスト、時間、複雑さが増すことになります。統合されたセキュリティ API を使用すれば、Microsoft とパートナーによる次のセキュリティ ソリューションに簡単にアクセスできます。

·        アラート管理を統一して標準化する - 任意の Microsoft Graph Security プロバイダーからアラートを取得し、セキュリティ ソリューション全体のアラートと一般的なアラート スキーマをより簡単に関連付け、すべてのソリューションでのアラートの状態と割り当ての同期を維持します。

·        セキュリティ コンテキストをロック解除してセキュリティ操作を通知する - ユーザー、ホスト、アプリ、セキュリティ コントロール (セキュリティ スコアおよび構成) に関する分析情報と、他の Microsoft Graph プロバイダー (Azure Active Directory、Microsoft Intune、Office 365、およびその他) からの組織のコンテキストを統合します。

·        セキュリティの調整とオートメーションを簡易化する - Graph Security を呼び出す調査と修復のプレイブックを開発して、アクションの実行、セキュリティ ポリシー チェックとルール適用の自動化、およびセキュリティ ソリューション全体でのアクションの調整を行います。

 

詳細を見る

 

お知らせを読む

 

ドキュメントを読む

  • Services