プレビュー

Azure DevTest Labs のラボ仮想マシン上でマネージド ID を有効にする

更新: 2月 05, 2020

ラボの所有者は、Azure DevTest Labs のラボ仮想マシン上でユーザー割り当てのマネージド ID を有効化できるようになりました。マネージド ID は Azure Active Directory の機能の 1 つであり、コードに資格情報を含めずに Azure Key Vault などの Azure サービスを認証できます。この機能を使用して、ラボのユーザーはラボのコンテキストで Azure SQL Database などの Azure リソースを共有できるようになりました。構成が完了すると、すべての既存または新しく作成されたラボ仮想マシンでこのマネージド ID を使用できるようになり、ラボのユーザーは、コンピューターにログインした後にリソースにアクセスできるようになります。

詳細については、ラボのマネージド ID の有効化に関するページをご覧ください。

ご質問がある場合は、Azure DevTest Labs フォーラムの Q&A をご覧ください。

フィードバックがある場合は、Azure Lab Services フォーラムでアイデアを送信したり、他のユーザーに投票したりすることができます。

  • Azure DevTest Labs
  • Features

Related Products