提供中

Azure Service Fabric 6.5 リリースの提供開始

公開日: 6月 11, 2019

 多くの Azure リージョンにロールアウトされた Service Fabric リリース バージョン 6.5 には、さまざまな新機能、バグ修正、サポート、信頼性とパフォーマンスの強化が含まれています。 

最新のお知らせ

  • これは、Service Fabric Tools for Visual Studio 2015 がリリースされる最後のリリースとなります。VS 2019 に移行することをお勧めします。
  • "ユーザー" コードの暴走からシステム エンティティを保護: バージョン 6.5 以降、システムとノード上のユーザー サービスの間でリソース保護を設定できるようになりました。Service Fabric はユーザー サービスに対して厳格なリソース制限を強制することで、指定した量を超えるリソースがノード上の非システム サービスによって使用されないことを保証します。 この変更も 6.5 リリースで発表されました。詳細については、リリース ノートを参照してください。

Service Fabric 6.5 の新機能

主要な機能を以下に示します。 変更点の詳細な一覧については、リリース ノートを参照してください。 

 

  • Service Fabric
  • Features
  • SDK and Tools
  • Services

関連製品