ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure ルーティング優先設定の一般提供が開始されました

公開日: 3月 09, 2021

Azure ルーティング優先設定を使用すると、お客様は Azure とインターネット上のクライアント間のトラフィックのルーティング方法を選択できるため、パフォーマンスやコストを最適化することができます。 "Microsoft グローバル ネットワーク" を経由したルーティングと、トランジット インターネット サービス プロバイダー (ISP) のネットワークを利用した "パブリック インターネット" を経由したルーティングを選択することができます。Microsoft ネットワーク経由のルーティングでは、パフォーマンスに対して最適化されたきわめて信頼性の高いプライベート グローバル ネットワークを介してトラフィックが配信されますが、ISP ネットワーク オプションでは、お客様がコスト面で最適な選択を行うことができます。   

エグレス データ転送の料金は、ルーティングの選択によって異なります。パブリック IP アドレスの作成中にルーティング オプションを選択し、仮想マシンやインターネットに接続するロード バランサーなどのリソースに関連付けることができます。ストレージ サービスのルーティング優先設定を有効にすることもできます。既定では、すべての Azure サービスについて、トラフィックは Microsoft グローバル ネットワーク経由でルーティングされます。   

また、同じリソースに対して両方のルーティング オプションを有効にできる柔軟性もあります。たとえば、仮想マシンのパブリック IP を Microsoft グローバル ネットワーク経由でルーティングし、もう一方を ISP ネットワーク経由でルーティングするなど、両方のルーティングを有効にすることができます。    

Microsoft ネットワーク経由のルーティング:  Microsoft グローバル ネットワーク経由でトラフィックをルーティングすると、180 以上のエッジ ポイント オブ プレゼンス (POP) が含まれ 16.5 万マイルを超えるファイバーに広がる世界で最大のネットワークの 1 つにトラフィックが配信されます。このネットワークは、複数の冗長化されたファイバー パスとインテリジェントなトラフィック エンジニアリングにより最適にプロビジョニングされており、きわめて高い信頼性とパフォーマンスを実現しています。    

インターネットのトラフィックは、ユーザーに最も近い Microsoft のネットワークに出入りします。 トラフィックを受け入れ、ユーザーに最も近いポイントに配信することで、Azure は最適化されたネットワーク エクスペリエンスを提供します (コールド ポテト ルーティング)。   

トランジット ISP ネットワーク経由のルーティング:  新しく競争力のあるエグレス層により、Microsoft グローバル ネットワーク上の移動が最小になり、トランジット ISP ネットワークが使用されます。インターネット トラフィックは、ホステッド サービス リージョンに最も近い Microsoft ネットワークに出入りします (ホット ポテト ルーティング)。   

詳細についてはこちらを参照してください 

  • ネットワーク インフラストラクチャ
  • Services