プレビュー

Azure Data Box を使用した Azure Backup のオフライン バックアップ

公開日: 2月 19, 2020

Azure Backup をご利用のお客様は、Azure Data Box を利用して、オフラインのメカニズムを通して重要な企業データの大量のバックアップを移動できます。このプレビューでは、お客様は Azure Data Box (100 TB のアプライアンス) と Azure Data Box ディスク (1 ディスクあたり最大 8 TB) を Microsoft Azure Recovery Services Agent と一緒に使用することで、大量の初期バックアップ (サーバーあたり最大 80 TB) を Azure Recovery Services コンテナーにオフラインでシードすることができます。その後のバックアップはネットワーク経由で行われます。

この拡張機能により、Azure Data Box の中心となるメリットに加え、既存の Azure インポートおよびエクスポート ベースのオフライン バックアップにはない、次のような主要なメリットを利用することができます。 

  • Azure と互換性のあるディスクやコネクタを自分で自由に調達できます。Azure Data Box サービスは、標準のネットワークおよび USB インターフェイスが使用されている、Azure と互換性のあるアプライアンスを提供するため、それらを簡単に接続してデータをコピーすることができます。 
  • 一時ストレージのプロビジョニングと、データのコピーに特化したツールの使用を自由に行うことができます。Microsoft Azure Recovery Services Agent は、Azure Data Box デバイスにバックアップ データを "直接" 書き込むことができます。これにより、バックアップ用のステージング場所と、データをディスクにコピーするための専用コピー ツールの両方が不要になります。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

はじめる

  • Azure Backup
  • Data Box
  • Management