2023 年 3 月 1 日までに IaaS リソースを Azure Resource Manager へ移行する

公開日: 2月 28, 2020

Azure Resource Manager には Azure Service Management のサービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) 機能と新たな進歩がすべて備わっているため、2023 年 3 月 1 日にクラシック IaaS VM が廃止されます。

ASM から IaaS リソースを使用している場合は、2023 年 3 月 1 日までに移行を完了させてください。Azure Resource Manager の次の機能強化を活用するために、早めに切り替えを行うことをお勧めします。

  • テンプレートを使用して複雑なアプリケーションをデプロイできるようになります。
  • 可用性セットへの仮想マシンのスケーラブルな並列デプロイが含まれています。
  • コンピューティング、ネットワーク、ストレージのライフサイクル管理が個別に提供されます。
  • 仮想ネットワークでの仮想マシンの強制実行によって、セキュリティが既定で有効になります。

どのような影響がありますか?

今日から、クラシック IaaS VM を現在使用していないお客様は、新しいクラシック VM を作成することはできなくなります。

2023 年 3 月 1 日以降は、クラシック IaaS VM を使用しているお客様は、ASM を使用してどのクラシック IaaS VM も起動できなくなります。実行中または停止済み/割り当て済み状態で残っている VM は、すべて停止済み/割り当て解除済み状態に移行されます。

次の Azure のサービスと機能は、この廃止の影響を受けません:Cloud Services、クラシック VM によって使用されていないストレージ アカウント、クラシック VM によって使用されていない仮想ネットワーク (VNet)。

どのような対応が必要ですか?

サービスを中断させないようにするには、2023 年 3 月 1 日までにクラシック IaaS VM から Resource Manager へ IaaS リソースを移行させてください。Resource Manager の機能強化を使い始めるために、早めに移行することをお勧めします。

クラシック IaaS VM の廃止に関する詳細をご覧ください

  • 仮想マシン
  • Retirements

関連製品