プレビュー

Azure Storage - ルーティングの優先順位のプレビューでの提供開始

公開日: 5月 19, 2020

Azure Storage のルーティングの優先順位を、フランス南部、米国中北部、および米国中西部リージョンでプレビューで使用できるようになりました。

Microsoft グローバル ネットワークまたはパブリック インターネットを使用して、お客様の Storage アカウントの既定のパブリック エンドポイントに直接ネットワーク トラフィックを送信するようにルーティングの優先順位を構成できます。Microsoft グローバル ネットワークを使用して、ネットワークのパフォーマンスを最高レベルに最適化できます。これにより、信頼性の高い低待機時間のパスを選択し、クライアントに最も近いポイント オブ プレゼンスを経由してトラフィックをルーティングできます。または、お使いのストレージ アカウントに最も近いポイント オブ プレゼンスを経由してトラフィックをルーティングして、ネットワーク コストを削減し、Microsoft グローバル ネットワークでのトラバーサルを最小化できます。

お使いの Storage アカウントのルーティング構成オプションを使用して、ルート固有のエンドポイントを追加で発行することもできます。これらの新しいパブリック エンドポイントを使用して、目的のパスに対しルーティングのトラフィックを明示することで、既定のパブリック エンドポイントに指定されているルーティングの優先順位を上書きできます。

詳細情報

  • ストレージ アカウント
  • Features