ナビゲーションをスキップする
プレビュー

パブリック プレビュー:Linux ディストリビューション用の Azure Monitor エージェントからの Syslog イベント収集

公開日: 6月 09, 2021

Azure Monitor には、データ収集の構成に関する新しい概念と、Azure Monitor の新しい統合されたエージェントが、パブリック プレビューで導入されました。この新しいエージェント (Azure Monitor エージェント、または AMA) とデータ収集ルール (DCR) は、VM からのデータ収集におけるいくつかの重要な分野で改善されています。たとえば、きめ細かく柔軟な構成 (1 つのワークスペースの VM のサブセットからの収集など)、一度収集して Log Analytics と Azure Monitor メトリックの両方に送信、複数のワークスペースへの送信 (Linux のマルチホーム)、Windows および Linux のソースでのデータのフィルター処理、拡張機能の管理の向上、全体的なパフォーマンスの向上などがあります。 

Syslog データの収集が想定どおりに動作しないという問題が発生していました。これは現時点で対処済みです。最新のリリースでは、Linux マシンからの Syslog 収集がサポートされており (バージョン 1.10 以上を使用)、サポートされているすべてのディストリビューションで利用可能です。

最新バージョンの Azure Monitor エージェントに更新すると、Linux マシンからの Syslog イベントの収集が開始され、リソースの監視が強化されます。  

Microsoft Teams でつながってください

詳細についてはこちらを参照してください

  • Azure Monitor
  • Features
  • Management

関連製品