提供中

データ トラフィックのパブリック エンドポイントが Azure SQL Database Managed Instance でグローバルに使用可能

更新: 6月 24, 2019
Azure SQL Database マネージド インスタンスのパブリック エンドポイントにより、インターネットから Azure SQL Database Managed Instance に接続する機能が提供されます。また、このパブリック エンドポイントはデータ (TDS) トラフィック専用です。データのパブリック エンドポイントは、マネージド インスタンス上でプライベート エンドポイントと同時に共存できます。
 
マネージド インスタンスのパブリック エンドポイントは、マネージド インスタンスの作成時に有効にできます。または、マネージド インスタンスの作成後に Azure portal、PowerShell および CLI を使用して管理できます。パブリック エンドポイントの有効化は、企業のセキュリティの原則である職務の分離 (SoD) に準拠しており、2 つの手順のプロセスです。このプロセスでは、最初の手順でパブリック エンドポイントを有効にするために、マネージド インスタンスの管理者権限を持つユーザーが必要とされます。パブリック エンドポイントを有効にしても、ネットワーク管理者権限を持つユーザーが適切なポートをインターネットに対して開き、企業で必要とされるセキュリティ規則を設定するまで、データ トラフィックはインターネットに公開されません。
 
この機能は、新しい統合シナリオ (たとえば、マルチテナント Azure サービスの Power BI、Azure App Service、CRM、DWH、インターネット上のその他の多数のサービス) などの新しい統合シナリオによって企業を支援します。
 
マネージド インスタンスのパブリック エンドポイントを構成するには、「Azure SQL Database マネージド インスタンスのパブリック エンドポイントの構成」をご覧ください。
  • Azure SQL Database
  • Managed Instance
  • Features

Related Products