プレビュー

HPC ワークロード向けの新しい H シリーズ Azure VM がプレビュー段階に入りました

公開日: 11月 14, 2018

ハイパフォーマンス コンピューティング (HPC) ワークロード向けの 2 つの新しい H シリーズ (HB と HC) の Azure Virtual Machines のプレビュー版を利用できるようになりました。

HB シリーズ VM は、流体動力学、陽解法有限要素の分析、気象モデリングなど、メモリ帯域幅が要となる HPC アプリケーション向けに最適化されています。HB VM は、AMD EPYC 7551 プロセッサ コア数が 60、CPU コアあたりの RAM が 4 GB で、ハイパースレッディングはありません。最大 4 つのマネージド ディスクがあります。AMD EPYC プラットフォームは、260 GB/秒を超えるメモリの帯域幅を提供します。

HC シリーズの VM もプレビュー段階に入りました。これらは、陰解法有限要素の分析、貯留層シミュレーション、計算化学など、集約型の計算が要となる HPC アプリケーション向けに最適化されています。HC シリーズの VM は Intel Xeon Platinum 8168 プロセッサ コア数が 44、CPU コアあたりの RAM が 8 GB で、ハイパースレッディングはありません。最大 4 つのマネージド ディスクがあります。Intel Xeon Platinum プラットフォームは、Intel が持つ豊富なソフトウェア ツールのエコシステムをサポートし、ほとんどのワークロードで、全コア クロック速度は 3.4 GHz です。どちらの VM もプレビュー段階に入りました。

詳細については、ブログをお読みになるか、サインアップして、これらの新しい仮想マシンへのアクセスを要求してください。Linux 用または Windows 用の価格の詳細については、Web サイトをご覧ください。

  • 仮想マシン
  • Services

関連製品