ナビゲーションをスキップする

一般公開: グローバル VNET ピアリング

2018年3月30日 に投稿済み

グローバル VNET ピアリングが一般公開されました。

グローバル VNET ピアリングを使用すると、仮想ネットワーク内のリソースが Microsoft のバックボーンを介してプライベートで Azure リージョン間を通信できるようになります。仮想ネットワーク全体の VM が、ゲートウェイ、余計なホップ、またはパブリック インターネットの経由なしで直接通信できます。これにより、異なるリージョンのピアリングされた仮想ネットワーク全体で、高帯域幅、低待機時間の接続が可能になります。

グローバル VNET ピアリングを使用すると、わずか数回のクリックで、世界中のプライベート ネットワーク内のリソースを共有できるようになります。 また、冗長性とディザスター リカバリーのために、リージョン間で簡単にデータをレプリケートできます。 詳細については、概要のページ詳細なドキュメント価格のページを参照してください。 

次のリージョン間でピアリングできるようになりました。

  • 韓国南部
  • 英国南部
  • 英国西部
  • カナダ東部
  • インド南部
  • インド中部
  • インド西部
  • 米国中西部
  • カナダ中部
  • 米国西部 2

この投稿のリージョン一覧は更新されない予定です。グローバル VNET ピアリングを使用できるリージョンの最新情報については、aka.ms/globalvnetpeeringregions を参照してください

Related feedback