ナビゲーションをスキップする
提供中

一般提供:App Service および Azure Functions における Windows 上の Key Vault 参照のネットワーク

公開日: 3月 31, 2021

App Service Environments を使用してデプロイされたアプリは、これまでもネットワーク制限されたコンテナーにアクセスすることができましたが、今回、仮想ネットワーク統合された Windows アプリもこれらのコンテナーにアクセスできるようになりました。これによりチームは、使用しているアプリケーションが依存するシークレットへのアクセスをさらに制限することができます。Linux アプリのサポートは近日対応予定です。

今回の更新プログラムの時点では、ネットワークの制限を受けている場合にバージョンレス参照が自動的に更新されないという既知の問題があることにご注意ください。これはまもなく修正されますが、それまでの間は、両方の機能を同時に使用することをお勧めしません。

Key Vault 参照を使用すると、アプリはマネージド ID を使用して Azure Key Vault からのシークレットを解決し、それを環境変数として公開することができます。これにより、チームはコードを変更することなく、簡単にシークレットを管理対象に移行することができます。

詳細についてはこちらを参照してください

  • App Service
  • Azure Functions
  • Security