Azure Cosmos DB: Geospatial indexing and query support

2015年8月14日

The latest Azure Cosmos DB service update includes support for automatic indexing of geospatial data, as well as SQL support for performing proximity queries stored in Azure Cosmos DB.

  • New index type: Spatial
  • New SQL built-in functions: ST_DISTANCE, ST_WITHIN, ST_ISVALID, and ST_ISVALIDDETAILED

New releases of the .NET, Node.js, Java, JavaScript, and Python SDKs support creating and modifying indexing policies with the Spatial index type. The .NET SDK release 1.4.0 adds new types for representing points and polygons, and new LINQ query operators for performing spatial queries. To learn more, you can:

無料アカウント

$200 の Azure クレジットを取得して、人気のサービスを 12 か月無料でご利用ください。

無料で始める

Visual Studio

サブスクライバーは 1 年ごとに最大 $1800 までの Azure サービスが利用できます。

今すぐアクティブ化

スタートアップ

BizSpark プログラムに参加して、Azure サービスを無料で利用しましょう

詳細情報