プレビュー

IoT プラグ アンド プレイ用の C# および Java SDK のプレビューの提供が開始

更新: 12月 20, 2019

C# と Java PnP SDK のリリースにより、デバイス開発者はこれまでにリリースされた Azure IoT SDK for C および Node.js に加え、Android や Windows などのプラットフォームを使用して IoT プラグ アンド プレイ デバイスを開発し、IoT プラグ アンド プレイ対応デバイスを IoT Hub および IoT Central に接続できるようになりました。

IoT Central では、新しいインターフェイスを使用してデバイス テンプレートを定義すると、デバイスと直接通信できるビューを簡単に作成することができます。これにより、デバイスのテレメトリを視覚化できるだけでなく、プロパティやコマンドを操作することもできます。また、ソリューション コードを作成する必要もありません。

Azure IoT Hub によってサポートされる RESTful デジタル ツイン C# と Java API により、IoT プラグ アンド プレイ デバイス機能モデルとインターフェイスの機能が公開され、開発者は、アラームしきい値などの設定を構成するためのプロパティの設定、デバイス リセットなどの操作を行うコマンドの送信、テレメトリのルーティング、特定のインターフェイスをサポートするデバイスのクエリなどを行うことができます。

また、サポートされているリージョン (米国中部、北ヨーロッパ、東日本) のいずれかで IoT Hub を使用している場合は、Azure IoT Explorer を使用してデバイスに実装されたインターフェイスを操作することができます。 

  • Java IoT プラグ アンド プレイ SDK 

IoT プラグ アンド プレイ プレビューのデバイス アプリケーションのサンプルを IoT Hub に接続する 

ご利用のソリューションに接続されている IoT プラグ アンド プレイ プレビュー デバイスを操作する 

  • C# IoT プラグ アンド プレイ SDK 

IoT プラグ アンド プレイ プレビューのデバイス アプリケーションのサンプルを IoT Hub に接続する 

ご利用のソリューションに接続されている IoT プラグ アンド プレイ プレビュー デバイスを操作する 

  • Azure IoT Hub
  • Azure IoT Central
  • Services