提供中

Azure Service Fabric 7.0 の 4 回目の更新リリースのロールアウトが開始されました

公開日: 3月 13, 2020

Azure Service Fabric 7.0 の 4回目の更新リリースでは、スタンドアロンと Azure 環境のバグ修正とパフォーマンスの強化が含まれており、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されました。Web Platform Installer、NuGet パッケージ、Maven リポジトリを介して .NET SDK、Java SDK、Service Fabric ランタイムの更新プログラムが提供され、7 日から 10 日ですべてのリージョンで利用可能になります。

  • Service Fabric ランタイム
    • Windows - 7.0.470.9590
    • Ubuntu - 7.0.469.1 
    • Windows Server 用 Service Fabric の Service Fabric スタンドアロン インストーラー パッケージ - 7.0.470.9590  
  • .NET SDK
    • Windows .NET SDK - 4.0.470
    • Microsoft.Service Fabric - 7.0.470 
    • Reliable Services および Reliable Actors - 4.0.470
    • ASP.NET Core Service Fabric 統合 - 4.0.470
  • Java SDK - 1.0.5

重要な発表:

  • 重大な変更 - プライマリ アカウントにサムプリントが設定されていない Service Fabric クラスターは、新しいバージョンにアップグレードする前に、7.0 の 3 回目の更新リリース バージョン (Windows - 7.0.466.9590、Linux - 7.0.465.1) にアップグレードする必要があります。 詳細については、リリース ノートを参照してください。
  • スタンドアロン クラスター - このリリースでは、オンプレミスの Service Fabric クラスターのクラスター ライフサイクル管理を向上させるために、多数の問題に対処しました。

詳細情報

  • Service Fabric
  • SDK and Tools
  • Security

関連製品