Azure Scheduler は 2019 年 9 月 30 日に廃止

公開日: 12月 17, 2018

2016 年、Microsoft は Azure Logic Apps を開始しました。この Azure Logic Apps では、スケジュールされたジョブと高度なワークフロー機能を構成および実行できる機能がサポートされています。Azure Scheduler の機能は Logic Apps に完全に置き換えられるため、Scheduler のスタンドアロン サービスは 2019 年 9 月 30 日に廃止されます。このような種類のすべての変更の場合と同様、マイクロソフトでは 12 か月の周知期間を設け、十分な調整時間を確保できるようにしています。

Scheduler で構成したジョブを使用し続けるには、2019 年 9 月 30 日までに Logic Apps に移行してください。Logic Apps の豊富な利点を利用できるように、なるべく早く切り替えることをお勧めします。Logic Apps を使用すると、既に使い慣れている Scheduler の機能のほかに以下のことが可能になります。

  • ビジュアル デザイナーとコネクタを使用して、Azure Blob Storage、Azure Service Bus、Microsoft Outlook、SAP など、200 を超えるさまざまなサービスと統合する。
  • スケジュールされたワークロードそれぞれを最上級の Azure リソースとして管理する。
  • 1 つのロジック アプリを使用して、複数の 1 回限りのジョブを実行する。
  • 夏時間に合わせて自動調整されるスケジュールを設定する。

行動喚起:

高度な機能を利用するために、また、サービスが中断しないように、スケジュールされたご自身のジョブは 2019 年 9 月 30 日までに Logic Apps に移行してください。

現在のジョブを Azure Scheduler から Azure Logic Apps に移行し始めるには、移行に関するガイダンスと FAQ をご覧ください。

  • Scheduler
  • Features
  • Retirements

関連製品