Azure Migrate がオーストラリア、カナダ、インド、日本で利用可能に

2019年8月9日 に投稿済み

Azure Migrate が移行プロジェクトの地域としてオーストラリア、カナダ、インド、日本をサポートするようになりました。これにより、検出したメタデータをこれらの地域に格納できるようになりました。これらの地域に加えて、Azure Migrate はアジア太平洋、ヨーロッパ、英国、米国でのメタデータの格納もサポートしています。Azure Government のサポートは、Azure Migrate の 旧バージョンで利用できます。新バージョンでのサポートは近日対応予定です。

なお、プロジェクトの地域によって、ワークロードの計画や別の対象の場所への移行が制限されることはありません。 プロジェクトの地域は、検出されたメタデータを格納するためにのみ使用されます。

  • Azure Migrate
  • Features
  • Regions & Datacenters
  • Services