提供中

Azure Migrate がアジアとヨーロッパで使用できるようになりました

公開日: 1月 16, 2019

Azure Migrate が移行プロジェクトの場所としてアジアとヨーロッパをサポートするようになりました。これは、検出されたメタデータをアジア (東南アジア) とヨーロッパ (ヨーロッパ北部/ヨーロッパ西部) の地域で格納できるようになったことを意味します。

アジアとヨーロッパに加え、Azure Migrate では米国と Azure Government の複数の地域でメタデータを格納できます。今後に向けて、他の Azure の地域でのサポートも計画されています。

移行先として計画できる場所は、プロジェクトの地域には依存しないことにご注意ください。 Azure Migrate では評価ターゲットの場所として 30 を超えるリージョンをサポートしています。プロジェクトの地域は、検出された VM メタデータを格納するためにのみ使用されます。

 

  • Azure Migrate
  • Services

関連製品