プレビュー

Azure Functions—Key Vault の統合

公開日: 11月 28, 2018

Azure Functions トリガーに Key Vault を使用できるようになったため、管理対象のシークレットをさらに追加できます。これまで、Function App のアプリ設定でキー、シークレット、パスワードを保管したり、コードから Key Vault のそれらの値をプログラムで取得したりすることが、一般的に行われていました。今後は、Functions App の設定から Key Vault の値への参照を使用してください。これは、その値の ID およびバージョンに基づいています。Key Vault が一元化されることによって、機微なデータの管理や、Functions を使ったより安全なアプリケーションの構築が簡単になります。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • Key Vault
  • Azure Functions
  • Services