プレビュー

自動補完スキーマ定義を使用した Azure Data Explorer の最大 10,000 BLOB のインジェスト

公開日: 5月 19, 2020

Azure Data Explorer の Web UI を使用して、ストレージ (BLOB ファイル)、ローカル ファイル、またはコンテナー (最大 10,000 BLOB) からデータを取り込み、コンテナーにイベント グリッドを定義して、継続的なインジェストを行うことができます。データは、JSON や CSV、その他の形式で、既存のテーブルまたは新しいテーブルに取り込むことができます。ワンクリックでのインジェストは、新しいテーブルとテーブル マッピングの構造を、そのデータ ソースに基づいて提示できるほか、既存のテーブルと新しいテーブルのテーブル マッピングおよびテーブル構造を調整できる直感的なプラットフォームとなっています。ワンクリック インジェストを使用すれば、ほんの数分でテーブルにデータを取り込むことができます。

詳細については、ワンクリック インジェストをご覧ください。

  • Azure Data Explorer
  • Features
  • Microsoft Build