提供中

Azure Data Box Disk が東南アジアと Azure Government で提供を開始

Updated: 6月 26, 2019

今年の初めに、米国、EU、カナダ、オーストラリア、日本、韓国での Azure Data Box Disk の一般提供について発表しました。このサービスは現在、東南アジア (シンガポール) と Azure Government (US Gov バージニア) のお客様がご利用いただけます。詳細については、「利用可能なリージョン」をご覧ください。

Data Box Disk は、Azure へのオフライン データ転送用の SSD ディスク ベースのオプションです。このオプションは、Azure への定期的なデータ移行にも 1 回限りのデータ移行にも最適であり、最大 40 TB に対応しています。特に複数のリモート オフィスまたはブランチ オフィスからのデータ移行に適しています。サービス提供の一環として、安全なデータ転送のために、USB 3.1/SATA II/III インターフェイスを備えている、暗号化された SSD ディスクを送付し、Microsoft のデータ センターへの転送/返送サービスを提供します。 

Data Box Disk では、GPv1、GPv2、BLOB ストレージなどのさまざまなストレージの種類と、ブロック BLOB、ページ BLOB、Azure Files、Azure Managed Disks などの宛先にわたる取り込みがサポートされています。

製品と使用方法に関する詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。 Azure にオンプレミスのデータを移行するには、Data Box Disk を注文します

  • Data Box Disk
  • Data Box
  • Data Box
  • Pricing & Offerings
  • Regions & Datacenters
  • Services

Related Products