ナビゲーションをスキップする
プレビュー

Azure Communication Services: SMS のショート コード機能がパブリック プレビューに

公開日: 12月 01, 2021

SMS はお客様とのコミュニケーションにおいて最も急速に成長している方法の 1 つであり、企業は重要な情報をほとんど場所を問わず配信することができます。Azure Communication Services の SMS を使用すれば、開発者は高速メッセージのサポート、バルク メッセージング、双方向通信、信頼性の高い配信などの特長を備えたテキスト メッセージング機能をアプリケーションに簡単に追加することができます。

パブリック プレビューが開始された SMS ショート コードは、通常 5 または 6 桁の短い数値で、テキスト メッセージの送信にのみ使用することができます。ショート コードは、Azure Communication Services でサポートされている既存の数値の種類に追加されるものです。これは、2 要素認証、販促キャンペーン、予約リマインダーなどのシナリオで重要です。この機能により、開発者は簡単な自動登録サービスを利用して新しいショート コードを登録することができ、大規模な顧客エンゲージメントの促進に多くのメリットがもたらされます。 

Azure Communication Services の SMS とショート コードの機能は、他の Azure サービスと連携するように作られています。たとえば、企業はメッセージを確実に送信し、Azure Monitor を通じて配信到達率や応答のメトリクスを公開することができます。SMS ベースのワークフローは、Logic Apps コネクタを使用してアプリケーションに追加したり、Azure Event Grid で SMS 通知を受信したりすることができます。

こちらのブログをご覧になり、これらのサービスがどのように連携するのかを詳しくご確認ください。Logic Apps を使用して SMS の感情分析のプロトタイプを作成する

SMS SDK の検索

ブログをお読みください

ドキュメントをご覧ください

  • Azure Communication Services
  • SDK and Tools
  • Services