ナビゲーションをスキップする

Azure Automation Service Management REST API を 2020 年 1 月 30 日に廃止

公開日: 8月 14, 2019

廃止を 2020 年 1 月 30 日に延長しました。

Azure Automation 用 Azure Service Management (ASM) REST API は、2020 年 1 月 30 日に廃止され、それ以降はサポートされなくなります。マイクロソフトの次世代クラウド インフラストラクチャ スタックである Azure Resource Manager では、これらの API が完全に置き換えられており、さらに次のような多くのメリットを得られます。

  • ロールベースのアクセス制御 (RBAC) でセキュリティを強化
  • リソース グループとタグをサポート
  • デプロイと管理のプロセスを合理化 

影響を受ける API:

これは、Azure Automation に関連する API にのみ影響します。たとえば、名前に "AzureAutomation" が含まれている PowerShell コマンドレットだけが影響を受けます。Get-AzureAutomationAccount コマンドレットについては、こちらをご確認ください。Automation での操作 (クラシック) に記載されている REST API のみが影響を受けます。Azure モジュールの他のコマンドレットは、この発表の影響を受けません。

影響について

Service Management REST API を使用しているかどうかが不明な場合は、コードやサービスで参照されている URI を確認します。URI が https://management.core.windows.net である場合は、Service Management REST API を使用しているため、Resource Manager REST API への移行が必要です。

Service Management PowerShell コマンドレットを使用しているかどうかが不明な場合は、コマンドレット名に AzureRM が含まれているか (例: Get-AzureRmAutomationAccount) または Az が含まれているか (例: Get-AzAutomationAccount) を確認します。AzureRM または Az が含まれていない場合は (例: Get-AzureAutomationAccount)、Resource Manager PowerShell コマンドレットへの移行が必要です。

必要なアクション

高度な機能を利用し、サービスの中断を防ぐためには、Azure Automation Service Management REST API と Azure Automation 用 PowerShell コマンドレットを、2020 年 1 月 30 日までに Resource Manager REST API または最新の PowerShell コマンドレットに移行してください。

  • Automation
  • Retirements

関連製品