提供中

Azure API Management の更新情報 - 2019 年 10 月

更新: 10月 08, 2019

Azure API Management の定期的なサービス更新プログラムの配信が 2019 年 10 月 3 日に開始されました。これには次のような新機能、バグ修正、変更、およびその他の改善事項も含まれています。更新プログラムは段階的にデプロイされ、すべてのアクティブな API Management サービス インスタンスに行きわたるまで、1 週間以上かかります。

新着

  1. 認証マネージド ID ポリシーで clientId フィールドがサポートされるようになりました。これは、認証対象の ID を選択するのに使用できます。マネージド ID を最初に API Management サービスに割り当てる必要があります。Azure Portal およびツールのドキュメントと変更内容については、まもなくご利用いただけます。

固定

  1. Context.LastError.Source が、retry ポリシー内で入れ子になっているポリシーでエラーが発生したときに、正しく設定されるようになりました。
  2. SDK クライアント (Java、Python) が、JSON ペイロードを正しく逆シリアル化できるようになりました。Byte-Order-Mark (BOM) 文字に関連するエラーは発生しません。問題に関する説明については、GitHub で詳細をご確認ください。
  3. forward-request ポリシー内の Buffer-request-body オプションが、バックエンドの接続がリクエスト ペイロードの転送中に失敗したときに想定どおりに動作するようになりました。

変更

  1. API Management サービス作成のメールが、新しい返信不可のメール アドレスから送信されるようになりました。

新しい開発者ポータル (プレビュー中) では、個別のリリース サイクルが追跡され、リリースごとの変更ログを GitHub で利用できます

 

 

  • API Management
  • Features

Related Products