Azure Analysis Services が米国中部で利用可能に

公開日: 2月 15, 2018

Azure Analysis Services が "米国中部" で利用可能になりました。 Analysis Services を利用できる全リージョンについては、「リージョン別の Azure 製品」ページをご覧ください。 

現代のデータ主導型の組織が成功を収めるうえで不可欠なものとは、情報が IT プロフェッショナルやデータ サイエンティストだけでなく、すべてのビジネス ユーザーの手元にあり、日々の意思決定に活かせる状態です。 セルフサービスの BI ツールは、ビジネス ユーザーがデータにアクセスできるようにするうえで、大きな前進を遂げています。とはいえ、ビジネス ユーザーは、インサイトを得るに至るまでに、適切なデータ ソースを特定する、生データをインポートする、そのデータを適切な形式に変換する、ビジネス ロジックとメトリックを追加するといった作業に割ける時間も、そのノウハウも持ち合わせていない可能性があります。

Azure Analysis Services は 2017 年 4 月に一般公開されました。BI プロフェッショナルは、Analysis Services を利用して、生データを基にセマンティック モデルを作成し、それをビジネス ユーザーと共有できます。 ビジネス ユーザーは任意の BI ツールからモデルに接続し、即座にデータを調べてインサイトを得ることができます。Analysis Services では、高度に最適化されたメモリ内エンジンを使用して、ユーザーのクエリに対して迅速に結果を返します。

Azure Analysis Services のご利用が初めてであれば、Analysis Services の試用方法をご確認いただくか、初めてのデータ モデルの作成方法をご覧ください。

 

  • Regions & Datacenters