提供中

Azure API Management の従量課金レベルの提供を 13 の新しいリージョンで開始

公開日: 12月 05, 2019

2019 年 5 月に、Azure API Management の従量課金レベルの一般提供を開始しました。Azure API Management の他のレベルとは異なり、従量課金レベルはサーバーレス機能をサポートします。共有インフラストラクチャ上で実行され、トラフィックがない場合は 0 にスケールダウンすることができ、実行ごとに課金されます。

 

従量課金レベルの提供を 13 の新しいリージョンで開始しました (合計 19 リージョン)。サポートされているリージョンの完全な一覧は次のとおりです。

  • オーストラリア中部 (新規)
  • オーストラリア中部 2 (新規)
  • オーストラリア東部
  • オーストラリア南東部 (新規)
  • ブラジル南部 (新規)
  • カナダ中部 (新規)
  • 米国中部 (新規)
  • 東アジア (新規)
  • 米国東部 (新規)
  • 韓国中部 (新規)
  • 米国中北部
  • 北ヨーロッパ
  • 東南アジア
  • インド南部 (新規)
  • 英国西部 (新規)
  • 西ヨーロッパ
  • インド西部 (新規)
  • 米国西部
  • 米国西部 2 (新規)

役に立つ API Management リソースを詳しくご確認ください。これには、従量課金レベルが特に適している、サーバーレスおよびマイクロサービスベースのアーキテクチャで使用するときの記事が含まれています。

  • API Management
  • Features
  • Regions & Datacenters