ナビゲーションをスキップする
提供中

メモリ最適化ワークロード用の新しい M シリーズ Msv2/Mdsv2 ミディアム メモリ VM の一般提供開始を発表

公開日: 4月 19, 2021

本日、Msv2/Mdsv2 ミディアム メモリ VM サイズの一般提供開始が発表されました。これにより、CPU パフォーマンスが 20% 上がり、ローカル ディスクの柔軟性が向上し、新しい中位のスケールアップ オプションが実現します。

これらの仮想マシンは、非常に優れたコンピューティング性能によって大規模なメモリ内データベースとワークロード (SAP HANA や SQL Hekaton など) をサポートします。 

メモリ最適化ワークロード用の新しい M シリーズ VM の主な機能は次のとおりです。

  • 以前のバージョンと比較して、パフォーマンスが 20% 向上した Intel® Xeon® Platinum 8280 (Cascade Lake) プロセッサ上で実行されます
  • ディスクおよびディスクレスのオファリングの両方が提供され、お客様のワークロードのニーズに最適なオプションを柔軟に選択できます
  • CPU とメモリが増量された新しい分離型 VM サイズは、最大 192 vCPU、4 TiB のメモリを搭載しており、416 vCPU の VM サイズに移行する前のスケールアップのための中間的なオプションです。

Msv2/Mdsv2 シリーズの価格と利用可能なリージョンの詳細については、Azure Virtual Machines の料金ページをご覧ください。

価格に関するページをご覧ください

詳細についてはこちらを参照してください

  • 仮想マシン
  • Pricing & Offerings
  • Regions & Datacenters

関連製品