メイン コンテンツにスキップ

Azure Media Services

ビデオとオーディオのエンコード、保存、ストリーミングを大規模に行う

クラウドベースのワークフローでのメディア コンテンツの管理、変換、配信

高解像度のビデオ エンコードとストリーミングのサービスを使用して、さまざまなデバイスを使っているユーザーにリーチできます。また、AI を利用してコンテンツの見つけやすさとパフォーマンスを向上させます。そのすべてを実現すると同時に、デジタル著作権管理 (DRM) でのコンテンツの保護を支援します。

マルチチャネル パイプラインでは、ビデオとオーディオの分析を調整し、キューを単一のタイムラインに組み込みます

Web インターフェイスでは評価と統合が容易になっただけでなく、Web ウィジェットと REST API が使いやすくなりました

直感的なカスタマイズと管理の機能を使用すると、選択したモデルのトレーニングと微調整を行って、インデックス作成の精度を向上させることができます

HIPAA、ISO 27001-27018、FedRAMP、HITRUST、PCI などの規制に準拠しています

メディアの見つけやすさとパフォーマンスの向上

高度なメタデータを自動的に抽出することにより、オーディオとビデオのコンテンツが見つけやすくなります。話し言葉、文字テキスト、顔に加え、話し手、有名人、感情などの新しい形式の検出可能なコンテンツを使用してアプリを強化します。
Video Indexer で視聴されている、Satya Nadella を搭載した Ignite Highlights ビデオ。

最新のコンテンツ配信をサポートする

さまざまなメディア ソース ファイルの形式、コンテンツ ストリーミング形式、保護形式を HTTP ライブ ストリーミング (HLS)、MPEG-DASH、Smooth Streaming などのクライアント テクノロジに配信します。Azure Media Player を使用してコンテンツを配信する際、HTML5、Media Source Extensions、Encrypted Media Extensions のような業界標準を適用して、豊かなアダプティブ クラウド ストリーミング エクスペリエンスを提供します。

ニーズに応じたスケーラブルな配信

タウンホール ミーティングや社内会議、ウェビナー、大規模なスポーツ イベントをオンラインのユーザーにライブ ブロードキャストします。Azure Media Services はあらゆる規模のユーザーを処理します。その間、お客様は、どのくらい記録するかや視聴者が視聴を開始できるかどうかなど、配信するビデオ ライブストリームのプロパティを制御できます。

コンテンツを保護する

Advanced Encryption Standard (AES-128) または Microsoft PlayReady、Google Widevine、Apple FairPlay などの人気のあるシステムを使用して動的に暗号化されたコンテンツを配信します。また、Azure Media Services は、承認されたクライアントに AES キーと DRM ライセンスを配信します。

プロフェッショナル標準を推進する

Microsoft Azure は、正式にアメリカ映画協会から評価され、Content Delivery and Security Association から認定され、Federation Against Copyright Theft から監査された、最初のハイパースケール クラウドです。

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD10 億を超える投資を行っています。

ポリシーおよびコンプライアンスのデータとリソース セキュリティ ウイルス予防策を示す Azure Security Center の概要
  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

推奨事項の一覧を示す Azure Security Center の [コンピューティングとアプリ] タブ
  • Azure は、他のあらゆるクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

  • クラウドベースのメディア ワークフローの有利な価格設定

    • 初期費用は不要で、必要な分だけお支払い
    • 請求はサービスを実際に使用した時間 (分) のみ

Azure 無料アカウントで作業を開始する

1

無料で始めましょうUSD200 相当のクレジットを取得して 30 日間使用できます。クレジットを保持している間は、最も人気のあるサービスの多くを無料で利用できるほか、55 以上のその他のサービスが常に無料です。

2

クレジットがなくなった後に、同じ無料サービスでビルドを続けるには、従量課金制に移行してください。月々の無料使用分を超えた場合にのみ、お支払いいただきます。

3

12 か月が経過した後も、55 以上の常時無料サービスを引き続き利用できます。料金は、月々の無料利用分を超えて使用した分だけをお支払いいただきます。

開発者向けリソース

チュートリアル

ステップバイステップのチュートリアルで Azure Media Services の使用方法をご確認ください。

ライブ ストリーム配信

Video Indexer API を使い始める

ドキュメント

Azure Media Services v3 を使用して、コンテンツのエンコードとパッケージ化、オンデマンドでのビデオのストリーミング、ライブ ブロードキャスト、ビデオの分析を行うためのクイックスタートやサンプルなどをご確認ください。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

Endemol Shine Group

Endemol Shine Group 社は、Azure Media Services 上に構築したクラウドベースのサーバーレス ワークフロー ソリューションを使用してテレビ番組「Big Brother」の製作を自動化することにより、映画の魔法がもっと手軽になりました。

Endemol Shine Group

Zone·tv

Zone·tv 社は、AI と Azure を活用することで、よりパーソナライズされたテレビ番組の視聴エクスペリエンスを提供しています。

Zone·tv

Haivision

Haivision 社は、何千時間ものハイステイクス ビデオ コンテンツを、Azure を利用して常に高品質でストリーム配信しています。

 

Haivision

Avid

"MediaCentral Newsroom Management により、Avid は、クラウドが可能にする経済性を活用して、アクセシビリティ、コラボレーション、スケーラビリティを実現しています。"

Avid 社、戦略ソリューション担当ディレクター、Paul Thompson 氏

Avid
タブに戻る

Azure Media Services に関してよく寄せられる質問

  • Azure Media Services v3  FAQ お読みください。

  • Media Services は 99.9% の可用性が保証されています。 詳細をご確認ください

  • リージョンごとの 利用可能性 をご確認ください。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう

Azure を無料で試す

セールス担当者とチャット