ナビゲーションをスキップする

Azure Database for PostgreSQL の価格

フルマネージド、インテリジェント、およびスケーラブルな PostgreSQL

Azure Database for PostgreSQL は、高可用性、インテリジェンスなどの機能が組み込まれたフルマネージドのサービスとしてのデータベースです。お好きな言語とフレームワークを初期費用なしで引き続きご利用いただけます。予約容量の価格で使用した分だけお支払いいただけるようになりました。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

Single Server は事前構成済みのデータベース サーバーであり、データベースに最小限のカスタマイズ要件のある次のようなワークロードに最適です。

  • データベースの自動パッチ適用とメンテナンス
  • 99.99% の SLA による組み込みの高可用性

Azure Database for PostgreSQL Single Server についての詳細情報

Basic

必要となるコンピューティングと I/O パフォーマンスが高くないワークロード

コンピューティング

コンピューティングは仮想コアにプロビジョニングされます。仮想コアは論理 CPU を表します。

コンピューティング世代 Gen 5

Gen 5 論理 CPU は 2.3 GHz Intel E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサをベースとしています。

vCore メモリ 従量課金制
1 2 GiB $-
2 4 GiB $-

ストレージ

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは最大 1 TB までプロビジョニングできます。

料金
GB/月 $-

Backup

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (GB/月) $-

読み取りレプリカ

読み取りレプリカを利用すると、読み取り負荷の高いワークロードにおいて、単一の Azure Database for PostgreSQL サーバーの容量を超えてスケールアウトすることができます。作成した読み取りレプリカごとに、仮想コアにプロビジョニングされたコンピューティングと、プロビジョニングされたストレージ (GB/月) に対して課金されます。

汎用

バランスのとれたコンピューティングおよびメモリとスケーラブルな I/O スループットが必要なほとんどのビジネス ワークロード

コンピューティング

コンピューティングは仮想コアにプロビジョニングされます。仮想コアは論理 CPU を表します。

コンピューティング世代 Gen 5

Gen 5 論理 CPU は 2.3 GHz Intel E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサをベースとしています。

vCore メモリ 従量課金制 1 年予約 3 年予約
2 10 GiB $- $-
$-
4 20 GiB $- $-
$-
8 40 GiB $- $-
$-
16 80 GiB $- $-
$-
32 160 GiB $- $-
$-
64 320 GiB $- $-
$-

ストレージ

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは最大 16 TB *までプロビジョニングできます。

料金
GB/月 $-

*ストレージは、インド中部、インド西部、インド南部では 4 TB に制限されています。

Backup

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (GB/月) $-
地理冗長 (GB/月) $-

読み取りレプリカ

読み取りレプリカを利用すると、読み取り負荷の高いワークロードにおいて、単一の Azure Database for PostgreSQL サーバーの容量を超えてスケールアウトすることができます。作成した読み取りレプリカごとに、仮想コアにプロビジョニングされたコンピューティングと、プロビジョニングされたストレージ (GB/月) に対して課金されます。

メモリの最適化

トランザクション処理時間の短縮とコンカレンシーの向上のためにインメモリ パフォーマンスが必要な高パフォーマンス データベース ワークロード

コンピューティング

コンピューティングは仮想コアにプロビジョニングされます。仮想コアは論理 CPU を表します。

コンピューティング世代 Gen 5

Gen 5 論理 CPU は 2.3 GHz Intel E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサをベースとしています。

vCore メモリ 従量課金制 1 年予約 3 年予約
2 20 GiB $- $-
$-
4 40 GiB $- $-
$-
8 80 GiB $- $-
$-
16 160 GiB $- $-
$-
32 320 GiB $- $-
$-

ストレージ

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは最大 16 TB *までプロビジョニングできます。

料金
GB/月 $-

*ストレージは、インド中部、インド西部、インド南部では 4 TB に制限されています。

Backup

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

料金
ローカル冗長 (GB/月) $-
地理冗長 (GB/月) $-

読み取りレプリカ

読み取りレプリカを利用すると、読み取り負荷の高いワークロードにおいて、単一の Azure Database for PostgreSQL サーバーの容量を超えてスケールアウトすることができます。作成した読み取りレプリカごとに、仮想コアにプロビジョニングされたコンピューティングと、プロビジョニングされたストレージ (GB/月) に対して課金されます。

Advanced Threat Protection (プレビュー)

Advanced Threat Protection の詳細については、Azure Security Center の価格ページを参照してください。

総保有コストを削減するためのユニークな機能

柔軟で明瞭な価格設定

コンピューティングとストレージを、ワークロードに基づいて独立してスケーリングできます。使用した分だけお支払い。

コストの最適化

従量課金制オプションと比較して、予約容量では最大 60% を節約できます。

バースト可能インスタンスと停止/開始機能で総保有コストを削減することができます。データベースが停止しているときには、ストレージへの支払いのみが発生します。

デプロイ オプションの選択

単一サーバー、フレキシブル サーバー (プレビュー)、ハイパースケールなどのデプロイ オプションを使用して、データベース管理とカスタマイズのニーズを満たすことができます。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Database for PostgreSQL の詳細

Azure Database for PostgreSQL の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Database for PostgreSQL のリソースをご確認ください。

よく寄せられる質問

  • Basic レベルは、必要となるコンピューティングと I/O パフォーマンスが高くないワークロード向けに設計されています。たとえば、開発やテストに使用されるサーバー、使用頻度の低い小規模なアプリケーションなどが挙げられます。汎用レベルは、バランスのとれたコンピューティングおよびメモリとスケーラブルな I/O スループットが必要なほとんどのビジネス ワークロードに適しています。たとえば、Web アプリやモバイル アプリ、その他のエンタープライズ アプリケーションをホストするためのサーバーが挙げられます。メモリ最適化レベルは、トランザクション処理時間の短縮とコンカレンシーの向上のためにインメモリ パフォーマンスが必要な高パフォーマンス データベース ワークロードに適しています。たとえば、リアルタイム データと高パフォーマンスなトランザクション アプリや分析アプリを処理するためのサーバーが挙げられます。詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。

  • どの価格レベルにおいても、サービスは、価格レベル、仮想コアでプロビジョニングされたコンピューティング、サーバーとバックアップ用にプロビジョニングされたストレージ (GB/月) に基づいて、予測可能な時間単価で課金されます。請求金額では、仮想コアの時間数、サーバー用のストレージ (GB/月)、およびバックアップ用のストレージ (GB/月) が個別の品目として記載されます。

  • その 1 時間にずっとサーバーがアクティブであったかどうかにかかわらず、1 時間未満は 1 時間として切り上げて、PostgreSQL サーバーが存在した 1 時間単位で課金されます。データベースを拡大縮小した場合は、対象の時間に使用された最も高い価格レベル、プロビジョニングされた仮想コア数、およびプロビジョニングされたストレージに基づいて課金されます。

    例えば次が挙げられます。

    • PostgreSQL サーバーを作成し、それを 5 分後に削除した場合、コンピューティングとストレージがプロビジョニングされた時間が 1 時間として課金されます。
    • 8 個の仮想コアを使用する汎用レベルに PostgreSQL サーバーを作成し、それをすぐに汎用レベルの 16 個の仮想コアにアップグレードした場合、最初の 1 時間も 16 個の仮想コアのレートで課金されます。
  • はい。2018 年 7 月 1 日より、ネットワークのエグレスに標準の料金が適用されています。詳細については、こちらをご覧ください。

  • バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、PostgreSQL サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。たとえば、データベースのストレージ サイズが 100 GB の場合、追加費用なしで 100 GB のバックアップを使用できます。しかし、バックアップが 110 GB の場合は、10 GB に対してお支払いいただきます。

  • 予約容量を使用すると、ハイパースケール (Citus) サーバー グループのコンピューティング能力を予約できます。この価格オプションを使用すると、従量課金制の料金と比較して、1 年間で最大 45%、3 年間で最大 65% の節約が可能です。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください