ナビゲーションをスキップする

Microsoft が Gartner® による 2022 年のクラウド インフラストラクチャ/プラットフォーム サービスの Magic Quadrant™ においてリーダーに選出

2022年10月31日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Marketing

Gartner® は先頃、2022 年のクラウド インフラストラクチャ/プラットフォーム サービス (CIPS) の Magic Quadrant™ レポートを発表しました。Microsoft は、9 年連続でリーダーに選ばれていて、"ビジョンの完全性" 軸において初めて最高位を獲得しました。

クラウド インフラストラクチャ/プラットフォーム サービスの Magic Quadrant

長年にわたり、クラウド プロバイダーの能力の総合的な評価を提供することに関して Gartner の Magic Quadrant レポートが業界で信頼されていることを Microsoft は認識しています。

現在、不安定な世界経済に直面していますが、IT 環境の移行とモダン化を検討する中で、お客様は信頼できるクラウドのエキスパートに目を向けています。 Microsoft の目標は、そのような信頼できるエキスパートになり、お客様がインフラストラクチャの管理とデジタル資産のモダン化において頼ることができる最も包括的なクラウド プラットフォームによって、お客様が制限を解除されて最も得意とする作成、イノベーション、差別化に集中できるようにすることです。

Gartner のレポートにおけるこの位置付けは光栄なことですが、特にお客様が継続的な不透明感の中を進むうえで、さらに多くのことを行う必要があることを Microsoft は認識しています。お客様が回復性を構築するためにクラウドへの投資を優先し続ける中で、Microsoft はニーズに対応するために継続的な改善と投資を行うことに尽力しています。

クラウドからエッジへ: お客様がどこでもイノベーションを起こすことができるよう支援する

Microsoft の長年にわたるハイブリッドおよびマルチクラウドのアプローチは、あらゆる業界の組織が、クラウドに向けた取り組みのどの段階で、想起したユース ケースがどのようなものであっても、Microsoft Azure でより多くのことを実現できるようにするという点で際立っています。

このアプローチにより、お客様は長い間、膨大な IT 資産を制御および管理し、一貫性を確保し、規制と主権の要件に対応することができています。お客様がクラウドを活用して、アジリティと競争力を維持するのに役立つ新しい製品やオファリングを作成している現在では、Azure や Azure Arc などのソリューションが、組織があらゆる場所でイノベーションを起こすのに役立ちます。

Azure Arc は、Azure プラットフォームへと延びる架け橋として動作し、アプリケーションとサービスをデータセンター、エッジ、マルチクラウド環境にわたって柔軟に実行できるようになります。金融サービス小売消費財製造などの業界に広がるお客様は、独自のビジネス ニーズに対応するうえで Azure Arc の恩恵を受けています。

Microsoft による Azure Arc への投資は続きます。今年の Microsoft Build では、Azure Arc を介して接続されている Cloud Native Computing Foundation (CNCF) に適合した Kubernetes クラスターが、Azure アプリケーション サービスのサポート対象デプロイ ターゲットになったことを発表しました

8 月には、Microsoft Dev Box のパブリック プレビューについて発表しました。このマネージド サービスを利用すると、開発者はオンデマンドで、ハイパフォーマンスかつ安全で、すぐにコーディングを開始できる、プロジェクト専用のワークステーションをクラウドで作成できるので、どこでも作業を行ってイノベーションを起こすことができます。さらに最近の Microsoft Ignite では、Arc 対応 SQL Server の可用性と、Arc 対応 Azure Kubernetes Services の新しいデプロイ オプションが発表されたので、お客様は場所に関係なくコンテナー化されたアプリを実行できます。

お客様がクラウドへの投資を最適化できるように、追加コストなしで既存のオンプレミスの Windows Server および SQL Server のライセンスをクラウドで使用する方法が提供される Azure ハイブリッド特典など、価格上のメリットとプランが用意されています。また、移行時にハイブリッドの柔軟性によってワークロードのセキュリティと保護を確実に維持するために、お客様が追加の支援を必要とする可能性があることも Microsoft は理解しています。

今月初め、AKS を含むよう Azure ハイブリッド特典が拡大されたことを発表しました。これで、お客様は Azure Kubernetes Service を独自のデータセンターまたはエッジ環境の Azure Stack HCI または Windows Server に追加コストなしでデプロイできるようになりました。これにより、Windows と Linux の両コンテナーに対して、クラウドからエッジまでで、一貫性のあるマネージド Kubernetes エクスペリエンスが保証されます。

私は、お客様が Microsoft のソリューションを利用して、より少ない労力でより多くのことを行うと同時、長期的なセキュリティとガバナンスの課題を克服している方法に常に刺激を受けています。

すべてのアプリケーションとワークロードのパフォーマンス、スケーリング、ミッション クリティカルな機能

Microsoft は、お客様が SAP などのミッション クリティカルなワークロードを実行するための最適な場所に Azure をできるように継続的に投資しています。Azure で SAP ワークロードをデプロイして管理するためのエンドツーエンドのソリューションである Azure Center for SAP Solutions などのオファリングにより、Microsoft はクラウドにおける SAP アプリに最適なプラットフォームになりました。

また、Microsoft ではお客様による最大の Windows Server および SQL Server の移行およびモダン化プロジェクトをサポートするために多大な投資を行っていて、それは以前の投資の最大 2.5 倍になります1。これにより、ワークロードの計画と移行に関するパートナーからの支援と、Azure Virtual Machines、Azure SQL Managed Instance、Azure SQL Database への移行時に移行コストを相殺する Azure クレジットという 2 つの方法で、移行のサポートがさらに提供されます。

デジタル主権のニーズに対応するためのグローバルな展開と拡大

最も多くのデータセンター リージョン (全世界で 60 以上) を提供するクラウド プロバイダーとして、Microsoft は世界中のお客様のためにインフラストラクチャの拡大にも全力で取り組んでいます。今年は、スウェーデンとカタールにデータセンターを立ち上げ、今後 1 年間でさらに 10 のリージョンを立ち上げる予定です。

また、クラウドおよびハイブリッド環境でのデータ所在地、プライバシー、アクセスの制御、運用のコンプライアンスに関する要件の増大に対応するよう設計された、政府および公共機関のお客様向けの Microsoft Cloud for Sovereignty も最近立ち上げました。

お客様がビジネスの可能性を引き出すのに役立つ Microsoft Cloud と Azure

Microsoft では、自社のデジタル変革を経験してきました。Microsoft Office などの製品をクラウドに導入した経験を利用して、お客様がクラウドを通じてより多くのことを達成できるように支援しています。Microsoft は、従業員、顧客、業界、さらにはより広く社会に対する組織の可能性を引き出すのに役立つテクノロジの力と将来性を理解しています。

Microsoft Azure のお客様は現在、スタートアップ企業から宇宙ステーションまでや、ハイブリッドからクラウド ネイティブまでの、あらゆる形と規模であり、統合ソリューションによる継続的なイノベーションを実現するために、完全な Microsoft Cloud の価値をますます活用しています。

National Basketball Association (NBA) は、運用を改善し、ファン エンゲージメントを促進するために、SAP ソリューションやその他のリソースを Microsoft Azure に移行することを選択した組織の良い例です。Azure によって、テクノロジの管理に費やす時間を減らし、ファン中心のエクスペリエンスを生み出すことにより重点を置いて、ビジネス、試合、ファンのデータを集約して人々が NBA との交流を楽しむ方法を強化できるようになりました。

Azure DevOps と Azure Kubernetes Service を利用して、Ernst and Young Global Limited (EY) はよりアジャイルな慣行を構築し、ソフトウェアとサービスのローリング製品提供アプローチに移行しました。現在では、より迅速に、より自信を持って、さまざまな環境でソリューションを開発およびデプロイしています。

また、世界的な製薬会社である Sanofi は、ハイブリッド クラウド戦略を採用することで、オンプレミスのインフラストラクチャの制限を克服しました。クラウド プラットフォームとして Azure を選択し、イノベーションに必要なスピード、アジリティ、信頼性を獲得しました。

移行、モダン化、または顧客向けにクラウドで新しいアプリケーションを作成するなど、お客様の取り組みがどの段階であっても、お客様が現在の目標を達成し、すべての組織が将来に備えて構築できるように Microsoft は支援します。

さらに学ぶ

 


 

Gartner、クラウド インフラストラクチャ/プラットフォーム サービスの Magic Quadrant、2022 年 10 月 19 日、Raj Bala、Dennis Smith、Kevin Ji、David Wright、Miguel Angel Borrega
 
これらのマジック クアドラントのグラフは、大規模な調査ドキュメントの一部としてガートナーから発表されたものであり、そのドキュメント全体の文脈において解釈されるべきものです。ガートナーの発行物は、リクエストによりマイクロソフトからご提供することが可能です。GARTNER および Magic Quadrant は米国および世界各国における Gartner, Inc. および関連会社の登録商標およびサービス マークであり、ここでは同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.ガートナーは、リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartner 社は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

1 Azure 移行およびモダン化プログラムを通じたプロジェクトの適格性に基づきます。