ナビゲーションをスキップする

当社が Azure サポートの提供のために使用するデータ

本書の目的は、マイクロソフト サポートのエンジニアがサポート ケースを解決するために収集および使用できる情報の種類について Azure のお客様に知らせることです。情報と例は随時更新されます。

基本診断情報: すべてのサポート ケースに使用される

診断およびサービスによって生成されたデータを含む

基本診断情報の例:

  • 問題の説明、質問、および添付ファイル
  • リソースの正常性と動作停止イベント
  • リソースの名前と構成
  • リソースに関連するサービス アドバイザリ
  • リソース変更履歴
  • ネットワーク トポロジ

詳細診断情報: 同意によってのみ許可される

顧客データが含まれる

詳細診断情報の例:

  • 仮想マシンからのログ
  • Azure Active Directory ログからのサインイン情報
  • ポータルベースのトラブルシューティングのためのリーダー アクセス
  • 仮想マシンのコンソールのスクリーンショット
  • Azure ポリシー設定
  • アクセス制御情報 (秘密情報を除く)

収集されるログをご確認いただけます

詳細診断情報の収集への同意

サポート要求を作成する際に、[Allow collection of advanced diagnostic information (詳細診断情報の収集を許可)] オプションを選択すると、マイクロソフト サポートのエンジニアが、要求に関連付けられた Azure サブスクリプションからデータをリモートで収集できることに同意したことになります。この読み取り専用のアクセス権により、詳細診断情報の収集が許可され、問題を速やかに解決するのに役立てられます。アクセス権の付与とその取り消しは、随時行うことができます。ケースが終了したら、そのアクセス権は自動的に削除されます。

データの処理方法

オンライン サービスの技術サポートの際にマイクロソフトに提供されるデータは、プロフェッショナル サービス データです。プロフェッショナル サービスのデータ プライバシーとセキュリティの確約事項の詳細については、マイクロソフト プロフェッショナル サービスのホームページを参照してください。