DevOps とアジャイルの比較

DevOps とアジャイルはどちらも、製品、立ち上げ、またはリリースの一部を生成するためのフレームワークの提供を目的とした最新のソフトウェア開発手法です。

相違点の概要

DevOps とアジャイルのどちらでもソフトウェア開発は行えますが、両者は異なるアプローチを持ち、異なるグループと部門を関与させ、異なる方法で運用環境を構成します。

DevOps とアジャイルの比較において知っておくべき最も重要なことは、それらが相互に排他的ではないことです。DevOps は、ソフトウェアの開発と保守に関与するすべての参加者間のコラボレーションを促進する文化です。アジャイルは、生産性を維持し、変化するニーズという日常的な現実においてリリースを加速するために設計された開発手法であると言えます。DevOps とアジャイルは異なりますが、この 2 つの方法を併用すると、効率性が向上し、信頼性の高い成果を得ることができます。

一目で分かる比較

DevOps とアジャイルを比較して評価する場合、それぞれの全体的な哲学、類似点と相違点、およびチーム内でそれぞれを統合する方法を理解することが重要です。DevOps とアジャイルは相互に排他的ではありません。それぞれの側面をビジネスに組み込むことができます。以下の情報は、DevOps とアジャイルの主な類似点と相違点を幅広く理解するのに役立ちます。

DevOps の定義

DevOps は、継続的な価値を提供するために、人、プロセス、およびテクノロジを結び付けるソフトウェア開発手法です。このアプローチは、計画と追跡、開発、ビルドとテスト、配信、監視と運用に分かれます。DevOps は、開発、IT 運用、品質エンジニアリング、セキュリティの各チームが協力して、新製品、リリース、または更新の立ち上げに関連するすべてのタスクにわたって効率性を高めるという点に特徴があります。

DevOps の哲学と焦点

安定性、整合性、および計画に根ざした DevOps の文化では、プロセスを改善および合理化する新しい方法を見極めようとします。そのため、DevOps は、効率の最大化、プログラミング可能なプロセスの特定、および自動化の拡大に重点を置いています。

DevOps のスコープ

DevOps は、開発、運用、品質保証の集合を表します。領域を超えたチームが団結し、連携してソフトウェアの開発と配信を行います。

DevOps の例

  • 継続的インテグレーション
  • 継続的デリバリー
  • 継続的なデプロイ

アジャイルの定義

アジャイル開発は、無駄のない製造に関連するデリバリー アプローチです。アジャイルの基本は、変化するニーズおよび要件の現実の中で、実用的なプロトタイプやビルドを作成することにあります。開発チームとエンド ユーザーのギャップを埋める適応性は、アジャイルの中核となる属性であり、厳格な計画よりもユーザーおよび利害関係者のニーズを優先します。

アジャイルの哲学と焦点

アジャイルのフェイルファストの考え方は、顧客のニーズや期待に迅速に対応することと適応性が中心にあります。機能は、ユーザー ストーリーとして記述され、個々のユーザー、ユーザーのニーズ、およびその理由に焦点を当てます。

アジャイルのスコープ

アジャイル開発は、開発チーム、その生産性、および目下のプロジェクトの完成に向けたチームの進捗状況に固有のものです。開発は増分スプリントで完了し、各リリースのソフトウェア配信、デプロイ、または継続的な保守は異なるチームによって管理されます。

アジャイルの例

  • スクラム
  • かんばん
  • リーン開発
  • DSDM
  • エクストリーム プログラミング
  • クリスタル
  • 機能駆動型開発

DevOps とアジャイルの連携方法

DevOps とアジャイルはどちらも、ソフトウェア配信を高速化できる構造とフレームワークを提供します。DevOps とアジャイルのいずれかを選択する必要はありません。代わりに、両方の方法を使用できます。アジャイルは、スクラムやかんばんなどを使用して作業を整理する手段に優れ、DevOps は、ソフトウェアの迅速かつ確実な配信という幅広い文化を推進します。

DevOps かアジャイルかの決断ではなく、実際の問題は両方を実践する方法です。DevOps とアジャイルを最大限に活用して開発手法を構築する方法を検討する際に、高度に最適化された開発環境の作成に役立つ主な利点と機能の例を以下に示します。

DevOps の主要な機能

より広範なスコープ、幅広いリーチ

DevOps は、ソフトウェアの開発と配信のすべての段階に対応し、より迅速で信頼性の高いリリースを目指しています。

部門間のコラボレーション

摩擦を軽減して部門を超えたチームワークを育成する文化により、職場環境を向上させて、より効果的なチームを作り上げることができます。

自動化による効率性

DevOps の手法では、プログラミング可能なプロセスの作成やワークフローの自動化を行う機会を可能な限り見つけて、効率性を高めます。

アジャイルの主要な機能

ワークフロー生産性向上ツール

かんばん、スクラム、およびアジャイルのその他の使い慣れた計画ツールによって作業を追跡し、要件、タスク、進捗を整理できます。

増分の進捗

スプリントまたはその他のタイム ボックス化された運用アプローチを使用すると、一貫した開発周期を作り出せます。

顧客のニーズ

アジャイルのフェイルファスト、フェイルアーリーの考え方により、一貫したフィードバック ループを提供でき、顧客の期待が中心に据えられるようになります。

DevOps とアジャイル用のツール

使用するアプローチとソフトウェア配信手法の構築時には、ワークフローに最適な一連のツールを見つけることが必要になります。Azure DevOps では、最新の開発サービスのセットにより、スマートな計画、緊密なコラボレーション、迅速な出荷を実現するために必要なすべてのものを提供します。

Azure DevOps には、チームの垣根を超えて作業の計画、追跡、話し合いを行うために役立つ一連のツールである Azure Boards が含まれています。スクラムとかんばんに対応した Azure Boards を使用すると、アジャイル ソフトウェア開発を DevOps アプローチに簡単に取り入れることができます。

Azure DevOps では、お客様のワークフローに合わせてエクスペリエンスをカスタマイズできます。継続的インテグレーションと継続的デリバリーによるビルド、テスト、デプロイ、実績のあるアジャイル ツールによる作業の計画と追跡、信頼性の高いテストと出荷が可能になります。モジュール式の組み合わせツールを備えたこの包括的なスイートは、あらゆるプラットフォームでの開発に柔軟に対応できます。