Azure Cache for Redis の強力な新機能によって開発者のニーズに対応

2020年11月9日 に投稿済み

Corporate Vice President, Developer Division

Redis Enterprise ソフトウェアを Azure Cache for Redis の一部として Azure に組み込むために、Redis Labs との革新的なパートナーシップが 5 月に発表されました。Microsoft に寄せられた興奮と関心の度合いは、非常に喜ばしいものでした。今回、Redis を使用して新しい課題に取り組みながら、これまでよりもキャッシュのサイズを大きくして回復性を向上させることができるようになったことを発表いたします。

Redis のようなテクノロジにとって今ほど重要な時期はありませんでした。世界中で数十億の人々が自宅から仕事をしているため、Web ベースのアプリケーションにこれまで以上の応答性が求められていて、大規模および小規模な企業の両方が予期しない需要に対応するために迅速にスケーリングできる必要があります。Redis のようなソリューションによって、開発者はデータ アーキテクチャを最適化し、これらの問題を解決できるようになります。Azure のお客様が分散キャッシュ、セッション ストア、メッセージ ブローカーとして Redis を使用しているため、オープンソースの Redis をベースにした Microsoft のマネージド ソリューションである Azure Cache for Redis の導入が非常に多くなっています。Redis Enterprise テクノロジを組み込んで、このソリューションをさらにいっそう強力で利用しやすくする一方で、検索、重複除去、時系列分析といった開発者にとって重要な新しいユース ケースに対応できるようになったのは喜ばしいことです。

Redis Enterprise on Azure とは

Microsoft と Redis Labs は、Redis Labs のテクノロジと主要クラウド プラットフォーム間で初めてのネイティブ統合を作り上げるために緊密に提携しました。その結果として、Microsoft と Redis Labs によってソリューションが共同で設計され、運用は Microsoft が担当することになりました。サポートは合理化されていて、Microsoft が初回のお問い合わせを処理し、必要に応じて専任の Redis Labs の専門家が対応します。ソリューションは、Enterprise と Enterprise Flash という 2 つの新しいサービス レベルで構成されていて、企業のお客様にとって有用な現在プレビュー中の以下のような多数の機能が追加されます。

  • ゾーン冗長レプリケーション。可用性が 99.99% に向上。
  • Redis on Flash。NVMe フラッシュ ストレージで 10 倍大きいサイズのキャッシュが可能に。
  • 以下を含む Redis Enterprise モジュール。
  • オープンソースの Redis 6.0 の最新バージョン。
  • プライベート リンクによるネットワークの分離とトランスポート層セキュリティ (TLS) で暗号化された接続。

ネイティブ オファリングであるこのソリューションによって、Redis Enterprise をマーケットプレース オファリングとして実行できる以外にも、次のような独自のメリットが提供されます。

  • Azure portal を通じたセットアップと構成へのアクセス。
  • お気に入りの Azure のセキュリティおよび監視ツールへのシームレスな統合。
  • 請求の統合と Azure の支出コミットメントの利用。

さらに、製品は Microsoft のサポート チームによって毎日 24 時間サポートされていて、Enterprise の機能に関する追加サポートについては Redis Labs のエキスパートが直接対応します。

Redis Enterprise on Azure を使用するケース

現在ある Azure Cache for Redis の 3 つのサービス レベルによって、あらゆる種類のお客様に高度かつ非常にスケーラブルな機能が提供されますが、新しいオファリングによってさらに多くの機能が企業のお客様に提供されます。検討すべき主なシナリオは次の 3 つです。

1.新しいユース ケース

以前から、分散キャッシュ、セッション ストア、またはメッセージ ブローカーの簡易実装を求めている開発者にとって、Azure Cache for Redis は優れたオプションでした。Redis モジュールの追加によって、いくつかの新しい便利な方法で Redis を使用できます。以下の新しいモジュールがサポートされています。

  • RediSearch - Redis のデータ上で実行されるフルテキスト検索エンジンを備えたリアルタイムのセカンダリ インデックス。このモジュールを使用すると、フルテキスト インデックス作成やオートコンプリートなどの高度な機能をサポートしながら、非常に高速な検索機能をアプリケーションに組み込むことができます。
  • RedisBloom - TopK や Count-Min Sketch、Bloom、Cuckoo フィルターなどの一連の確率的データ構造が追加されます。これらの確率的データ構造により、メモリを大幅に削減し、パフォーマンスを向上させる代わりに、正確性が最低限になります。
  • RedisTimeSeries - 数百万のサンプルをリアルタイムで取り込んで照会するための時系列データ構造が追加されます。また、ダウンサンプリング、構成可能な保持期間、クエリの集約などの機能を備えた時系列専用のツールボックスも含まれています。主なユース ケースとしては、IoT、ストリーミング、アプリケーションの監視などがあります。

2.エンタープライズ規模での Redis の使用

Enterprise Flash オプションを利用すると、DRAM の容量を NVMe フラッシュ ストレージと永続メモリで拡張して、コスト効率に優れた方法でさらに多くのデータを格納できます。その結果、10 倍のサイズのキャッシュ (最大で 13 TB) を作成できるようになったため、複数のキャッシュにデータを分割する必要性が限定的になります。また、この構成によって、GB 単位でのコストが大幅に削減されます。

3.最も高い回復性

現状では、Azure Cache for Redis によって 99.9% の可用性が既に提供されています。これが新しいオファリングにおいてはゾーン冗長レプリカ ノードのサポートによって拡張されて、障害が発生した場合にフェールオーバー先となることができる別個の可用性ゾーンにキャッシュのコピーが作成されます。シームレスなゾーン フェールオーバーにより、可用性を 99.99% まで向上できます。このことは、ダウンタイムを許容できない企業にとって最も重要な更新です。

詳細情報

もっと詳しい説明が必要でしょうか?Redis Enterprise on Azure を最大限に活用する方法の詳細について取り上げる、11 月 12 日のライブ ウェビナーにご参加ください

思い切って新しい機能をお試しになりますか? ドキュメントをお読みになって、無料での Azure の試用を今すぐ始めましょう。