Azure にもたらされるハイブリッド ストレージのパフォーマンス

2019年4月8日 に投稿済み

Principal Program Manager, Microsoft Azure

コンピューティングとファイル ストレージの間にパフォーマンス層を追加することに関しては、Avere System が、Avere FXT Edge Filer と呼ばれるハイ パフォーマンスのキャッシュ アプライアンスによって先頭に立ってきました。今週の NAB で、参加者は、パフォーマンス、メモリ、SSD、Azure BLOB のサポートがさらに向上した新しい Azure FXT Edge Filer を初めて目にすることになります。昨年 3 月の Avere 買収以降、Microsoft では、Avere アプライアンス技術を利用したハイブリッド ストレージ アーキテクチャをサポートするために、パフォーマンスと効率性の魅力的な組み合わせを実現する作業を続けてきました。

NFS での Linux のパフォーマンス

Microsoft は、必要とされるところでお客様に応えることを約束します。新しい Azure FXT Edge Filer の発売は、このもう 1 つの例であり、Linux コンピューティング ファーム上で実行されているアプリケーションに高スループットで待ち時間の短い NFS を提供します。Azure FXT Edge Filer は、BLOB ストレージとオンプレミス コンピューティング間の待ち時間の問題を、組み込み機能による NFS から BLOB への変換によって解決します。ハイブリッド ストレージ環境のオンプレミス コンピューティングに最も近いエッジに配置され、アクティブなデータをキャッシングしてボトルネックを削減します。一般的な適応例を見てみましょう。

  • Azure BLOB 内のアクティブ アーカイブ – Azure BLOB がエージング対象となるストレージの場所であり、しかしまだコールド データではない場合、Azure FXT Edge Filer ではアクティブなデータのオンプレミス キャッシュを作成して、ファイルへのアクセスを高速化します。

Azure BLOB 内のアクティブ アーカイブ

  • WAN のキャッシング – ワイド エリア ネットワーク (WAN) 全体の待ち時間が生産性低下の原因になることがあります。Azure FXT Edge Filer によりユーザーの最も近くのアクティブなデータがキャッシングされ、データ センターまたはコロケーション内の格納データにユーザーがアクセスする際に、その待ち時間が感じらないようになります。リモート オフィスのエンジニア、アーティスト、その他のパワー ユーザーは、必要なファイルにすばやくアクセスでき、しかもバックアップ、ミラーリング、その他のデータ保護アクティビティをコア データ センターでシームレスに実行できます。

WAN のキャッシング

  • NAS の最適化 – 多くのハイ パフォーマンス コンピューティング環境では、大容量の NetApp または Dell EMC Isilon ネットワーク接続ストレージ (NAS) アレイが使用されます。需要がピーク状態にあるとき、これらのストレージ システムがボトルネックになることがあります。Azure FXT Edge Filer により、コンピューティングの最も近くのデータがキャッシングされパフォーマンスが容量から切り離され、パフォーマンスと容量がより適切に提供されることによって、これらの NAS システムが最適化されます。

NAS の最適化

データセットが大規模な場合、ハイブリッド ファイル ストレージのキャッシングによって、中核業務の生産性を維持するために必要なパフォーマンスと柔軟性が提供されます。

Azure FXT Edge Filer モデルの仕様

現在、お客様のサイトで FXT 6600 モデルがプレビュー段階にあります。また、2 つ目の FXT 6400 モデルが一般提供で利用可能になる予定です。FXT 6600 は読み取りのパフォーマンスが 40% 向上し、FXT 5850 の 2 倍のメモリを搭載した魅力的な最上位モデルです。FXT 6400 は、それほど多くのメモリや SSD 容量を必要としない、または手ごろな価格で FXT 5600 および FXT 5400 モデルをアップグレードしようとしているお客様にとって、優れたミッドレンジ モデルです。

Azure FXT Edge Filer

Azure FXT Edge Filer – 6600 モデル Azure FXT Edge Filer – 6400 モデル
最大のハイ パフォーマンス、最大容量キャッシュ ハイ パフォーマンス、大容量キャッシュ
ノードごとの仕様: ノートごとの仕様:
1536 GB DRAM 768 GB DRAM
25.6 TB SSD 12.8 TB SSD
6x25/10 Gb + 2x1 Gb ネットワーク ポート 6x25/10 Gb + 2x1 Gb ネットワーク ポート
3 ノード以上のクラスター 3 ノード以上のクラスター
256 AES 暗号化を使用 256 AES 暗号化を使用

主な機能

  • 需要の増加に対応する 24 FXT サーバー ノードまでのスケーラビリティ
  • アクティブなデータへの高速なアクセスを可能にするハイ パフォーマンスの DRAM とメモリ、およびビッグ データのワークロードに対応する大容量の SSD キャッシュ サイズ
  • 単一マウントポイントにより、異種混在のストレージ全体での簡素化された管理が可能
  • ハイブリッド アーキテクチャ – NFSv3、クライアント、アプリケーションへの SMB2。NetApp、Dell EMC Isilon、Azure BLOB、S3 ストレージのサポート

Azure FXT Edge Filer は、Dell EMC によって提供されるハードウェアと、Microsoft によって提供されるソフトウェアを組み合わせたものです。簡単にするため、完全なソリューションがシステム インテグレーターを通じて、ソフトウェアとハードウェアのアプライアンスとしてお客様に提供されます。オンプレミス インフラストラクチャへの Azure FXT Edge Filer の追加または既存の Avere ハードウェアのアップグレードの詳細について関心がある場合は、今すぐチームにご連絡ください。それ以外の場合は、Azure FXT Edge Filer のホームページで更新の有無を確認してください。 

レンダー ファーム向け Azure FXT Edge Filer

レンダー ファームやアーティスト向けのハイ パフォーマンス ファイル アクセスは、重要な納期に間に合わせるため、また制作後のパイプラインに効率性を確立するための鍵です。レンダリング用の新しい Azure FXT Edge Filer の詳細については、ラスベガスで開催される NAB 2019 で Microsoft Azure のブース #SL6716 にお越しください。技術の専門家、プレゼンテーション、サポート資料を Azure による高速なレンダリングにお役立てください。

関連資料