Azure Communication Services によって充実したコミュニケーション エクスペリエンスを大規模に構築する

2020年9月22日 に投稿済み

Corporate Vice President, Intelligent Communications

今日の世界的な状況によって、お互いにコミュニケーションを取る方法が本当に変わりました。ある日目覚めると世界は変わっていましたが、ビジネスは止まっていません。顧客には依然として企業とのつながりが必要です。リアルタイムの仮想アシスタンスを提供する場合でも、カーブ サイド ピックアップを実現できるようにする場合でも、物理的な相互作用なしでどのようにやり取りをするかを再検討する必要がありました。

このリモート優先の現状において、企業は顧客のニーズにすばやく適応し、エンゲージメントを高めるコミュニケーション エクスペリエンスによって顧客とつながろうとしています。新しいコミュニケーション ソリューションを構築したり、既存のアプリケーションに統合したりすることは、複雑で時間がかかることがあります。多くの場合、かなりの投資と専門知識が必要になります。ですから、主要なクラウド プロバイダーによる初めてのフル マネージドのコミュニケーション プラットフォーム オファリングである Azure Communication Services について発表できるのは、喜ばしいことです。

Azure Communication Services は、グローバルな信頼性の高いクラウドである Azure でネイティブに構築されています。企業は、1 日に 50 億分を超える会議をサポートするために Microsoft Teams によって使用されているのと同じ、待ち時間の少ないグローバル コミュニケーション ネットワークに、自信を持って構築およびデプロイすることができます。また、開発者は、翻訳や感情分析などのための Azure Cognitive Services といった他の Azure のサービスを簡単に活用することができます。さらに、すべてのコミュニケーションが暗号化されるので、HIPAA や GDPR などのプライバシーとコンプライアンスのニーズを満たすうえで企業は恩恵を受けます。

"建設業界のあるお客様が、プロジェクト マネージャーによる現場の人々に対する可視性とコミュニケーションを向上させるソリューションを探していました。Azure Communication Services を使用すると、数週間ではなく数日で概念実証をデプロイでき、安全な方法でお客様のために音声、ビデオ、メッセージングを簡単に統合できました。" - Snapsonic 創設者、Erik Lagerway 氏

Azure Communication Services を利用すると、数行のコードだけで、音声およびビデオ通話、チャット、SMS テキスト メッセージ機能をモバイル アプリ、デスクトップ アプリケーション、Web サイトに簡単に追加できます。さらに、開発者が使いやすい API や SDK によって、複雑な統合について心配せずに、パーソナライズされたコミュニケーション エクスペリエンスをすばやく簡単に作成できます。これらの機能は、事実上どのプラットフォームとデバイスでも使用できます。

Azure Communication Services の機能

Azure Communication Services サービスとメリットの表

このリモート優先の現状で Azure Communication Services がどのように活用されているのかがわかる例として、カスタマー サービスがあります。ここでは、メンテナンスまたは設備についての通話を想像してみましょう。問題が発生していますが、技術者は顧客の自宅を訪問できません。一部の問題はリモートで対処できますが、電話でのトラブルシューティングは困難な場合があります。会社のアプリまたはホーム ページに特別に組み込まれたビデオを通じてサービス担当者とエンド ユーザーをつなぐ、使用とデプロイが簡単なツールは多くはありません。Azure Communication Services を利用すると、音声およびビデオ通話をマルチチャネル コミュニケーション エクスペリエンスに統合するのはシンプルです。

毎日、お客様、開発者、ビジネスのニーズを変える新しい課題が見つかります。Microsoft の目標は、企業の現状に対応し、企業が回復性を持って今日の市場でビジネスを前進させるのに役立つソリューションを提供することです。音声、ビデオ、チャット、SMS によって実現される充実したコミュニケーション エクスペリエンスは、企業がデバイスやプラットフォーム全体で顧客とつながる方法において不可欠な要素であり続けると考えられます。Azure Communication Services では、コミュニケーション テクノロジ、開発の効率性、クラウドのスケーリング、エンタープライズレベルのセキュリティの長所が集約されています。そのため、企業は、セキュリティで保護されたグローバルなプラットフォームで、数か月ではなく数日のうちに、顧客とのより有意義な相互関係を構築し始めることができます。

利用開始の案内


Azure。目的を持って創造する。