ナビゲーションをスキップする

Azure Lighthouse - 1 つのコントロール プレーンを通じて、クラウド、ハイブリッド、エッジの各環境を大規模に管理する

2020年5月26日 に投稿済み

Chief Technology Officer and Technical Fellow, Microsoft Azure

数千ものパートナーや企業が、Azure Lighthouse を使用して Azure テナント全体のサービスを管理しており、1 つの統合コントロール プレーンである Azure Resource Manager から数万のサブスクリプションと 100 万を超える Azure リソースを表示しています。Azure Lighthouse を使用すると、サービス プロバイダーだけでなく、自己管理企業も、Azure の包括的で堅牢な管理ツールを使用して運用効率を高めることができます。より優れた自動化、スケーリング、強化されたガバナンスが備わっており、ハイブリッド資産とオンプレミスの全体のリソースを表示および管理できるようになりました。

マネージド サービス プロバイダー (MSP) では、ハイブリッド資産とオンプレミス環境をまたがる顧客リソースを処理するのが一般的です。多くの MSP パートナーが、Azure Lighthouse そして Azure Arc を利用して、これらの高度なシナリオで統合管理ソリューションを実現しています。MSP は、そのサービス オファリングを拡張して、Azure Resource Manager を通じて顧客のオンプレミス環境を管理し、Azure ポリシーを使用してリソースを大規模に管理し、コンプライアンスを統制することができます。

ClearDATA - 医療のお客様向けのハイブリッド環境全体で堅牢なガバナンスを実現

Azure Expert MSP および ISV である ClearDATA は、Azure Lighthouse、Azure Policy、Azure Arc を使用して、医療など規制のある業界の企業の顧客にコンプライアンスに関する分析情報を提供しています。ClearDATA では、Azure Arc を使用してハイブリッド環境で仮想マシンのインベントリを簡単に実行できます。一方、Azure Lighthouse で Azure Policy を使用すると、すべてのクラウドやプライベート データセンター、または顧客が使用している支社オフィスのすべての顧客に対して、一貫性、セキュリティ、コンプライアンスを実現することができます。

ClearDATA - 写真 1 - 新規

ClearDATA は、企業の顧客に対し、ハイブリッド環境全体にわたるコンプライアンス状態の分析情報を提供しています。

ClearDATA の HIPAA 準拠と HITRUST 9.1 認定のソリューションを Azure 上で利用することで、エンタープライズ組織はクラウドへの移行を簡単かつすばやく、そして自信を持って行うことができます。Azure サービスのコンプライアンス参照アーキテクチャの豊富なライブラリと、当社独自の Automated Safeguards および Remediation テクノロジを組み合わせることで、Azure Lighthouse と Azure クラウドの真の力が発揮されます。当社の視覚的で使いやすいコンプライアンス ダッシュボードと柔軟なレポートにより、コンプライアンスを実証するために必要な透明性と可視性を確保できます。」 - Suhas Kelkar 氏 (Chief Product Officer、ClearDATA)。

Yorktel - 顧客のエッジ デバイスの監視

Yorktel は、Microsoft のコラボレーション デバイス (Surface Hub 1、2、Microsoft Teams Rooms) のディスプレイ、マイク、カメラ、スピーカー、Microsoft Teams のリアルタイム機能などの正常性状態をエンドユーザーに代わって管理しています。主要な監視ツールを Azure Monitor に変更し、セキュリティで保護されたアクセス メカニズムとして Azure Lighthouse を使用することにより、Yorktel はエッジ デバイス管理を大刷新しています。Yorktel は、すべての顧客を網羅した統合ビューで包括的に監視することができ、対応ワークフローをトリガーするアラートをタイミングよく受け取ることで、すばやく問題を解決することができます。Azure Lighthouse のユーザー エクスペリエンスが向上し、顧客満足度が向上しました。

Yorktel は、Azure Lighthouse と Azure Monitor を使用して、Microsoft コラボレーション デバイス全体の包括的な監視を提供しています。

Yorktel のエッジ デバイス向けの Azure ベースの監視ワークフロー。

「Yorktel の Azure Lighthouse 対応監視および管理ソリューションは、最高のタイミングで実現しました。ポスト COVID-19 の世界で仕事に戻る準備が整えられている中、このプロアクティブな問題および解決のテクノロジは、マネージド サービス プロバイダーとその顧客の両方に劇的な影響をもたらす可能性を示しています。より高速で大規模な問題の解決によって効率が高まることで、企業は戦略と変革のイニシアチブに専念することができます。これにより、ポスト COVID-19 の世界でも '火をともし続ける' だけの日々の作業ではなく、成長を続け、適応することができます。」- Jeremy Short 氏 (SVP of Microsoft Solutions、Yorktel)

Vandis - マネージド ネットワーク サービスの提供

Azure Lighthouse では、Azure Networking MSP などの複数のサービス プロバイダーも有効になりました。これにより、お客様のプレミスから Azure の顧客サブスクリプションまでの最適化されたハイブリッド接続を構築して運用することができます。たとえば、Vandis は Azure Lighthouse を使用して、Azure Virtual WAN と Azure Express Route に基づく顧客向けのハイブリッド ネットワークを計画、構築、運用しています。

「Azure Lighthouse を使用することで、サービス プラットフォームとしてのネットワークをお客様に拡張できるだけでなく、Azure 上の Windows Virtual Desktop リモートワーク ソリューションを促進できるようになりました。」 - Ryan Young 氏 (CTO、Vandis)

Azure Lighthouse - Azure での大規模な管理シナリオに対応したイノベーションの継続

Azure とハイブリッド資産を管理するための強化されたサービスを使用して、Microsoft との共同顧客に価値を提供し続けてくださるすべてのパートナー様に感謝申し上げます。Microsoft のチームは、パートナー エコシステムをイノベーションすることにこれまで以上に熱心に取り組んでいます。そして、新しい Azure Lighthouse 機能を定期的に追加してきました。

主な機能は以下のとおりです。

  • サービス プロバイダーは、自分の Azure コントロール プレーンで自分のチームの通知とオンボード ワークフローをトリガーできるようになりました。またアクティビティ ログを使用して、お客様のリソース委任アクションを監視することもできます。
  • お客様は、他のポータルやマーケットプレースにアクセスするのではなく、お客様独自の Azure portal エクスペリエンス内の、サービス プロバイダー ビューで利用しているマネージド サービス オファーをアップグレードできるようになりました。
  • コマンドライン インターフェイス (CLI)、API (サブスクリプション関数)、PowerShell を通じて選択できる自動化ツールを使用して、Azure サブスクリプションのマネージドおよび管理テナント コンテキストを表示することができます。
  • サービス プロバイダーは、顧客に委任された Azure スコープの管理を彼ら自身でオプトアウトして、コンプライアンスとオフボードのニーズにすばやく対応することができます。
  • Azure のバックアップ エクスプローラーバックアップ レポートは、サービス プロバイダーの複数の顧客にわたる統合ビューを提供するようになり、運用担当者の効率が向上します。
  • Azure Lighthouse は FedRAMP High 認定サービスとなり、Microsoft Azure Government で提供開始されました。
  • パートナー様は、パートナー センターから直接、Azure Marketplace にマネージド サービス オファーの下書きを作成し、公開できるようになりました。これにより 1 つのポータルで効率的にオファーとリードを管理できるようになりました。
  • Azure Lighthouse のヘルプとサポートのエクスペリエンスが強化されました。これには一般的な問題に対する推奨ソリューションが含まれ、さらなる分析情報を得てテナントを管理し、問題を解決することができます。

ここまで、Build 2020 での Azure Lighthouse を振り返りました。7 月の Inspire 2020 で、さらに多くを共有できることを楽しみにしています。それまでは、新しい Azure Lighthouse 学習コンテンツをぜひご活用ください。