ナビゲーションをスキップする

Microsoft Online Subscription Agreement

Last updated: April 2018

マ イクロ ソフト オンラ イン サブス クリプショ ン契約

本マ イ ク ロソフト オ ンラ イン サブ スク リプ シ ョ ン 契 約 は、 お 客様 が 代表す る 法人 、 ま た はお 客 様が サブ スクリ プシ ョン の 購 入 も しく は 更 新 に関し て 法人 を 指定していな い 場合に は 個人としての お 客様 (以下い ず れ の場 合 も「 お客 様 」とい いま す ) と、 Microsoft Ireland Operations Limited (以下 「 当社」 とい いま す ) と の間 で 締結され るも のです 。本契約は、下記のご 契約条件、オンライン サー ビス条件、 SLA 、および お 客様のサブ スク リプ ション または更新の プラン詳細 で構成されます (以下総称し て「本契約」と いいま す )。本契約は、お客様のサ ブスク リプ ションに対す る確認を当社がお客様 に 交付した日、 またはお客様 のサブ スクリプ ションが更新された日を もって発効 しま す。 主な 用語 については 第 8 条 に定 義 するとお りと しま す。

1. オ ン ラ イン サービス の使用

a. 使用 の 権 利 本 契約に詳細 を 規定 す るとおり、当社は お 客様に対し 、 オンライン サ ー ビスにアク セス して使用 し、サブ ス クリプ ションに含 まれる本ソフ ト ウェアを インストー ルして使 用す る権利を 付与 しま す 。その他 の権 利は すべ てマ イクロソフトが留保しま す。

b. 許可さ れ る使用 お 客 様 は、 本 契 約に 従 っ て の み 本製品 を 使 用す るこ と がで きま す 。 適 用 さ れる 法 令 によ り 、契 約 上の制限 に かか わら ずか か る行 為 を 行 うこと が 明示 的 に許 可 されて い る 場合 を除き 、お 客様は、 本製 品のリバ ース エンジニ アリ ン グ、逆 コン パ イル、逆 アセ ン ブル、ま たは技 術 的な制 限 の 回 避を 行っ てはな り ま せん 。 お客 様 は、 お 客様 によ る オ ンラ イン サービ ス の 使用 状 況を測 定 す る課金メ カニ ズ ムを無 効 にし 、改ざ ん し、そ の他回避し よう と す る ことはでき ませ ん。 お客様 は、本 契約また はオ ン ラ イン サ ー ビス条件 で明 示的 に許可され てい る 場合 を除き 、本製 品ま た はそ の 一部の 第 三 者 へのレン タル 、 リ ー ス 、貸 与 、再販 売 、 移 転、 ま たは ホ ス ティン グを 行う こと はで きませ ん。

c. エ ンド ユーザーお客 様が エンド ユーザー によるア クセスを 制御 す る ものとしま す。また 、お客様 は、 エ ンド ユ ーザー に 本 契 約 に 従 っ て 本 製 品 を 使用さ せ る 義 務 を 負い ます 。 た と え ば、 お 客様 は、 エンド ユーザ ーに利 用規定を 遵守 させ るものと し ます。

d. 顧客 デー タ す べての顧客 デー タの内容に関す る責任は、お客様自身 が単独で負 うも のとします。 お客様 は 、 当 社が第 三 者 の 権利を 侵 害 し 、また は そ の 他お客 様 ま た は第三者 に対 する義務を 当社が 負う ことの ない よう にオ ンライン サ ービスを 提供 するため に 必要な 、お客 様の顧客 データ に関 す る すべ ての 権利 を 確 保 し、 維 持す るも のとしま す 。 当 社は、 本 契 約 に明記 する 場合 また は適用され る 法令で義 務付 けら れてい る 場合を除き、 顧客デー タま たはお客様 に よる本製品の 使用 に関 す る義務を 負う こ とは ありませ ん。

e. お客様のアカ ウ ント に関す る責任 お客様 は、お客 様 に よ る オ ンラ イン サー ビスの 使用 に 関連付 けられ た非公 開の 認証 資格 情報 を秘 密 に 保つ責 任を負 うもの とし ま す 。お 客様 のア カウ ントもし くは認証資 格情報が悪用された可能性が ある場合、またはオ ンライン サ ービス に関連 するセキ ュリ ティ侵 害の疑いが あ る場合は、 お客 様は直 ちに 当社の カス タマー サ ポート チ ームにその旨 を通 知し なければ なりま せ ん。

f. プレ ビ ュー リリー ス 当社はプレ ビ ューを 提供 す る こと が あり ます。プ レ ビュー は、「現状有姿のま ま 」 、 「 瑕疵を 問 わ な い条件 」 で 、 か つ 「 提 供 可 能 な 場 合 に提 供 し うる 形 で 」提 供さ れるも のと し、 SLA お よび 本 契 約に 規 定するいか な る限 定 的保証の対 象にも なり ま せん 。プ レ ビューは 、カス タマー サ ポ ー トの対象 とな らない ことが あ りま す。 マイ ク ロ ソフトは、随 時予告 なく プレ ビュ ーを変 更または中止す ることがあります 。また、プレ ビュー を一般向けに提供しないことを選 択す ること もありま す。

g. Microsoft Azure のマネ ージ サ ービ ス お客様は 、マ ネ ージ サ ービス ソリュ ーシ ョンを提供 する ため に Microsoft Azure サ ー ビ スを 使用 す る こ とがで きま す 。ただ し 、 (1) お 客様 の みが Microsoft Azure サ ー ビス にア クセ スし て これを構 成お よ び管理 する 権限を有 する こと、 (2) お客 様が 、マ ネ ージ サ ービス ソリュ ーシ ョン内の仮想 O SE (存在 す る場合 ) に対 す る管理ア クセス 権限を有 す る こと 、な らびに (3) 第三者 が自社のア プ リケーショ ンま たは仮想 OSE につい ての み管理アク セ ス 権限を有 す ることを条 件 とします。お 客 様は、本契 約 の条件に従 っ た第三者に よる Microsoft Azure サ ー ビスの 使用 に つい て責任 を負いま す。 お客様 によ る マネージ サ ービ ス の提供には、引き続き以下の制限 (およびオンラ イン サービ ス 条件に規定 す るその他の制 限 ) が 適用 されま す。

(i) お客様 は、 Microsoft Azure サ ービスを 再販売 または 再頒布 するこ とはで きませ ん。

(ii) お客様 は、 複数の ユーザ ー に対し、 ユ ーザ ー単位 で 提供される Microsoft Azure サ ービス の機能 に 直接また は間接 的 にア クセス することを 許可 すること はで きませ ん。

h. 管理者 によ る 支配権 の掌握お客様 が所 属して いる組織 (例 えば、 雇用者ま たは学 校 ) か ら提供 された電 子 メー ルアドレス を使用し てオ ンラインサ ー ビスを個 別 に 発注す る場合 は、その 組織の ドメイ ン を使 用す ること で 、 そ の組織 の メ ン バ ー と し て の お客様 の 資 格 でサ ブ スク リプ ションにサ インアップす る権限があることを表明す ることになり ます 。お客様の電 子メー ルアドレ スに関連し た ドメ イ ンの 所 有者で あ る 組 織は、 お 客 様 に よ るオンラ イン サ ー ビス の 使用 に ついて 支 配 権を 持 ち、管理 す ることが でき ます。その よう な場合、 お客 様の組織が 指定 する管理者 (お客様 の管 理 者 ) は

(i) お 客 様 の アク セ ス の 修 正や 解 除 を 含むお 客 様 の ア カ ウ ントの 制御お よ び 管 理 、

(ii) やり とりや ファイルの内 容 を含むお 客様 の データへのア クセスと その処理を行う こ とができま す。 マイ クロソフ トは、お 客様 の組織が お客 様のサ ブス ク リプショ ンの 対象とな るオ ン ライン サ ービス を管理す る こ とになっ た場合、その旨をお客様に通知す ることがあ り ます が、マイク ロソ フト はか か る義 務 は負わ な いものとし ます 。 お客 様 の組 織 がお 客 様の オ ンラ イ ン サー ビス の 使用を 管理 して い る場合、 またはお客 様のサ ブ ス ク リ プシ ョ ン に関 連付けられて い るテ ナン トを 管理して いる 場 合 は、デ ー タ 主 体 に 関 す る 要 求と プ ラ イ バ シー に関 する 要 求 を、 管 理 者 に 指 示 し てくだ さ い。 お客様の組織がお客様のオンラインサービスの使用を管理していない場合、またはかかるテナ ントを管理し て い な い場 合 は、データ 主 体に関する 要 求とプラ イ バシーに関す る 要求を、 マ イク ロソフトに指 示し てくだ さい。

i. 共有 デ ィ レ ク トリ デー タ お客 様 が所属して い る組織 (例え ば 、雇用者ま た は学 校 ) から 提 供 され た電 子メ ール アド レス を使 用して オン ライ ンサー ビスを 発注す る場合 、オ ンラ イ ンサー ビス は、同 じ電子メ ール ドメイ ン を共 有す る ユー ザ ー の デ ィレ ク ト リ にお客 様 を 追 加しま す。お 客様の デ ィレ ク トリ デ ータ (名前、サイ ン アッ プ 日付 、 電子メ ー ル ア ドレス ) は、お客様が所属 し ている組織の 電子メ ールド メイ ン 内で、 オン ライ ンサ ー ビスの 他の ユーザ ーに表示 され ること が ありま す。

j. オ ンラ イン サー ビ スと共 に 使用す る 追加ソフト ウ ェア 一定のオ ン ラ イン サ ービス への最 適なアク セ ス と 使 用を 可能にす る た め に 、 お 客 様 は 、 オン ライン サ ー ビ ス条 件に 規 定 する と おり 、 オ ンラ イン サ ー ビ スの使用 に 関連して 一定の 本 ソフトウェア のイ ンス トー ルお よび使 用 を行え る 場合が あ り ます。 本 ソ フ トウェア は お客様にラ イ セ ン ス されるもの で あ り、 販売される も の で はあ り ませ ん 。 (1) 本契 約 、 (2) 発 注 確 認 書 、 お よび (3) 支 払 の 証 明 を もっ て 、 お 客 様 の 本ソ フ トウェ ア のラ イセンスの 証 明としま す 。お客様が一定の デ バイス上 の 本 ソフ トウェ ア にア ク セス す る権利を有 す る 場 合 で あ って も 、 その デ バ イス にア クセスす るソ フト ウェアまた は デバ イス に 関 する 当社の 特許 または その他の 知的 財産権を 実施 す る権利 を付 与され るも の では ありませ ん。

2. サ ービス の購入

a. 利用可能 なサブ ス クリプション プ ラ ン ポ ータル では、 利用可 能なサ ブス クリ プシ ョン プランの プラ ン詳細を 提供 しま す 。利 用 可能なサブ スク リ プ ション プ ランは、 原 則と し て、 以 下の い ずれか 1 つまた は以 下の組み 合わ せ に分類 する ことが できま す。

(i) 定額 課 金 プ ラ ン お 客様は 、 サブ ス ク リ プション期間中の使用のために一定量のオンラ イン サ ービ ス を購 入 し 、 一 括 前 払 い で 、また はサブ スク リプ ショ ン 期 間 中定 期 的 に、 使用 に 先立 っ て 支払を行うことを事前に約定します。 Microsoft Azure サー ビ ス に関し て は 、追加また はその 他の 使用量 (約 定使用量を 超え る使用 量な ど ) は、従 量課 金 プランと して 扱われ るこ とが あ ります。 サブ スク リ プ ション期間中 に使用さ れな かっ た定額使 用量は、 サ ブ スク リプシ ョ ン期間 の終了時 に失 効しま す。

(ii) 従量課金 プラン (使用量 に 応じた 支 払 )お 客様は、前月の実際の使用量に基づいて支払を 行い、 事前 の約定を 行い ませ ん。支 払は定期的 に 後払いで 行いま す。

(iii) 限定プラン お 客様は、期間を限り課金 な しで (例え ば 試用サ ブ ス ク リ プ ションま た は無料ア カ ウントで ) 、 または他 の マイクロソフト サ ービス (MSDN な ど ) の 一環と して、限 られた量の オンライン サ ー ビスを使用 す ることが で きま す 。価格、解約金、支払、およ び デー タ保存に 関 する本契 約の規定 は、 適用さ れない 場合が ありま す。

b. 発注

(i) サ ブス クリ プ ショ ンの発注 または更新を 行う こと により 、お客様は、 そのサ ブス クリプショ ンの プラ ン 詳 細に 同 意し た こと に なり ま す 。 こ れら の プラ ン 詳 細 に 別 途 規 定 されて い る 場 合 を除 き、オンライン サ ー ビスは 、「 提供可能な場合に限り 提 供しうる形 」 で 提供される も のとしま す。お客様 は 、本契約に 基 づきお 客 様 の 関連会社 のた め の発 注 を 行 い、お 客 様 の 関連会 社 にサ ブス クリ プショ ンの 管理を行う管 理権限を許諾 す ることができ ます。ただし、 関連 会社 が本 契 約 に基 づ い て 発注を 行う こ と は で き ません 。 お客 様 は ま た 、 第 三者 がお 客 様 の内部 業務 において 使用す るため に、第 1 条 a 項 で許諾 され る権利 をかか る第三 者 に割り 当て ること もで き ます。本 ソフトウェアまた は お客様のサ ブスクリ プショ ン に関して 、お 客様が関連 会社ま たは第 三者に権 利を 許諾す る場合 、かか る 関連 会社ま たは第 三者は 本契約 に拘束 され るもの とし、お客様は 当該関連会社 または第三者 に よる本製品 の使用 に関す る当該関 連会 社 ま たは 第三 者 の行 為 につ い て 、 当 該関 連 会 社ま たは 第 三 者と 連帯 し て 責任 を負い ま す。

(ii) 一部 のプ ラン では、 お客様 はサ ブ ス クリプ ショ ン 期間 中に、 オ ンライン サー ビ スの 発注 数量 を変更する こ とが で きま す 。サブ ス ク リ プ ションに 追加 され た オン ラ イン サービ ス の数量追 加分は、 かか るサ ブス クリ プショ ンの終 了時 に失効 し ます。お客様 がサ ブス クリ プ ショ ン 期間 中 に数 量を 減 らす場合、 当社は、 数量 の減少 について以下の第 3 条 b 項 に 規定さ れてい る解約 金を お客様 に請求 す ること がで き ます。

c. 価格および 支払支払 は、お客 様のサ ブス ク リ プ ショ ンのプ ラン 詳細 に 従 って行わなければな りま せ ん。

(i) 定額課金 プラ ンでは 、価格レ ベルは お客 様が発注 した 本サー ビスの 数量に基 づく 場合があ りま す 。一部の プ ランで は 、お客様はサ ブ ス ク リ プ ショ ン期間中に オ ンライン サ ー ビスの発 注数 量 を変 更 すること がで きます。 この 場合 、 お客 様 の価格 レ ベ ル がその 数 量 に 応じ て調 整 さ れ ること が あり ま す が 、 価 格 レベル の 変更 が 遡 っ て 適 用さ れ る こ と は ありま せん 。 価格 が プ ラン 詳細 に一時 的 なも のと 規 定さ れ てい る 場 合、 またはプ レ ビ ュ ーもし く はマ イ ク ロ ソフ ト以 外 の 製品 であ る 場 合を 除 き 、サブ スク リ プシ ョ ン期 間 中 、 お 客 様 のサブ スク リプ ションに 関して、オ ン ライン サ ービ スの価格が、 お客様のサ ブ ス クリ プシ ョ ン の発効または更新の時 点 にポータ ル に掲載されていた価格 より引き上げ ら れ ることは あり ませ ん。 すべ ての価格 は、 サ ブス クリ プショ ンの更 新期間の開 始時 に変更さ れ る 場合が ありま す。

(ii) 従量課金 プ ラ ンでは 、価 格は随時 予告 なく変 更され る ことが ありま す。

d. 更新

(i) お客 様 のサブ ス ク リプ ショ ン の更 新 を もっ て 本 契約 は終 了し 、 そ れ以 降、 お 客 様の サ ブ スク リ プショ ン には、お客 様の サ ブス クリ プシ ョ ンの更新 日に ポータル に 規定さ れてい る条項 (以 下 「更 新 条件」 と いい ま す ) が 適 用 されます 。 更 新 条件 に 同 意 しない 場 合 、 お客様 はサ ブス クリ プショ ン の更新を 拒否 す ること がで き ます。

(ii) 定額 課金 プラ ンで は、お 客 様は 、サ ブスク リ プ ショ ン期 間の 終了 時 に サ ブ ス ク リ プ ショ ン を自 動的 に 更新す るか 、 ま たは 解約 する こ と を 選 択 す る こ と が で き ます 。 何 も選 択 しな い 場 合に は自動更新となりま す 。お客様はサ ブ ス ク リ プ ション 期 間中いつで も この選択を変更 す るこ とができま す。 既存のサ ブ ス ク リ プ ション期間が 1 暦 月 以上残 っ て い て自動更新 が 選 択さ れて いる場 合、当社 は、 サ ブス クリ プシ ョ ン期間の 終了前 に通 知を 行いま す。

(iii) 従量課金 プラ ンでは、 お客 様がサ ブ スク リ プ ションを 解 約 す るまで 、 サ ブ ス ク リプ ションは自 動的に 1 か 月ず つ更 新さ れま す。

(iv) 限定 プラ ン では、更 新は 認め られ ない 場合が ありま す。

e. 教育機 関 向 け バージョン 、 政府機 関 向 け バージョン、 お よび非営利 団 体向けバー ジ ョンの 購入 資格お客様 は、教育機 関、政府機関 、 または非営 利団体向けサ ー ビスを購入 す る場合 には、以 下の サイ ト に掲示さ れ る 各資格要 件を 満た す必要が あ ること に 同意 しま す。

(i) 教育機 関向 けサ ービス に ついて は、 https://www.microsoftvolumelicensing.com/DocumentSearch.aspx?Mode=3&DocumentTypeId=7 に 掲示さ れ る 教育機関 (管 理事務局 、教 育委員会 、ま たは公共 の図 書館、博物 館、 も しくは 美術館を 含 む ) の要件、

(ii) 政府機 関向 けサ ービス に ついて は、 https://www.microsoftvolumelicensing.com/DocumentSearch.aspx?Mode=3&DocumentTypeId=6 に 掲示さ れ る 要件、

(iii) 非営利 団体 向けサ ービス に つい ては、 https://www.microsoftvolumelicensing.com/DocumentSearch.aspx?Mode=3&DocumentTypeId=19 に 掲示 され る要件。

当社は 、随時 資格を 確認し 、資 格 要件を 満たして いな い場合 はオ ン ライン サー ビ スを 一時中断 する権利を 留保しま す。

f. 租税 別途請求書に税込み と 規定され て いる場合を除 き 、価格には 税 額は含まれません。本契 約 に基づい て 課 さ れ る もの で、 適用され る 法 令 によ り当 社がお客様 か ら 徴 収 す る こ とが認 めら れてい る、適用され る付加価値税、物品税、サ ービ ス税、販売税、総収入税、その他の取引 税、 手数料、料金、追加料金、または規制当局による費 用 回収に関す る 課徴金も しくは同様の金額 については、お客様が支 払 わなければ な りませ ん 。 お 客様は、該当 す る印紙税、およ び お客様 の関連会 社 に 本製品を 頒布ま たは提 供 す る こ と に よ って 生じ る 租税を含 め、お客様 が納税 義務 を負う他のす べての租税を 支払う義務を負うも のとします 。当社は、当社の所得に基づくす べて の租税、所 得または利益 に基づく租税 に代わり課 され る総受取金 税、または当 社の所有財産に 基 づく租 税 を支払う 義務 を負いま す。

貴社から マイク ロソフト への 支払額から 税 金の源泉徴収が義務付けられている場合、貴社はか か る税額を マ イ ク ロ ソ フ トに支 払 う金額か ら 控除し 、 所轄 税 務当局に納 付 す る ことが で き ま す。 ただし、貴 社は速やか に 、当該所轄税 務当局か ら、 源泉徴収され た税金 に対 する正式な納 税証 明 書 および 外 国 税 額 控除ま た は 還 付を申 請 するた め にマ イ ク ロソ フト が 合 理 的 に 要 求 した その 他の書類の発行を受け、マイ ク ロ ソ フ ト に 提出しま す 。 お客様は、適用される法 令 で可能な限り にお いて、 源泉徴収 税の 金額を最 小限 に抑 えなけ ればな りませ ん。

3. 契約期 間 、 解除 、 お よ び一 時中断

a. 契約期 間 お よ び解除 本契 約 の有効期間は、お客様のサ ブ ス ク リ プ シ ョ ンの満了、解約、または 更新の いず れか早い 時点 までと しま す。

b. サ ブ ス ク リ プ ショ ンの 解 約 お客様 は 、 サ ブ ス ク リ プシ ョ ン期間中い つ で もサブ ス ク リ プション を解 約する こ と が で き ます 。た だ し 、解 約の 発効 前 に 支払 義 務 を負 う金 額 を 全額 支払 わ な け れ ばな り ませ ん。

(i) 1 か月のサ ブ スク リプ ショ ン期間が 1 か月のサ ブスクリ プショ ンは 、解約金を要さず にいつ で も解約 す る こと ができ ます。

(ii) 1 か月を超え るサ ブス ク リ プ ション Microsoft Azure サ ービスのサ ブス クリ プシ ョンの発効ま たは 更 新の 日 から 30 日 以 内にか か る サブ ス ク リ プショ ンを解約す る 場合 、 返金 は 行われ ず、 お客様 はそのサ ブス クリ プショ ン の最初の 30 日分 につい て支 払を行 わな け れば なりま せ ん。 た だし、解 約 されたサ ブス ク リ プ シ ョ ン の残存 期 間 に つい て 支払を 行 う必要はあ りま せ ん。サ ブスクリ プショ ン 期間中の それ 以外の時 点で Microsoft Azure サ ービスの サ ブスク リプ ショ ンを解 約 する 場 合、 お 客 様 は サブ スク リプ ショ ン 期 間 の 残存分 につ いて支払 を行わ なけ ればな らず、 返金は 行われ ない も のとしま す。

(iii) 限 定 プ ラ ン マ イ クロソフ トは 、期 間 中 のい つ で も 予 告な く 直 ちに 、限 定プラ ン の サ ブ ス ク リプ シ ョンを 解除 すること がで きま す。

(iv) その他のサブ ス ク リ プション そ の 他の す べての サ ブ ス ク リ プ シ ョ ンについては、 お 客様 はサ ブス クリ プシ ョ ン期間の終 了前 にサ ブスクリ プショ ンを 解約 する場合、 1 か月分のサ ブス クリ プ ション料金 に相当す る解 約手数料 を支 払わな ければ ならず 、サ ブ スク リプシ ョ ン 期間の残 存分に ついて 既に支払っ た サ ブ スク リプ ション 料 金 が 返金 さ れます 。た だ し 、 月 の 途 中 で解 約がさ れた 場合の解 約月 に つい ては返 金は行わ れま せ ん。

c. 使用 停 止 以 下 の場合には、当社はお客様によるオン ラ イン サ ー ビスの使用を一時中断 す るこ と が で き ま す。 (1) 顧 客 デー タへ の 不正 アク セ ス を 防止す るため に合 理的に 必 要 と される 場 合、 (2) 第 5 条 に 定める 権 利 侵 害の請求 に ついて 、 お 客 様が合 理的 期間内に 対 応し な い場 合、 (3) お 客様が 本契約に基づ いて支 払うべ き料金を 支払 わない 場合、 (4) お客 様が 利用規定 に従 わない もし く は本契約 の他 の条項 に違 反してい る場合 、または (5) 限定 プランの 場合、 プラン詳 細に記載されているように、お客様がオンラインサ ー ビスへのア ク セスに失敗した場合、サ ブス クリ プショ ン は無効 になります。 これ らの 1 つ以上の 条件が該当 す る場合、 以下 が適用さ れま す。

(i) 限定 プ ラン で は、当社 は、 予告 な く直 ち に、お客様 に よるオンライン サ ー ビスの使用、 お客 様のサ ブス クリ プショ ンお よ びお客様 ア カウントを一 時中断 するこ とがで きま す。

(ii) 他のすべ て の サブ ス ク リ プション で は、 一 時中断は、 オ ンラ イン サ ー ビ ス の必要 最 小 限の 範囲 に 適 用さ れ 、 そ の 状 況 ま た は 必 要 性 が 継 続 してい る間 に 限っ て 実 施 します 。 一 時 中断 を 直 ちに 実 施 す る 必 要があ る と当社が合理 的 に考 え る場 合 を除き、当 社 は一時中断 の前 にお 客様 に通 知し ま す。未 払を理 由として 一時 中断 す る場 合 に は、 3 0 日前まで に 通知しま す 。お客様 が 一時中 断 から 60 日以内に一時中 断 の 理 由に完全に 対 処し な い場 合 、当社 は お 客 様 の サ ブ ス ク リ プ ショ ン を 解 除 し 、 保 持 期 間 を 設 け ず に お 客様 の 顧 客デー タ を 削除 することができま す。また、当社は、お客様 によるオ ン ライン サ ービスの使用が 1 2 か月間 に 2 回を超 えて一 時中断 された場合 には、お客 様の サ ブス クリ プシ ョ ンを解約 す る こと がで きま す。

4. 保証

a. 限 定的 保証

(i) オ ンラ イン サー ビ ス当 社は、オ ン ライン サ ービス がサ ブス クリ プシ ョ ン期間中、 SL A の 条件 を満 たす こと を保 証し ま す 。 S LA に規定す る貴 社の権 利は 、 こ の保 証の 違反 に対す る貴社 の唯一 の権 利としま す。

(ii) ソフト ウ ェア 当社は、 お客 様が本 ソフトウ ェアを最初 に使用した 日から 1 年間、 当該本 ソフト ウ ェ ア が該当す る ユー ザー 向 けドキ ュ メ ン ト の 記 載に実 質 的に 従っ て 動 作する こ とを 保 証し ま す 。本 ソフ ト ウ ェアが こ の 保証を 満 た す こ とが で き な い場合 、 当 社 は自 ら の選 択 によ り、 (1) 本ソフト ウェアについて 支払われた代 金を返金す る か、 (2) 本ソフト ウェアを修 正 または 交換 しま す 。お客様 は こ れ以外の 請求 を行う こと はで きませ ん。

b. 限定的 保証の 除外本限 定的保証 には 以下の制限 が適 用されま す。

(i) 法 的 に 排 除 不 可 能 なす べて の 黙 示 的保証 、 瑕 疵 担 保 、 ま たは そ の他 の 製 品 に 対す る責任 の期間 は、 限定的保 証の 開始時点から 1 年間と しま す。

(ii) 本 限定 的 保証 は 、事 故 、不 正 使用、 ま た は 本契 約も しく は 当社 が 発 行 した ドキ ュ メ ントも しく はガイダ ンス に反して本製 品を使用した ことが原因で 生じた問題、 または不可抗 力など 、当 社が合 理的 に支配 でき ない事由か ら 生じた問題 に は適用さ れませ ん。

(iii) 本 限定的保証は 、シス テムの 必要最低要件を 満たさない ことが原因で生じ た問題 には適用 され ませ ん。

(iv) 本限定 的保 証は、 プレビュ ー版ま たは限 定 プランには 適用さ れませ ん。

c. 免責当社は 、 本保証以外 に は、商品性 ま たは特定目 的 への適合性 を 含 め 、明示 、 黙示、 また は 法律 の 規 定 の いず れ に よる もの で あ る と を 問 わ ず 、 一切 の 保証 を 行わ ず 、 そ の 他品 質 また は権利 の瑕 疵等の 問 題 に つ い て、本 条 に定 め る 以 上 の責任 を 負 い ま せん。 これ らの免責 は、 適用さ れ る法 令上免 責が許 されていない 場合を除 き、 適用さ れ るも のとし ま す。

5. 請求 に 対 す る 防御

a. 防御

(i) 当社は、 本製 品がお 客様の 関連会社 では ない第 三者 の 特許権、 著作 権、もし くは商 標権を 侵 害し て いる、 ま たは営業 秘 密の違法 な使 用を 行 っ て い るとし て か か る第三 者 か ら 提 起さ れた請求 に対しお 客様を 防御しま す。

(ii) お客様は、 (1) 本製品 の使 用に際して お 客様が直接 ま たは間接的 に 提供す る 顧客デー タ、 カ ス タ マー ソ リ ュ ー ション 、 また はマ イ ク ロソフト以 外 の製品 も し く はサー ビ ス が 、当 社 の関 連 会 社で は な い 第 三 者 の 特 許 権 、 著 作 権 、も し くは 商標 権 を 侵 害し て い る 、 ま た は 当該第 三者の 営業秘 密の違法 な使 用を 行ってい るとして 、または (2) 利用規 定の違 反 に起 因して い ると して 、当該第三 者か ら提起さ れた いかな る 請求 に対して も、当 社を防 御しま す。

b. 制限請 求ま たは判決 の根 拠が以下 のい ずれか に 基づ く場合、第 5 条 a 項 に定 めるマイ クロソ フ トの 義 務 は 適用されま せ ん 。

(i) カスタマー ソ リュ ー ション、顧 客デ ー タ、マイ クロ ソ フ ト以外の 製品、本製 品 に対してお 客様が加え た変更、または 本製品の使用 の一環とし てお客様が提供も しくは利用 可能 にしたサ ービス もしくは マテリアル、

(ii) 顧客 データまたはマイ クロソフト以外の製 品、デー タ 、 もしくはビジネス プ ロセスに 関 して、お客様が本製品をこれら と組み 合 わせたこと、 またはこれらを使用することに起因する損害、

(iii) お 客様が当社 の 書面による明示の許諾 なく 当社 の商 標を 使用 した こと、 また は第 三者 の請 求に基づ き、 当社 が本 製品 の使 用を 中止す るよ うお客様に通知した後も お客様が当該本製品を使用し たこと、

(iv) お 客様が本製品を関連会社 ではない 第三 者 に 再頒 布し た こ と、ま たは かか る第 三者 のた め に使用 した こと 、

(v) 無償で 提供 された 本製 品。

c. 救済 マイ ク ロ ソフトは、第 5 条 a

(i) 項 に定め る 請求 が貴社 による 本製品の 使用 を妨げ る と合理 的 に判 断し た場合 、 (i) お 客様が引 き続 き本製品 を使 用 するため に 必要な 権利を 取得し 、または

(ii) 本製品を修正 もしく は機能的 に同 等の ものと交 換して、本製品の以前のバージョ ンの使 用を 中止す るよ う お客様に通知す るよう努 め ます 。かか る 選択肢が商業的に合理的ではない場 合、 当社 は 本製 品 を使用 するお 客様 の 権 利を 解除 し 、 未使 用のサブ スク リ プ ショ ン の 権 利につ いて 前払 いで支 払われた 金額 を返金 するこ とがで きま す。

d. 義 務 本 条に 定 め る 請 求 が な さ れ た 場 合 、 各 当 事 者 は 直 ちに 他 方 当事 者に 通 知 しな け れ ば なり ま せ ん。 保護を求 め る当事者 は、

(i) 当該請 求の防御お よ び 和解 に関す る 一切の決定 権を 他方 当事者 に 委ね、かつ

(ii) 当該請求 の防 御 に際し 合理 的な支 援を提 供しな けれ ば なり ませ ん。保 護を 提 供する当 事 者は、 (1) 他 方 当事者が支 援 の提供のた め に現実 に 支出した合理的な 経費 を補 償し、 (2) 敗訴の 確定 判決ま たは和 解で 認め られ た金員を 支払 う ものと しま す 。本第 5 条に 基づく防御およ び 判決 (ま たは他方当 事 者が同意し た 和解 ) の支払に関 す る 両 当 事者の権利 は、判 例法上も しく は法定 の負担 請求の 権利ま たは類 似の権 利に代 わるも の で あ り、両 当事者 はかか る 判例法上 または 法定の権 利を 放棄しま す。

6. 責任 制限

a. 制限本 契約 に基づ く すべて の請求 に ついて の各当事者 の責任範 囲は 、請求原 因が 発生す る前 の 12 か月 間 に本契約 に基 づき オ ンラ イン サ ー ビス に つい て 支払 わ れた金 額 を 上 限と す る直 接損害に限定 されます 。た だし、いか な る 場合であっても 、任意のオ ンライン サー ビスに関する 当事者の責任総額は、サ ブ ス ク リ プ ショ ン 期間中に当該オンライン サ ー ビスにつ い て支払 った 金額 を超えな いものと します 。無償 で提 供さ れた 本製 品に つい ては 、当 社の 責任は 5 ,000 米ド ルを上 限と す る直接損 害に限定さ れま す。

b. 除 外い ず れの 当 事 者 も、逸 失 収益または 間 接損害 、 特 別 損害、 付 随 的 損害、 派 生 的 損害、懲 罰的損害、逸失利益に よ る損害、事業の中断に よ る損害、 も しくは事業情報の喪失に よ る損害 につい て 、当該当事者がその可能性を認識し て いた ま たは合理的に予見可能 で あった場合で あ っ て も 、一 切責任を 負いま せん。

c. 制限 の 例外本 条の制 限は、 適用 され る法 令によ っ て認 められ る最大 範囲 を限 度と して 適用 され るものと しま す。ただ し、 (1) 第 5 条 に基 づく当 事者の 義務、 または (2) 他方当事 者の知的 財産 権を侵 害し た場合 には 適用され ませ ん。

7. 雑則

a. 通知 通知は 書 面で行う も のとし、当該住所で受領した日付、郵便配達証明に記載された日付、 電子メ ー ル の 送信日 、 ま た は宅配便も し くはフ ァ ク シ ミ リの 送 付確 認 書に記 載 さ れ た日付に 、交 付された ものとみ なしま す。当社へ の通 知は以下 の住 所宛て に 送付 す るものと しま す。

Microsoft Ireland Operations Limited

c/o Microsoft Operations Pte Ltd.

Dept. 551, Volume Licensing

438B Alexandra Road, #04-09/12, Block B

Alexandra Technopark

Singapore 119968

お客様への通知は、お客様がお客様のアカウント で通知送付先として指定した住所に送付され ます。当 社は お客 様 に 対し 、通 知お よ び その 他の 情報 を、 電子 メ ー ルそ の他 の電 子的 形式 で送 信 すること がで きま す。

b. ラ イセ ン ス の譲渡お よ び契約上の地 位 の譲 渡 お客 様 は 、 当 社 の 同 意 を 得 ず に 、 本 契 約 を 全部 で あれ 一部 であれ譲渡 す る こと はで きず 、また、 ラ イセ ンスを 譲渡 す る こと もで きま せ ん。

c. パ ート ナー 料 金 に 関す る 承 諾 お客 様は、 発注を行 う際 、お客様 のサブ スク リプ シ ョ ンに関連する 「指 名パー ト ナー」を指 定す る ことが で きる 場 合があります。 指 名 パー トナー を 直 接 指 定する こと により 、 ま たは 第三者 に 対 し て指 名 パ ート ナ ー を指定す る権限 を 付 与す ることに より 、お 客 様は、 当社が指名パ ートナー に 対して料金を 支払 うこと に同意 するもの としま す。 この料金は販売前サ ポートのた めの もので す が、販売後サ ポ ートの対価 を含む こと も あ りま す。料金 はお客様の発注 の 規 模 に 基 づい て 設 定 され 、 発 注 の規模 に 応 じ て増額 さ れ ます 。 オ ン ラ イン サー ビ ス に対 する 当社の 価格 は、指名パ ー ト ナーを指定 したか否か にかかわ らず 、同一で す。

d. 可分性 本契約のいず れ かの部 分 が執行不能と 判 断された 場 合でも 、そ の 他の部分は引 き 続き 完全 に効 力 を有しま す。

e. 権利放 棄本 契約のいずれ かの規定の履 行を強制しな か った場合で も、権利を放棄 した ものとは みな され ま せ ん。

f. 代 理関係 の 不 存 在 本 契 約 は 、代理 関 係 、 パ ー トナ ーシ ッ プ 、 ま た は 合弁事 業 を 形 成 す る も ので は ありませ ん。

g. 第三者 受益者 の不存 在本 契約 には第 三者の受益 者は 存在し ませ ん。

h. 準 拠法お よ び 裁 判地 本契 約 は日 本 法を 準 拠法 と します 。 本契 約 の強 制 履行 を 求 めて 提訴 する 場合は 、東京 地方裁 判所 に 提起しな けれ ばなり ませ ん 。上記 に かか わら ず、いず れの当 事者 も、 知的財産権 の 侵害に関 する 差止請求を 行 う場合には 、 適切な管轄 裁 判所におい て 行える もの としま す。

i. 完 全 合 意 本 契 約は、本 契約 に定める事 項 に関 す る完 全 合意で あ り 、 従前の ま た は 同時に行わ れたあ ら ゆ る 意思表 示 に優 先し ます。本 契約 に 記載さ れた文 書間で 抵触が 生じた 場合 で、 当該 文 書に 優 先順 位 が別 途 明示 的 に規 定 されていな い とき は 、か か る文 書 の規 定 は、 (1) 本マ イク ロソフト オ ン ライン サ ブス クリ プショ ン 契約、 (2) オ ン ライン サ ービス 条件、 (3) 適用 され るプ ラン 詳細 、 (4) 本契約 に記 載されたそ の他 の文書、 の順 で優先さ れ るものと しま す。

j. 規定の 存続第 1 条、第 2 条 c 項、第 2 条 e 項、第 4 条、第 5 条、第 6 条、第 7 条、お よび第 8 条の規 定は、本契 約の 解除ま たは満 了後 も有効 に 存続しま す。

k. 輸 出管 理 規制 本製品に は、 米国輸 出 管 理 規制が 適 用 さ れます。 お客 様は、 適 用 さ れるすべて の法令 (米 国 輸出管理規 則 、国際武器 取 引規則、なら び に米国およ び その他の 政 府機関によ るエンド ユ ー ザー、 エ ンド ユーザーに よ る使 用、 お よ び輸 出 対 象国 に関す る 規 制 を 含 み ます ) を遵 守し なければ なりま せ ん。

l. 不可抗力いずれ の当事 者 も、 各当事者の合 理的支配を越え た原因 に よ る債 務の不履 行 に つい て は 、一 切責 任 を 負わ な い ものと し ま す 。 こうし た 合 理 的支 配 を 越 えた原 因 と は、 火災 、 爆発、 停 電 、 地 震 、 洪 水 、 暴 風 雨 、 ス ト ラ イ キ、 禁 輸 措 置 、 労 働 争 議 、 政 府 ま た は 軍事機 関に よ る 行動、 戦争、テ ロリ ズム (サイバー テロリズムを含みま す )、 天災、イ ン タ ーネ ット 通信業 者の作為 また は不作為、規 制機関ま たは 政府機関の作 為または 不作為 (オンライン サー ビスの提供に影響 す る 法 規 制の 制 定ま た はそ の 他 の 政 府 の 行 為 を 含みます ) など をい い ます。 た だ し 、 本 契 約に 基 づくお 客様の支払 義務 に関し ては、 本項は適 用さ れませ ん。

m. 契約 締結 の権 限お客 様が 法人 に代わ って本契約の条 項 に同意 する個人で ある場 合、お客様は、 当該法人 に 代わ って本契 約を締結 する 法的権限を有 してい ること を 表明 するものとしま す。お客 様が法人を指定 す る場合 、 またはサ ブ ス ク リ プ ション の 購入 も しくは更新に関連して、お客様が 所属 してい る法人 (雇用 主な ど ) が提 供 する電子 メ ール アド レスを使用 する場 合、当該 法人 は、 本契約 にお いてサ ブス クリ プショ ンの 所有者と して扱 われま す。

n. 政府機関政 府機関は、承 認前 にマイ ク ロ ソフ トと協議す る必要が あ りま す。本契 約 に同意 するこ とに より、 お 客 様 は 、 適用さ れるす べ て の 法 令 および 政 府 の 調 達要件 を 遵守し て おり 、 今 後とも 引き続 き遵 守 することを 表明 すること にな りま す。

o. 供 給条件

(i) サプ ライヤー としての地位お 客様は、本 契約 に基づくすべての 本製 品のサプ ライ ヤ ーとし て、 日 本 マイ ク ロ ソフト株式 会 社を 任 命 しま す。お 客 様 は 日 本 マイ ク ロ ソフト株式 会 社の 製 品を 発注し、日本 マイク ロソフト 株式会社に対す るす べての金額の支払い に同意す るものとしま す。本契約 の 条件は各 発 注に適用さ れ ま す。日本マ イ クロソフト株式会社には 、 本契 約を 締結 し た マ イ クロ ソ フ ト法人を代 理 す る 権限また は かかる マ イ ク ロ ソフ ト 法人に 何 らか の義 務 もし くは 責任を課 す 権限は ありませ ん。

(ii) 不払い お客 様 が期限までに日本マイ ク ロ ソフ ト株式 会 社に対して支払を行わな かっ た場合、 本契約 に対 する重大な違 反とみなさ れ ます。当社が 解除事由 に基 づき本契約を 解除した場 合、日本マイ クロソ フト株 式会社 に対 す る すべての支 払金額が直 ち に支払われ るものとしま す。

8. 定義

本契約 にお いては 、「 日」 は暦日を 表し ます。

「利 用規 定」 は、オ ン ライン サ ービス 条件 に規定 する とお りとしま す。

「 関 連機関」ま た は「関 連 会社 」 とは 、 当事 者 が所 有 する か 、当 事 者を 所 有する か 、ま た は当 事 者 と 共通 の所 有 下 に ある法人 を 意味します。 本 定義において 「 所有」 と は、直 接 的ま た は間接的 に 法人の 5 0% 超 の 持分 を支配 する ことを 意味し ます。

「定額課金プ ラン」、「従量課金 プラン」 、お よび「限 定 プラン」とは 、サ ブス クリ プ ション プ ラ ン のカ テゴリを意味 し、第 2 条 に定義 する と おりと しま す。

「顧客 デー タ 」とは、 オ ンライン サ ービス 条件 に定義 す ると おりと しま す。

「 カス タマー ソリュ ー ショ ン」とは、 オ ンライン サ ービス 条件 に定義 す ると おりと しま す。

「 エ ンド ユ ー ザ ー 」とは 、オ ン ラ イン サ ー ビスでホ ス トさ れ る 顧客 デー タへ のア クセ ス もし くはその 他の 方 法に よるオンラ イン サ ー ビス の 使用を お 客 様 が許可 す る 個 人、ま た は カ ス タ マー ソ リュ ー ション のユー ザ ー を意 味しま す。

「マ ネージ サ ービス ソリ ューショ ン」 とは、お客 様が 第三者 に提供 す るマ ネージ I T サ ービス を 意味し、 Microsoft Azure サ ービス の管理お よび サ ポートで構 成されま す。

「 Microsoft Azure サ ー ビス 」とは、 オ ンライン サ ービス 条件 に定義 す ると おりと しま す。

「 マイ クロソ フ ト以外の 製品」と は、オ ンライン サ ービス条件 に定義 す ると おりと し ます。

「プ ラ ン 詳細」と は 、 ポー タ ル に掲示され る 、 サブ スク リプシ ョン プ ラ ン に適用 さ れ る 価格お よび 関 連 する条件 を意 味しま す。

「オン ラ イン サー ビス」 とは 、本契約 に基 づきお 客様が サブ スク リ プ ションを取得す る、当社が ホストす る任意 のサ ービスを意味 しま す。

「 オ ン ラ イ ン      サ ー ビ ス 条 件 」 と は 、 https://www.microsoft.com/en-us/Licensing/product-licensing/products.aspx https://www.microsoft.com/en-us/Licensing/product-licensing/products.aspx に掲示され る 、お客様に よ る本製品の 使 用に適用さ れ る条件を意 味 します。本契 約の 条 件 に加 え 、 オン ラ イ ン サ ー ビス 条 件に 規 定 され て い る使 用条 件が 、 お 客様 による 本 製 品 の使 用 に対 して 適用さ れま す。

「 プレビュ ー」 とは、当 社が お客様の ご意 見を収集 する ため に提供 す る、オ ン ライン サ ービス ま たは本 ソフトウ ェアの プレ ビ ュー版、ベ ー タ版、 または その他の プ レ リリ ース 版ま たは機能 を意 味しま す。

「 ポータル」 とは https://products.office.com/en-us/homehttps://azure.microsoft.com/en-us/pricing/ 、また は当社 が指 定 する代替 W eb サイ トにあ る、オ ン ライン サ ービス のそれ ぞれの We b サイ トを 意味しま す。 「本 製品 」と は、オ ン ライン サ ービス (本 ソフトウェア を含む ) を意 味しま す。

「 SL A 」 とは、 https://aka.ms/cslahttps://azure.microsoft.com/en-us/support/legal/sla/ 、また は 当社 が指 定 する代替 サ イトに掲示さ れ る、当社 がオ ンライン サ ー ビスの 提供 および実施 に 関して 確約 す るサ ービス レベ ル契約 を意 味しま す。

「本ソフ ト ウ ェ ア」とは、お客様のサブ スクリプ ションの 一 部としてお客様のデ バイスにインスト ールす るため に、 または一定の 機能を有効 にす ることを目的として当該 オンライン サー ビスと共に使用す るために、当社が提 供 するマイ クロソフト ソフト ウェアを 意味しま す。

「サ ブ ス ク リ プ ショ ン 」 と は 、 ポー タ ル に定 め る 一 定のサ ブ ス ク リ プ シ ョ ン 期 間に ついて の オ ン ライン サー ビス の加入契約を意味しま す。お客様は、複数のサ ブス クリ プショ ンを購入 することができま す。 これ らのサ ブスク リ プショ ン は個別 に管 理さ れ る場合が あ り、別途 の マイクロソフト オ ンライン サ ブ スクリ プショ ン 契約の条件が 適用さ れま す。

「サ ブス クリ プショ ン期 間」 とは、サ ブス ク リプショ ンの 継続期間 を意 味します (30 日間ま たは 12 か月 間な ど )。