ナビゲーションをスキップする

Azure Database for MySQL の価格

フル マネージドでスケーラブルな MySQL Database

Azure Database for MySQL は、高可用性などの機能が追加料金なしで組み込まれたアプリ開発/デプロイ用のフル マネージド データベース サービスです。

価格オプションの詳細

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりに過ぎず、実際の価格設定としては意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、通貨換算レートによって異なる場合があります。料金は米ドルに基づいて計算され、毎月 1 日に更新される Thomson Reuters ベンチマーク レートを使用して変換されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft での現在のプログラム/プランに基づく価格を確認してください。価格の詳細については、Azure 営業担当者に問い合わせるか、価格設定を要求してください。Azure の価格については、よく寄せられる質問を参照してください。

フレキシブル サーバーは、簡略化された開発者エクスペリエンスでデータベースを最大限に制御でき、以下が要求されるワークロードに最適です:

  • データベース最適化のためのカスタム メンテナンス期間と追加の構成パラメーター
  • 最大 99.99% の SLA を持つゾーン冗長高可用性および同一ゾーン高可用性
  • コスト最適化のための開始/停止機能とバースト可能な SKU
  • データイン レプリケーションによるハイブリッド データ同期
  • オフラインとオンラインの移行サポート

Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーの詳細情報はこちら

バースト可能

柔軟なコンピューティング要件のワークロード。

バースト可能コンピューティング

インスタンス 仮想コア数 メモリ 従量課金制
B1s 1 1 GiB $-
B1ms 1 2 GiB $-
B2s 2 4 GiB $-
B2ms 2 8 GiB $-
B4ms 4 16 GiB $-
B8ms 8 32 GiB $-
B12ms 12 48 GiB $-
B16ms 16 64 GiB $-
B20ms 20 80 GiB $-

ストレージ

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは 16 TB までプロビジョニングでき、1 GB のストレージあたり 3 IOPS が含まれています。

料金
GB/月 $-

追加 IOPS

IOPS をスケーリングして IO 集中型操作のパフォーマンスを最適化できます。サーバーあたり 1000 IOPS が無料でプロビジョニングされ、追加で使用した IOPS に基づき、分単位で切り上げられた金額が請求されます。詳細については「追加 IOPS」でご確認ください。

料金
IOPS/月 $-

バックアップ ストレージ

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

利用できません 料金 メモ
GB/月 $- GRS はレプリカを作成するため、2 倍のストレージ容量が必要です。バックアップ ストレージを geo 冗長 (GRS) に構成している場合、価格はこの 2 倍になります。1 GB あたりの価格は変わりません。

汎用

バランスのとれたコンピューティングおよびメモリとスケーラブルな I/O スループットが必要なほとんどのビジネス ワークロード

汎用コンピューティング

インスタンス 仮想コア数 メモリ 従量課金制 1 年予約 3 年予約
D2 v4 2 8 GiB $- $-
$-
D4 v4 4 16 GiB $- $-
$-
D8 v4 8 32 GiB $- $-
$-
D16 v4 16 64 GiB $- $-
$-
D32 v4 32 128 GiB $- $-
$-
D48 v4 48 192 GiB $- $-
$-
D64 v4 64 256 GiB $- $-
$-

ストレージ

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは 16 TB までプロビジョニングでき、1 GB のストレージあたり 3 IOPS が含まれています。

料金
GB/月 $-

追加 IOPS

IOPS をスケーリングして IO 集中型操作のパフォーマンスを最適化できます。サーバーあたり 1000 IOPS が無料でプロビジョニングされ、追加で使用した IOPS に基づき、分単位で切り上げられた金額が請求されます。詳細については「追加 IOPS」でご確認ください。

料金
IOPS/月 $-

バックアップ ストレージ

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

利用できません 料金 メモ
GB/月 $- GRS はレプリカを作成するため、2 倍のストレージ容量が必要です。バックアップ ストレージを geo 冗長 (GRS) に構成している場合、価格はこの 2 倍になります。1 GB あたりの価格は変わりません。

読み取りレプリカ

読み取りレプリカを利用すると、読み取り負荷の高いワークロードにおいて、単一の Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーの容量を超えてスケールアウトすることができます。読み取りレプリカごとに、仮想コアおよびストレージのプロビジョニング済みコンピューティング (GB/月) に対して課金されます。

Business Critical

トランザクション処理時間の短縮とコンカレンシーの向上のためにインメモリ パフォーマンスが必要な高パフォーマンス データベース ワークロード

Business Critical コンピューティング

インスタンス 仮想コア数 メモリ 従量課金制 1 年予約 3 年予約
E2 v4 2 16 GiB $- $-
$-
E4 v4 4 32 GiB $- $-
$-
E8 v4 8 64 GiB $- $-
$-
E16 v4 16 128 GiB $- $-
$-
E32 v4 32 256 GiB $- $-
$-
E48 v4 48 384 GiB $- $-
$-
E64 v4 64 504 GiB $- $-
$-
E80v4 80 504 GiB $- $-
$-

ストレージ

サーバー用にプロビジョニングしたストレージに対して課金されます。ストレージは 16 TB までプロビジョニングでき、1 GB のストレージあたり 3 IOPS が含まれています。

料金
GB/月 $-

追加 IOPS

IOPS をスケーリングして IO 集中型操作のパフォーマンスを最適化できます。サーバーあたり 1000 IOPS が無料でプロビジョニングされ、追加で使用した IOPS に基づき、分単位で切り上げられた金額が請求されます。詳細については「追加 IOPS」でご確認ください。

料金
IOPS/月 $-

バックアップ ストレージ

バックアップ ストレージは、サーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、プロビジョニングされたサーバー ストレージ合計の 100% まで追加料金がかかりません。100% を超えるバックアップ ストレージの使用については、月あたりの GB 数で請求されます。

利用できません 料金 メモ
GB/月 $- GRS はレプリカを作成するため、2 倍のストレージ容量が必要です。バックアップ ストレージを geo 冗長 (GRS) に構成している場合、価格はこの 2 倍になります。1 GB あたりの価格は変わりません。

読み取りレプリカ

読み取りレプリカを利用すると、読み取り負荷の高いワークロードにおいて、単一の Azure Database for MySQL フレキシブル サーバーの容量を超えてスケールアウトすることができます。読み取りレプリカごとに、仮想コアおよびストレージのプロビジョニング済みコンピューティング (GB/月) に対して課金されます。

総保有コストを削減するためのユニークな機能

柔軟で明瞭な価格設定

コンピューティングとストレージを、ワークロードに基づいて独立してスケーリングできます。使用した分だけお支払い。

コストの最適化

従量課金制オプションと比較して、予約容量では最大 60% を節約できます。バースト可能インスタンスと停止/開始機能で総保有コストを削減することができます。データベースが停止しているときには、ストレージへの支払いのみが発生します。

デプロイ オプションの選択

データベース管理とカスタマイズに関するニーズを満たすデプロイ オプション。単一サーバーやフレキシブル サーバーなどのデプロイ オプションが用意されています。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解し、コストの最適化について確認し、カスタムの提案を依頼できます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

Azure Database for MySQL の詳細

Azure Database for MySQL の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

この製品のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の Azure Database for MySQL のリソースをご確認ください。

  • フレキシブル サーバーは、予測可能な時間単位の料金で課金されます。プロビジョニングするコンピューティングとストレージ、および消費するバックアップ ストレージに対して課金されます。お客様の請求書には、コンピューティング、ストレージ、およびバックアップ ストレージについて個別の行項目が表示されます。コンピューティングは、仮想コア時間単位で課金されます。ストレージおよびバックアップ ストレージは、GB/月単位で課金されます。
  • 作成した読み取りレプリカごとに、仮想コアにプロビジョニングされたコンピューティングと、レプリカがプロビジョニングされているリージョン内のプロビジョニング済みストレージ (GB/月) に対して課金されます。
  • HA で有効になっているサーバーには、プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカがあります。セカンダリ レプリカは、同じゾーンまたはゾーン冗長にできます。プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカの両方について、プロビジョニングされたコンピューティングとストレージに対して課金されます。たとえば、4 個の仮想コアのコンピューティングと 512 GB のプロビジョニング済みストレージを持つプライマリがある場合、セカンダリ レプリカには 4 つの仮想コアと 512 GB のプロビジョニング済みストレージも含まれます。ゾーン冗長 HA サーバーは、8 個の仮想コアと 1,024 GB のストレージに対して課金されます。サーバーで構成された IOP に加えて、ノードごとにさらに 36 個の IOP が追加および予約されるため、HA 対応サーバーの Azure リージョンに基づいて、1 か月あたり 72 個の IOP の追加料金が適用されます。バックアップ ストレージのボリュームによっては、バックアップ ストレージの料金が発生する場合もあります。
  • バックアップ ストレージは、データやログのバックアップなど、お使いのサーバーの自動バックアップに関連付けられたストレージです。バックアップ保有期間を長くすると、サーバーで使用されるバックアップ ストレージが増えます。バックアップ ストレージは、お使いのプライマリ サーバーにプロビジョニングされたストレージ合計の最大 100% まで追加料金がかかりません。追加のバックアップ ストレージの使用量については、GB/月で請求されます。たとえば、お使いのプライマリ サーバーのストレージ サイズが 512 GB の場合、追加コストなしで 512 GB のバックアップを取得できます。ただし、バックアップが 612 GB の場合は、増分の 100 GB に対してお支払いが発生します。
  • その 1 時間にずっとサーバーがアクティブであったかどうかにかかわらず、お使いのサーバーが存在した 1 時間に対して課金されます。データベースをスケールアップした場合は、1 時間以内に使用した仮想コア数の多い方に対して課金されます。2 つのコンピューティング レベルを切り替えた場合は、料金の高い方のコンピューティング レベルに対して課金されます。

    例えば次が挙げられます。

    • サーバーを作成し、それを 5 分後に削除した場合、プロビジョニング済みコンピューティングとストレージに対し、1 時間として課金されます。
    • 8 個の仮想コアの汎用コンピューティングでサーバーを作成し、その後すぐに 16 個の仮想コアの汎用コンピューティングにスケールアップした場合、最初の 1 時間は 16 個の仮想コアの汎用コンピューティングに対して課金されます。
    • 8 個の仮想コアの汎用コンピューティングでサーバーを作成し、すぐに 8 個の仮想コアのメモリ最適化コンピューティングにアップグレードした場合、最初の 1 時間は 8 個の仮想コアのメモリ最適化コンピューティングに対して課金されます。
  • サーバーが停止している間は、プロビジョニングされているストレージと、プライマリにプロビジョニングされているストレージ ボリュームの 100% を超えて消費されたバックアップ ストレージに対してのみ課金されます。サーバーが停止している間は、コンピューティングに対して課金されることはありません。
  • はい。Standard ネットワークでは、ネットワーク エグレスの料金が適用されます。詳細については、こちらをご覧ください。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?