メイン コンテンツにスキップ

Azure App Service on Linux – 従来の価格

強力なマネージド プラットフォームを使用して、Web アプリを迅速にビルドおよびデプロイし、グローバルにスケーリングします

Azure App Service は、Web アプリケーションと API アプリケーション用に最適化されたマネージドのサービスとしてのプラットフォームです。Free、Basic、Premium、Isolated Environment の各プランが利用でき、クラウド上で Web アプリを迅速に移行し、最新化し、構築するためのコスト効率の高い方法です。このページは、従来のプランの料金をお探しの既存のお客様を対象としています。

価格オプションの詳細

  • 従量課金制

    長期契約や前払いが不要でコンピューティング容量の分だけお支払い。オンデマンドで使用量を増減できます。

  • コンピューティング用の Azure 節約プラン

    1 年間または 3 年間にわたって時間あたりの固定の使用量をコミットすることで、一部のコンピューティング サービスのコストを全体的に節約し、時間あたりのコミットメントに達するまで低価格での利用が可能になります。動的なワークロード向けであり、計画的または計画外の変更に対応できます。

  • 予約

    予約の購入により、Azure サービスの割引が受けられます。これはサービスの特定のインスタンスを 1 年間または 3 年間使用する契約です。

フィルターを適用して、価格オプションをお客様のニーズに合わせてカスタマイズします。

価格は見積もりのみで、実際の価格見積もりとして意図されていません。実際の価格は、Microsoft との契約の種類、購入日、為替レートによって異なる場合があります。価格は米ドルに基づいて計算され、前月の最後の営業日前の 2 営業日に捕捉されたロンドン市場の引け値レートを使用して変換されます。月末までの 2 営業日が主要市場の銀行休日に該当する場合、通常、レート設定日は 2 営業日の直前の日です。このレートは、今後 1 か月間のすべてのトランザクションに適用されます。Azure 料金計算ツールにサインインして、Microsoft の現在のプログラムまたはオファーに基づく価格を確認します。価格の詳細については、Azure 営業担当者にお問い合わせいただくか、価格見積もりを要求してください。Azure の価格についてはよく寄せられる質問を参照してください。

App Service の料金プラン

このページは、従来の料金プランをお探しの既存のお客様を対象としています。運用ワークロードには、最新の App Service Premium プランと App Service Environment プランを使用することを強くお勧めします。Free、Shared、開発とテストなどの幅広いプランがあり、趣味の使用、試用版、テストの各要件にも対応できます。最新世代の Azure App Service プランの価格表を確認するには、メインの料金ページをご覧ください。

Standard サービス プラン

Standard サービス プランは、負荷の少ない運用ワークロードを実行するために引き続き使用できます。価格は、実行するインスタンスのサイズと数に基づいています。コストを節約し、パフォーマンスを向上させるために、最新の App Service Premium プランを使用することを強くお勧めします。最新世代の App Service Premium プランの価格表を確認するには、ここをクリックしてください

Standard サービス プラン コア数 RAM ストレージ 従量課金制
S1 1 1.75 GB 50 GB $-
S2 2 3.50 GB 50 GB $-
S3 4 7 GB 50 GB $-

Premium v2 サービス プラン

Premium プランの第 1 世代と第 2 世代は、既存のお客様のスケーリングのニーズに引き続きご利用いただけます。ただし、Premium V3 価格レベルでは、プロセッサ、SSD ストレージ、メモリ最適化オプションが高速になり、既存の価格レベルのメモリ対コア比率が 4 倍になります。Premium V3 のパフォーマンス上の利点により、より少ないインスタンスでアプリを実行することによりコストを節約できます。最新世代の App Service Premium プランの価格表を確認するには、ここをクリックしてください

Premium v2 サービス プラン コア数 RAM ストレージ 従量課金制
P1v2 1 3.50 GB 250 GB $-
P2v2 2 7 GB 250 GB $-
P3v2 4 14 GB 250 GB $-

Isolated v1 サービス プラン

Isolated v1 サービス プランや Premium プランなどの旧世代の App Service Environment は、2024 年 8 月 31 日に廃止されます。サービスの中断を避けるため、期限までに App Service Environment v3 にアップグレードするためのガイダンスに関する製品ドキュメントを参照してください。最新世代の App Service Environment プランの価格表を確認するには、ここをクリックしてください

Isolated プランで使用される非公開の環境は、App Service Environment v2 と呼ばれます。Isolated v1 プランのインスタンスあたりの料金に加え、$-/時間(~ $-/月) の各 App Service Environment に対して一律のスタンプ料金がかかります。Isolated v2 サービス プランを使用する最新世代の App Service Environment には、スタンプ料金は適用されません。

Isolated サービス プラン コア数 RAM ストレージ 従量課金制
I1 1 3.50 GB 1 TB $-
I2 2 7 GB 1 TB $-
I3 4 14 GB 1 TB $-

Isolated プランのインスタンスごとの料金に加えて、App Service Environment ごとの $-/時間(~ $-/月) の固定料金もあります。 3 年の予約インスタンスを購入することで、関連する固定料金の 40% を節約できるようになりました。

最大限のコスト パフォーマンスを得るためには、可能な限り最新プランを使用することを推奨します。

Azure の価格および購入オプション

Microsoft と直接つながる

Azure の価格のチュートリアルをご覧ください。お客様のクラウド ソリューションの価格について理解したり、コストの最適化について確認したり、カスタム提案を要求したりすることができます。

営業担当者に問い合わせる

購入方法を見る

Azure の Web サイト、Microsoft の担当者、または Azure パートナーを通じて、Azure サービスをご購入ください。

お客様のオプションを調べる

その他の資料

App Service

App Service の特徴と機能についての詳細情報

料金計算ツール

Azure 製品の任意の組み合わせを使用する場合の推定の月間コストを見積もります。

SLA

App Service のサービス レベル アグリーメントをご確認ください。

ドキュメント

技術チュートリアル、ビデオ、その他の App Service のリソースをご確認ください。

  • はい。リストされている料金は停止状態のアプリにも適用されます。課金が発生しないようにするには、使用していない アプリを削除するか、レベルを Free に更新してください。

  • はい。App Service (azurewebsites.net ドメインを使用) は、azurewebsites.net ドメイン内の URL については、追加料金なしで SSL 接続を提供しています。Websites には、https://{mysite}.azurewebsites.net を使用して安全にアクセスしてください。

  • いいえ。カスタム ドメインへの SSL 接続では、アプリ/Web サイトに使用する独自の SSL 証明書を追加することができます。自己署名された証明書、およびサードパーティ機関による証明書の両方がサポートされます。

  • はい。ただし、各証明書の SSL 接続は個別に課金されます。さらに、1 つの SSL 証明書で複数のドメインを保護できる SAN/UC 証明書もサポートされています。

  • App Service プランでは、20 MB の無料の SQL データベースに12 か月間アクセスできます。12 か月が経過した後は、この無料の SQL データベースは有料の SQL 基本サブスクリプションに変換されます。12 か月が経過した後に App Service で SQL を使用しないことを選択する場合は、有料の基本サブスクリプションへの移行は不要です。

  • Free レベルを除き、App Service プランでは、使用するコンピューティング リソースに対して課金されます。Shared レベルでは、各アプリが CPU の分単位のクォータを受け取るので、各アプリの CPU クォータに対して課金されます。専用コンピューティング レベル (Basic、Standard、Premium、PremiumV2、PremiumV3) を使用すると、App Service プランによって、アプリがスケーリングされる VM インスタンスの数が定義されるので、App Service プラン内の各 VM インスタンスに対して課金されます。これらの VM インスタンスには、実行されているアプリの数にかかわらず同じ料金が課金されます。予期しない課金を避けるには、App Service プランのクリーンアップに関するページをご覧ください。Isolated レベルでは、App Service Environment によって、アプリを実行する分離された worker の数が定義されるので、各 worker に対して課金されます。さらに、App Service Environment 自体の実行に対して、定額のスタンプ料金があります。

Azure の価格の説明については、営業担当者にお問い合わせください。クラウド ソリューションの価格を把握できます。

無料のクラウド サービスと、30 日間 Azure を検証できる $200 のクレジットを利用できます。

見積に追加されました。 計算ツールで表示するには 'v' を押してください
どのようなご用件ですか?