Azure App Configuration でアプリケーション構成の管理を容易にする

2019年5月29日 に投稿済み

Principal Program Manager, Azure Developer Experience

Azure App Configuration のパブリック プレビューを発表します。この新しいサービスは、開発者と IT 向けにアプリケーション構成および機能フライティングの管理を容易にすることを目的としています。App Configuration では、ユーザーがすべてのアプリケーション設定と機能フラグ (機能トグル) を保存するための一元的な場所を Microsoft Azure で提供し、ユーザーのアクセスを制御し、必要に応じて構成データを提供します。

分散アプリケーション全体でトラブルシューティングが困難なエラーを排除する

あらゆる業界の企業が、顧客により良いサービスを提供し、緊密な関係を培い、競合他社により迅速に対応するために、デジタル組織へ変貌しつつあります。顧客が所有するアプリケーションの数は急激に増加しています。最新のアプリケーション、特にクラウドで実行されるアプリケーションは、通常複数のコンポーネントで構成され、分散されているという性質を持ちます。多くの場合、これらのコンポーネント全体に構成データを分散させることで、トラブルシューティングが難しいエラーが運用環境で発生する原因となります。企業のアプリケーション ポートフォリオが大規模である場合、こうした問題は急速に増大します。

App Configuration を使用すると、アプリケーション設定をまとめて保持できるため、以下のことが可能になります。

  • すべての構成データの単一の統合ビューが提供される。
  • 設定の変更、値の比較、ロールバックの実行が容易になる。
  • アプリケーションにこれらの設定を提供するための多数のオプションが提供される。これには、コンピューティング サービス (App Service など) への直接挿入、CI/CD パイプラインへの組み込み、またはコード内でのオンデマンドの取得が含まれます。

App Configuration により、構成データへの制御を保持し、確実に処理できます。

機能フラグを使用してリリースを高速化する

App Configuration で提供するコア ソリューションの 1 つに機能管理があります。従来は、新しいアプリケーション機能をリリースする前に、一連のテストを実施する必要がありました。これにより、通常は開発サイクルが長くなります。機能フラグを使用した機能管理など、最近のソフトウェア エンジニアリング手法においては、アプリケーションの安定性を保ちながら運用環境で実際のテストを可能にすることによって、サイクルを短縮します。機能管理は、特にクラウド向けのアプリケーションの構築時に、開発者が直面する多くの課題を解決します。

App Configuration は機能管理の組み込みサポートを提供します。これを活用して、デプロイしたアプリケーションでの機能の可用性をリモートから制御できます。REST API を介してどのプログラミング言語でも使用できますが、.NET Core および ASP.NET Core ライブラリでは、そのまま使用できる完全なエンドツーエンド ソリューションが提供されます。

すぐに始める

App Configuration は、アプリケーション設定と機能フラグを処理するための完全なターンキー ソリューションを提供します。簡単に使用を開始できます。詳細については、「Azure App Configuration (プレビュー) のドキュメント」でご確認いただけます。 ぜひこのサービスをお試しいただき、ご意見をお寄せください。