次世代の Azure VMware Solution のプレビューを発表

2020年5月4日 に投稿済み

Commercial Chief Marketing Officer, Microsoft

本日、Microsoft は次世代の Azure VMware Solution のプレビューを発表いたします。このサービスは Microsoft によって設計、構築、サポートされており、VMware 社によって承認されています。

今日の経済環境の下で、多くの組織が直面している課題は、ビジネスの安定性、継続性、回復性を実現できる迅速でコスト効率の高いソリューションを見つけ出すことです。新しい Azure VMware Solution を使用すると、既存のオンプレミス VMware アプリケーションをシームレスに Azure に拡張したり、完全に Azure に移行したりできます。コストや労力をかけ、リスクを負ってアプリケーションの再構築や運用の再編成を行う必要ありません。これにより、クラウドの効率性が手に入り、セキュリティやデータ、人工知能などの Azure サービスと、統合された管理機能を利用して、独自のペースでイノベーションを実現できるようになります。また、Azure ハイブリッド特典を活用すると、Azure VMware で実行されている Windows Server と SQL Server のワークロードのコストを節約できます。

Microsoft ファースト パーティ サービス

新しい Azure VMware Solution は、Microsoft のファースト パーティ サービスです。自社が直接所有して運用およびサポートする新しいサービスを開始することで、Microsoft は優れた品質と信頼性、Azure イノベーションへの直接アクセスを確保し、お客様のあらゆるニーズに応える単一窓口を提供できます。本日の発表と VMware 社との継続的なコラボレーションにより、新しい Azure VMware Solution は、お客様が将来成功するための基盤となります。

VMware 社の最高執行責任者である Sanjay Poonen 氏は次のように述べています。「VMware と Microsoft 社は長年にわたってパートナーシップを築いており、お客様をサポートしてきた実績を共有しています。今や、両社が協力してお客様のビジネスの安定性と効率性を追求することが、これまで以上に重要になっています。新しい Azure VMware Solution では、お客様は自社のプライベート データ センターで使用するのと同じ VMware 基盤を Azure で使用できるようになります。一貫性のある運用モデルによって、ビジネスの機敏性と回復性を高め、コストを削減し、あらゆる種類のアプリケーションでネイティブの開発者エクスペリエンスを実現できます」

Microsoft のエグゼクティブ バイス プレジデントである Jason Zander も、この見解に同意しています。「新しい Azure VMware Solution は、Microsoft と VMware 社にとってのすばらしいマイルストーンであり、クラウドへの移行を進めているお客様のあらゆる状況に対応できます。Azure VMware Solution は、私たちがお客様の幅広いワークロードをサポートするために Azure サービスの設計に取り組んでいる好例だと言えます。VMware 社のチームとの緊密なコラボレーションを通じて、オンプレミスで VMware を実行しているお客様は、Azure の信頼性の高いインフラストラクチャからすぐにメリットを得られるようになりました」

この新しいソリューションは Azure 上に構築されているため、Microsoft のグローバル インフラストラクチャのスピードや拡張性、高可用性が備わっています。完全な VMware Cloud Foundation 環境を Azure 上にプロビジョニングし、ビジネス ニーズの変化に合わせてコンピューティングとストレージを柔軟に利用できます。Azure VMware Solution は VMware Cloud Verified の認定を取得しているので、お客様は VMware ワークロードで、一貫性、パフォーマンス、相互運用性を備えた VMware の機能セット全体を安心して使用できます。

VMware のテクノロジとエクスペリエンスへのアクセス

Azure VMware Solution を使用すると、VMware のスキルやツールへの既存の投資を活用できます。お客様は VMware vSphere、HCX、NSX-T、vSAN などの使い慣れた VMware テクノロジを使用して、クラウドへの移行を加速しつつ、運用上の一貫性を維持できます。また、新しい Azure VMware Solution には VMware HCX Enterprise を追加するオプションが用意されており、バルク ライブ マイグレーションのサポートなどによって、Azure への移行作業をさらに簡素化できます。HCX を使用すると、オンプレミスで旧バージョンの vSphere を実行しているお客様は、Azure VMware Solution で実行されている新しいバージョンの vSphere にシームレスに移行することもできます。

シームレスな Azure 統合

Azure VMware Solution は、Azure の管理機能、セキュリティ、サービスと統合されているので、お客様はクラウド コンピテンシーの構築と環境のモダナイズを進めることができます。また、使い慣れたネイティブの VMware ツールと管理エクスペリエンスを引き続き使用し、必要に応じて Azure の機能を段階的に活用していくことができます。

お客様が置かれたさまざまな状況に対処するために、Microsoft はハイブリッド管理シナリオのサポートと、そのプロセスを効率化できるオートメーションに大きな投資を続けています。Azure VMware Solution に関連した将来のハイブリッド機能の詳細については、近日中に公開いたします。

Microsoft ワークロード向けの Azure ハイブリッド特典価格を活用する

Azure は Azure VMware Solution で実行されている Microsoft ワークロードに最適なクラウドであり、Windows Server と SQL Server 向けに圧倒的な低価格の特典が用意されています。Azure ハイブリッド特典は Azure VMware Solution に適用されるので、ソフトウェア アシュアランスをご利用のお客様は、Azure への移行または拡張を行う際に既存のオンプレミス Windows Server および SQL Server ライセンスへの投資を最大限に活用できます。また、Azure VMware Solution のお客様は、2008 バージョンの Windows Server および SQL Server で 3 年間無料の拡張セキュリティ更新プログラムを利用できます。Azure でこのような特別価格の特典を組み合わせて使用すると、お客様は自社の VMware 環境全体にコスト効率の高い方法でクラウドを簡単に導入できます。

さらに、Azure VMware Solution のお客様は、一般提供されている予約インスタンスを使用できます。このインスタンスでは専用ホストで 1 年間または 3 年間の期間を選択できます。

グローバルな可用性と拡張性

Azure VMware Solution のプレビューは、当初は米国東部と西ヨーロッパの Azure リージョンで使用できます。新しい Azure VMware Solution は 2020 年の後半に一般提供される予定で、その時点では、さらに多くのリージョンで使用できるようになります。Azure VMware Solution のリージョンごとの提供状況のプランは、発表され次第、ここで確認できます

Azure VMware Solution のプレビューへの参加を登録するには、お客様の Microsoft アカウント担当者またはMicrosoft のセールス チームにお問い合わせください。

Azure VMware Solution の詳細については、Azure の Web サイトをご覧ください。