Azure Dedicated Host の導入

8月 1, 2019 に投稿済み

Principal Program Manager, Azure Compute

このたび、Azure Dedicated Host のプレビュー版を発表しました。シングルテナント物理サーバー上で組織の Linux と Windows 仮想マシンを実行できる新しい Azure サービスです。Azure Dedicated Host を使用すると、企業のコンプライアンス要件と規制要件に対応するための可視性と制御が得られます。Azure ハイブリッド特典を Azure Dedicated Host に拡張しています。これにより、お客様はソフトウェア アシュアランス付きのオンプレミスの Windows Server/SQL Server ライセンス、または条件を満たすサブスクリプション ライセンスを使用することで、コストを削減できます。Azure Dedicated Host は、本日から大半の Azure リージョンでプレビューが開始されます。

専用ホストを作成する

Azure portal を使用して、Azure Dedicated Host、ホスト グループ (ホストの集合) を作成し、仮想マシン(VM) の作成プロセス中に Azure Virtual Machines をホストに割り当てることができます。 

可視性と制御

Azure Dedicated Host を使用すると、物理的なセキュリティ、データ整合性、監視に関する組織のコンプライアンス要件への対応が容易になります。これを実現するために、Azure VM を特定の専用物理サーバーに配置する機能が用意されています。このオファリングは、ホスト レベルの分離を必要とする IT 組織のニーズにも対応しています。

Azure Dedicated Host は、Azure Virtual Machines を実行しているサーバー インフラストラクチャを可視化します。それらにより、以下に対する制御が向上します。

  • 基盤となるハードウェア インフラストラクチャ (ホストの種類)
  • プロセッサのブランド、機能、その他 
  • コアの数
  • デプロイ対象の Azure Virtual Machines の種類とサイズ

特定のホスト上の同じ仮想マシン シリーズ内であれば、異なる Azure Virtual Machines のサイズを組み合わせて一致させることができます。

Azure Dedicated Host を使用すると、Azure が開始するすべてのホスト レベルのプラットフォーム メンテナンス (ホスト OS の更新など) を制御できます。Azure Dedicated Host では、ホストのメンテナンス操作を延期し、定義されたメンテナンス期間の 35 日以内に適用するように選択できます。このセルフメンテナンス期間中は、お客様の都合に応じてホストにメンテナンスを適用できます。そのため、メンテナンス プロセスの順序と速度を完全に制御できます。

ライセンス コストの削減

現在、Azure Dedicated Host 上の Windows Server と SQL Server に Azure ハイブリッド特典が適用されているため、Microsoft のワークロードに対する最もコスト効率に優れた専用クラウド サービスとなっています。

  • Azure ハイブリッド特典では、ソフトウェア アシュアランス付きの既存の Windows Server/SQL Server ライセンス、または条件を満たすサブスクリプション ライセンスを使用して、Azure サービスの支払いに割引料金を適用できます。詳しくは、「Azure Hybrid Benefit についてのよくあるご質問」をご覧ください。
  • また、Azure Dedicated Host で Windows Server と SQL Server の無制限の仮想化を利用できるように、Azure ハイブリッド特典を拡張しています。Windows Server Datacenter のライセンスとソフトウェア アシュアランスをお持ちのお客様は、Azure Dedicated Host で無制限の仮想化権利を行使できます。言い換えれば、基盤となるサーバーの物理容量だけを考慮して、Windows Server 仮想マシンをいくつでもホストにデプロイできます。同様に、SQL Server Enterprise Edition のライセンスとソフトウェア アシュアランスをお持ちのお客様は、Azure Dedicated Host で SQL Server の無制限の仮想化権利を行使できます。
  • お客様は、他の Azure サービスと同様に、Azure Dedicated Host で Windows Server 2008/R2 と SQL Server 2008/R2 の延長セキュリティ更新プログラムを無料でご利用いただけます。SQL Server と Windows Server 2008 のサポート終了に備える方法をご確認ください。

Azure Dedicated Host では、SUSE や RedHat Linux など、他の既存のソフトウェア ライセンスを使用できます。ライセンス条項の詳細については、該当のベンダーにお問い合わせください。

Azure Dedicated Host の導入において、Microsoft のオンプレミス ライセンスのアウトソーシング条項を更新し、オンプレミス/従来のアウトソーシング サービスとクラウド サービスの区別を明確にしています。これらの変更の詳細については、ブログ「専用のホステッド クラウド サービスに関する Microsoft のライセンス条項の更新」をご覧ください。 ご質問がありましたら、該当の Microsoft アカウント チームまたはパートナーにお問い合わせください。

使用を開始するには

現在、プレビューをご利用いただけます。最初の Azure Dedicated Host を開始しましょう。

Azure Dedicated Host は、ARM テンプレートでデプロイすることも、CLIPowerShellAzure portal を使用してデプロイすることもできます。さらに詳しい概要については、Microsoft の Web サイトおよび WindowsLinux の両方のドキュメントをご覧ください。

そして最後に重要な点として、メンテナンス管理機能のプレビュー版へのアクセス権を要求することもできます。これにより、Azure Dedicated Host のプラットフォームの更新をスキップしたり、更新の適用を 35 日のローリング期間内の選択したタイミングで行ったりできるようになります。

よく寄せられる質問

Q:Azure Dedicated Host で実行できるのはどの Azure Virtual Machines ですか?

A:プレビュー期間中は、Dsv3 および Esv3 Azure Virtual Machines シリーズをデプロイできます。Fsv2 仮想マシンのサポートは、まもなく開始予定です。ホストの物理容量に応じて、特定の仮想マシン シリーズの任意の仮想マシン サイズを Azure Dedicated Host インスタンスにデプロイできます。詳細については、こちらのドキュメントをご確認ください。

Q:Azure Dedicated Host で実行される Azure Virtual Machines で利用できるのは、どの Azure Disk Storage ソリューションですか?

A:このプレビュー プログラムでは、Azure Standard HDD、Standard SSD、Premium SSD がすべてサポートされます。Azure Disk Storage の詳細をご確認ください。

Q:新しい Azure Dedicated Host サービスの価格と詳細はどこで確認できますか?

A:新しい Azure Dedicated Host サービスの詳細については、価格に関するページをご覧ください。

Q:Azure Dedicated Host で Windows Server/SQL Server ライセンスの Azure ハイブリッド特典を使用できますか?

A:はい。ソフトウェア アシュアランス付きの既存の Windows Server/SQL Server ライセンス、または条件を満たすサブスクリプション ライセンスの Azure ハイブリッド特典を利用することで、コストを削減できます。Windows Server Datacenter Edition と SQL Server Enterprise Edition では、ホスト全体のライセンスを取得して Azure ハイブリッド特典を使用すると、無制限の仮想化を利用できます。そのため、基盤となるサーバーの物理容量に応じて、Windows Server 仮想マシンをいくつでもホストにデプロイできます。Windows Server と SQL Server 2008/R2 の無料の延長セキュリティ更新プログラムは、Azure Dedicated Host の Windows Server と SQL Server のすべてのワークロードにも適用されます。

Q:専用クラウド サービスで Windows Server/SQL Server ライセンスを使用できますか?

A:マルチテナントおよび専用クラウド サービス間でソフトウェア ライセンスの一貫性を確保するため、専用クラウド サービスの Windows Server、SQL Server、およびその他の Microsoft ソフトウェア製品のライセンス条項を更新しています。2019 年 10 月 1 日以降、新しいライセンスをソフトウェア アシュアランスとモビリティ権なしで購入した場合、そのライセンスは Azure と他の一部のクラウド サービス プロバイダーの専用ホスティング環境では使用できなくなります。これは、マルチテナント ホスティング環境に対するポリシーと一致しています。ただし、ソフトウェア アシュアランス付きの SQL Server ライセンスは、2019 年 10 月 1 日より後に購入したものであっても、ライセンス モビリティを介してすべてのクラウド サービス プロバイダーの専用ホストで引き続き使用できます。お客様は、2019 年 10 月 1 日より前に購入したオンプレミス ライセンスを専用クラウド サービスで使用できます。ライセンスの詳細については、ブログ「専用のホステッド クラウド サービスに関する Microsoft のライセンス条項の更新」をご覧ください。

追加情報については、Azure Dedicated Host の Web サイトと Azure ハイブリッド特典に関するページをご覧ください。