Azure SQL のコストを最適化する 8 つの方法

2020年7月28日 に投稿済み

General Manager, Azure Data & AI

世界中で、企業はニュー ノーマル時代へと突入しており、活動を再開または再構築したいと考えていますが、依然として先行きが見えない中で経営を続けています。コストを最適化し、最も大事なことに支出を向けることはかつてなく重要になっており、多くの企業はコストを制御し、回復性を構築 (英語) し、市場投入を迅速化するための手段として、クラウドに目を向けています。

お客様はさまざまな理由で Azure を選ばれますが、主な理由の 1 つはコストを低減できることです。データベース コストを最大 80% 以上節減できるとしたら、それによって多くのことが可能になるはずです。マイクロソフトでは、企業がコスト効率の高い方法で、変化する状況に適応し、スケーリングできるようにするために、Azure SQL データベース サービス ファミリを導入しました。ここでは、データの支出を最適化し、デジタル変革のジャーニーのどの段階にいても節約を実現できる、8 つの方法をご紹介します。

1. 無料の SQL Server ライセンスを使用してクラウドでビジネス継続性を維持する

お客様のアクティブなソフトウェア アシュアランス特典を使用して、Azure 仮想マシンへの障害復旧に使用できるセカンダリ パッシブ レプリカとして、データセンターの SQL Server ごとに無料のライセンス (英語) を取得できます。

2. Azure 仮想マシン上の SQL Server によって設備投資を運用コストに移行

Azure でホストされる仮想マシンにデータを移行することで、独自の物理サーバーを購入して管理することに伴うコストと複雑さを回避できるため、3 年間で 1,000 万ドル以上 (英語)1 の大幅な節減を実現できます。Azure 仮想マシン上の SQL Server を使用することで、お客様は独自のソフトウェアを購入、インストール、および管理する一方、Azure がインフラストラクチャを管理します。VM をリソース プロバイダーに登録して、自動化されたバックアップや修正プログラム適用、および AlwaysOn 可用性グループなどの包括的な管理機能セットを利用してより生産的に業務を行うことで、さらに多くの恩恵を享受できます。

3. 無料のセキュリティ更新プログラムによってデータを保護する

SQL Server 2008 または 2008/R2 に依存するアプリケーションの場合、Azure 仮想マシンに移行すると 3 年間の無料の延長セキュリティ更新プログラムをアクティブ化できます。Azure Site Recovery を使用して、Azure Gallery の事前構成された SQL Server 2008 および 2008 R2 イメージを使用してクラウドへの容易な移行を実現しましょう。

4. 完全に管理された Azure SQL データベース サービスにより生産性を向上

常に最新バージョンの SQL Server 上に存在し、常に最新の状態を保つ、完全に管理されたサービスによって、既存のアプリを最新化しましょう。それによって、バックアップ、高可用性、パフォーマンスのチューニング、データ保護などがお客様に代わって自動的に実行されます。最近の Forrester Consulting の調査 によると、Azure SQL Database および Azure SQL Managed Instance は、最大 40% の生産性の向上に加えて、最大 238% の投資収益率を提供します。2

「運用コストは約 70% 減少し、以前の IT 予算の約 7 分の 1 になりました。この節減できた予算を使用して、より優れた製品をより迅速に開発するための研究開発に注力しています」植田 省司氏: シニア アーキテクト、ベネッセ コーポレーション

5. SQL Server ライセンスを使用して Azure で割引料金を適用

クラウドにおいてお客様のオンプレミス ライセンスの価値を最大化するユニークなオファーである Azure ハイブリッド特典によって、その他のクラウド プロバイダーと比べて最大 80%3 を節約しましょう。その他のクラウドのライセンス モビリティ特典とは異なり、Azure ハイブリッド特典は Windows Server ライセンスにも対応し、SQL Server Enterprise 1 コアにつき 4 つの vCore の SQL Database または SQL Managed Instance を提供することで、高度に仮想化された SQL Server ワークロードの移行を容易にします。さらに、180 日間の二重使用権が提供されるため、オンプレミスでの運用を維持しながら、Azure への移行を実行できます。

コストの最適化ブログの図 v2

6. より優れた洞察によるコストの最適化

Azure Advisor を使用して、アイドル状態にある、または活用されていない VM についてのコスト削減の洞察を入手しましょう。または、Azure Cost Management を使用して、ストレージ費用を監視および制御したり、SQL データベースの使用量を最適化できます。

7. 使用したリソースに対してのみ支払い

クラウドで唯一のサーバーレス SQL で、秒単位で支払いましょう。SQL Database サーバーレスは、お客様のワークロードのアクティビティに応じてコンピューティング リソースを自動的にスケーリング、一時停止、および再開するため、お客様は利用したリソースの分のみ支払うことができます。クラウドにおける契約ライフサイクル管理の大手プロバイダーである Icertis は、SQL Database サーバーレスによってデータベース コストを 70% 近く (英語) 削減しました。

「Azure SQL Database サーバーレスによって、当社はより堅牢で回復力に優れたソリューションを提供でき、顧客とより緊密なパートナーシップを構築し、かつてない力強い立ち位置で市場進出を推進することが可能になっています」Purna Rao 氏、シニア DevOps アーキテクト、Icertis

8. 事前に予約して、最大 3 年間価格を固定

予約価格によって、従量課金制価格と比較して最大 72%4 コンピューティング コストを削減し、より効果的に予算を立てましょう。Azure ハイブリッド特典と予約価格を組み合わせると、最大 80% ものさらなる節約を実現できます。予約価格で前払いをするか、または追加コストなしで便利な月額支払いオプションを利用できます。

Azure のパフォーマンスに Azure ハイブリッド特典による節減を考慮に入れると、ミッションクリティカルなワークロードにおいて比類のない価値を実現でき、AWS 上の SQL Database に比べて最大86% のコストを削減し5、 Azure 仮想マシン上の SQL Server のワークロードで最大 84% コストを抑える6 ことができます。

今すぐ Azure SQL をご利用ください

次のステップに進むサポートが必要ですか? 私たちはお客様をガイドして、お客様のワークロードにぴったりの Azure SQL サービスと、コスト効率の高いクラウドへの移行を実現するためのツールとサービスをご紹介します。

Azure。目的を持った発明。


1 「The Total Economic ImpactTM of Microsoft Azure IaaS」、2019 年 8 月にマイクロソフトに代わって Forrester Consulting により実施された委託調査。
2 「The Total Economic ImpactTM of Migration to Azure SQL Managed Databases」、2020 年 3 月にマイクロソフトに代わって Forrester Consulting により実施された委託調査。
3 3 年間の予約インスタンスまたは予約容量で 12 か月間、1 か月あたり 744 時間実行するシナリオに基づいて算出しました。料金は 2018 年 10 月 24 日時点のものであり、変更される場合があります。Azure Windows VM については、米国西部 2 リージョンにおいて、SUSE Linux Enterprise Basic 料金で実行される、1 台の D2V3 Azure VM に基づいて算出しました。AWS については、米国西部 (オレゴン) において、全額前払いの標準 3 年契約の予約インスタンス用 Windows Server 従量課金料金で、1 台の m5.Large VM を使用した場合に基づいて算出しました。SQL Server については、米国西部 2 において Azure ハイブリッド特典の料金で実行される、仮想コア 8 個の Azure SQL Database Managed Instance Business Critical に基づいて算出しました。AWS については、米国西部 (オレゴン) において、全額前払いの標準 3 年料金で、Reserved Instance の AZ 複数展開で RDS for SQL EE を db.r4.2xlarge で使用した場合に基づいて算出しました。AWS の延長セキュリティ更新プログラムのコストは、Windows Server Standard の Open NL の ERP 料金 (米ドル) に基づいています。実際のコスト節減効果は、リージョン、インスタンスのサイズ、およびパフォーマンス層に応じて変動する場合があります。節減額には、ソフトウェア アシュアランス費用 (ボリューム ライセンス契約により異なる) は含まれません。詳細については、営業担当者にお問い合わせください。
4 72% の節約は、米国政府バージニア リージョンの 1 つの Windows OS 向け M32ts Azure VM で、従量課金制 (毎月 3,660.81 ドル) で 36 か月運用した場合と、3 年間予約インスタンスの場合 (毎月 663.45 ドル) を比較して得られた数値です。2018 年 10 月 30 日現在の Azure 価格体系です (価格は変更になることがあります)。実際に節減可能な額は、場所、インスタンスの種類、または利用状況によって異なる場合があります。
5 価格性能比の主張は、マイクロソフトの委託により GigaOm によって 2019 年 8 月に実施された調査からのデータに基づきます。この調査では、価格性能比をシングル、80 vCore、ビジネス クリティカル サービス レベルでの Gen 5 Azure SQL Database と、AWS RDS の SQL Server 用 db.r4.16xlarge オファリングが比較されました。ベンチマーク データは、GigaOm Analytic Field Test のデータです。業界標準として評価されている TPC Benchmark™ E (TPC-E) から派生したテストで、読み取り専用トランザクションと更新を集中的に行うトランザクションの組み合わせに基づき、複雑な OLTP アプリケーション環境で見られるアクティビティをシミュレーションします。価格性能比は GigaOm によって計算されたものであり、クラウド プラットフォームを継続的に 3 年間実行するコストを、TPS のスループットで除算することで算出しています。価格は 2019 年 8 月現在の米国一般提供価格 (Azure SQL Database は米国東部向け、AWS RDS は米国東部 (オハイオ州) 向け) に基づいています。価格性能比の結果は GigaOm Analytic Field Test で詳述する構成に基づいています。そのため、構成とリージョンによっては実際の結果や価格が異なる場合があります。
6 価格性能比の主張は、マイクロソフトの委託により GigaOm によって 2020 年 2 月に実施された調査からのデータに基づきます。調査では、Azure E32as_v4 インスタンス タイプ (P30 Premium SSD ディスク搭載) の Windows Server 2019 Datacenter Edition 上の SQL Server 2019 Enterprise Edition と、AWS EC2 r5a.8xlarge インスタンス タイプ (General Purpose (gp2) ボリューム搭載) の Windows Server 2019 Datacenter Edition 上の SQL Server 2019 Enterprise Edition のコスト パフォーマンスが比較されました。ベンチマーク データは、業界標準として認識されている TPC Benchmark™ E (TPC-E) に基づく、GigaOm Analytic Field Test で測定されました。このフィールド テストではすべての TPC-E ベンチマークを実施しているわけではないため、公開された他の TPC-E ベンチマークと比較することはできません。価格は、2020 年 1 月時点で公開されていた米国での価格設定 (Azure Virtual Machines 上の SQL Server の場合は米国西部、AWS EC2 の場合は北カリフォルニア) に基づいています。価格には、Azure と AWS のコンピューティングに対する 3 年間の予約価格、SQL Server 向け Azure ハイブリッド特典および Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典、AWS での SQL Server に対するライセンス モビリティが含まれています。そのため、構成とリージョンによっては実際の結果や価格が異なる場合があります。