ナビゲーションをスキップする

Azure Cosmos DB の開発者エクスペリエンスの更新 (2018 年 12 月)

12月 4, 2018 に投稿済み

Program Manager, Azure Cosmos DB

Azure Cosmos DB チームは、以下のような開発者向けの新機能と機能強化を発表いたします。

.NET SDK バージョン 3.0 プレビュー

.NET SDK バージョン 3.0 がプレビュー公開されました。オブジェクト モデルを再設計して、新しい "Fluent" スタイルの API サーフェスの使用、ストリームのサポート、およびその他のパフォーマンスの改善を行い、GitHub でソースを公開しました。また、この新しい SDK は .NET Standard 2.0 をターゲットとしているため、.NET Framework 4.6.1 以降と .NET Core 2.0 以降の両方のアプリケーションで使用できます。

NET SDK バージョン 3.0 プレビュー

ぜひフィードバックをお寄せください。最新情報については、ブログ記事「Azure Cosmos DB .NET SDK バージョン 3.0 のパブリック プレビュー開始」で詳細をお読みいただき、チュートリアルで作業を開始してください。

データベース レベルのスループットのエントリ ポイントを 25 倍抑制

データベース レベルのスループットのエントリ ポイントを 10,000 RU/s からわずか 400 RU/s まで、25 倍下げました。データベース レベルのスループットを使用すると、データベース内のすべてのコンテナーでスループットが共有されます。最初の 4 個のコンテナーの後は、コンテナーを追加するごとに少なくとも 100 RU/s が必要になります。詳細については、Cosmos DB レベルのスループットに関するページを参照してください。

データベース レベルのスループット

さらに、専用スループットを備えたパーティション分割されたコンテナーの作成時に、1,000 RU/s からではなく、400 RU/s からスループットのプロビジョニングを開始できるようになりました。これによって、"固定" コンテナーを作成する必要がなくなったため、ポータルから削除されました。コンテナーの作成時にパーティション キーが提供されていれば、ワークロード ストレージと要求量の拡大に合わせてコンテナーをスケーリングできます。

小さなコンテナーを多数備えたデータベースを簡単に作成できるようになったことで、最優先のユーザーの声の項目に対処できたことを喜ばしく思います。

CORS のサポート

Azure Cosmos DB で CORS がサポートされるようになりました。Microsoft の JavaScript SDK を使用して、プロキシを使わずに直接 Azure Cosmos DB とやり取りするブラウザーベースのアプリケーションを作成できるようになりました。アカウント レベルで、Azure Cosmos DB に対する要求の発生源となる allowed-origins を設定できます。これは、そのアカウント内のすべてのデータベースとコンテナーに適用されます。詳細については、ブログ「Azure Cosmos DB では、クロス オリジン リソース共有 (CORS) がサポートされるようになりました」を参照してください。

CORS ダッシュボード

JavaScript SDK 向けの Change Feed のサポート

Azure Cosmos DB の JavaScript SDK で Change Feed がサポートされるようになりました。Change Feed を使用すると、コンテナーでの変更をリッスンし、作成または更新されたレコードの増分フィードを取得することができます。Change Feed は通例、イベントソーシング アーキテクチャ、ストリーム処理、データ移動の各シナリオで使用されます。作業を開始するには、サンプルを参照してください。

エミュレーターでの Cassandra API のサポート

Azure Cosmos DB エミュレーターCassandra API のサポートが追加されました。Azure Cosmos DB エミュレーターでは、Azure Cosmos DB サービスを開発目的でエミュレートするローカル環境を利用できます。Cassandra API にこれを使用して、Azure Cosmos DB サービスに対するコストを負担することなく、アプリケーションの開発とテストをローカルで実行できるようになりました。

試してみるには、最新バージョンのエミュレーターをインストールしてください。Cassandra API を有効にするフラグを設定して、管理者用のコマンド プロンプトからエミュレーターを起動します。他の API モードのエミュレーターで使用されるディレクトリとの競合を回避するために、異なるデータ パスを指定することをお勧めします。

CosmosDB.Emulator.exe /EnableCassandraEndpoint /DataPath=”C:/path/to/directory”

開始する

これらの新機能をお試しいただき、askcosmosdb@microsoft.com にフィードバックをお送りください。Azure Cosmos DB を初めて利用される場合は、30 日間 Cosmos DB を無料でお試しいただけます。

Twitter の @AzureCosmosDB をフォローして、最新の Azure #CosmosDB ニュースや機能の情報を常に把握してください。Azure Cosmos DB を利用して構築されたものを見られることを、本当に楽しみにしています。