Azure Arc 対応 Kubernetes プレビューと新しいエコシステム パートナー

2020年5月20日 に投稿済み

Partner Director, Azure Management

2019 年 11 月に、Microsoft は Azure Arc のプレビューを発表しました。これは、Azure のサービスと管理を、データセンター、エッジ、マルチクラウドをまたいであらゆるインフラストラクチャで利用できるようにすることで、お客様向けの新しいハイブリッド シナリオを実現するためのテクノロジのセットです。プライベート プレビューでのすべてのお客様のフィードバックとご感想に基づき、Microsoft は Azure Arc 対応 Kubernetes のプレビューのお客様への提供を開始しています。これにより、すべてのユーザーが Azure Arc を使用して、お客様のデータセンター、エッジの場所、マルチクラウドをまたいであらゆる Kubernetes クラスターに接続し、構成することができます。

過去数か月間のプライベート プレビュー中に、さまざまな業界の組織が、Azure Arc for Kubernetes の力を経験しました。小売業のお客様は、一貫性が保証された支店の場所にアプリケーションと構成をデプロイしています。金融機関や医療機関は、Azure Arc を使用して、カスタムのデータ主権要件のある地理的リージョンの Kubernetes インスタンスを管理しています。さまざまなアプリケーション シナリオやデプロイ環境にわたって、お客様は Kubernetes エコシステムの多様性を採用しています。Azure Arc 対応 Kubernetes は、そのオープン性と柔軟性を通じて、お客様が選択したツールを使用してビジネス上の課題に対応できるようにするための唯一のものとして認識されています。

最新の Azure Arc 対応 Kubernetes のプレビューでは、ほとんどの CNCF 認定 Kubernetes ディストリビューションのサポートをすぐにご利用いただけます。さらに、Microsoft のお客様が現在ご利用のすべての主要なプラットフォームに対して Azure Arc が適切に機能するように、Red Hat OpenShift、Canonical Kubernetes、Rancher Labs などの初回 Azure Arc 統合パートナーを発表いたします。

Azure Arc 対応 Kubernetes の利点

アプリケーションの配信は、特にお客様が DevOps プラクティスを採用している場合は、本質的に共同作業のアクティビティです。開発者、システム オペレーター、インフラストラクチャ エンジニア、データベース管理者は、複数の環境でアプリケーションを開発、デプロイ、管理する際に、それぞれがアクティブな役割を担います。これを効率的に行うため、お客様には場所やスキルに基づいて、サイロになっているチームに対して共有アプリケーションとインフラストラクチャ ライフサイクル管理を行うというニーズがあります。現在私たちが経験しているような不確かな時期には、お客様の組織の可視性と監督を確保して、すばやく安全に進めるようにすることが何よりも重要です。

最新のアプリケーションを作成している開発者は、アプリケーションに重点を置き、インフラストラクチャに多くの時間を費やさずに済むように、Kubernetes を採用しています。既製の Helm チャートから使用する開発者ツールにいたるまで、豊富な Kubernetes エコシステムがあります。Azure Arc を使用すると、既存の DevOps パイプライン、Kubernetes マニフェスト、Helm チャートを使用して、接続されている任意のクラスターに大規模にデプロイできます。Azure Arc 対応 Kubernetes は GitOps 手法を採用しているため、お客様はアプリケーションとクラスター構成をソース管理で定義します。つまり、アプリと構成への変更は、あらゆる数のクラスター全体でバージョン管理され、適用され、ログに記録されます。

Azure Arc を使用すると、あらゆる場所で実行されているさまざまな Kubernetes クラスターのインベントリ作成、整理、制御を Azure から大規模に行うことができます。

Azure Arc は、複数の場所をまたいでデプロイされたすべての Kubernetes クラスターについて、統一された操作モデルをお客様に提供しています。これにより、Azure 管理をクラスターで利用できるため、Azure Policy、Azure Monitor、Azure Resource Graph などの Azure 機能を最大限に利用することができます。すべてのシステムを Azure Arc にまとめることで、明確な関心の分離に基づき、可視性とアクセスを損なうことなく、非常に簡単にチーム メンバーに明確な役割と責任を規定することができます。

Azure Arc は、クラウド、データセンター、エッジの場所でサーバー、Kubernetes、Azure データ サービスを管理するためのさまざまな機能を提供します。

インベントリと組織: 組織、チーム、個人レベルで拡大を続けるリソースをコントロールすることで、より効率的に作業できます。

  • お使いのすべてのリソースを 1 つのシステムにまとめることで、管理グループ、サブスクリプション、リソース グループなどのさまざまな Azure のスコープを通じて整理し、インベントリを作成することができます。
  • 標準化されたカスタムのタグを作成、適用、強制して、リソースの追跡を維持できます。
  • Azure Resource Graph を使用して、強力なクエリを作成し、グローバル ポートフォリオを検索できます。

ガバナンスと構成: Kubernetes アプリ、データ、インフラストラクチャに対し、どこにいてもポリシーを作成、適用、強制することができ、アクティビティを合理化することができます。

  • Azure Policy を使用してお使いのすべてのリソース全体にガードレールを設定し、一貫性のある構成が単一クラスターに適用されるようにしたり、または継承機能を利用して多数のクラスターに大規模に適用されるようにしたりすることができます。
  • 複数のシステムやさまざまな種類のリソース間で標準化されたロールベースのアクセス制御 (RBAC)。
  • IT 部門が介入することなく、サービス チームに対しインシデントと問題の修復を自動化および委任できます。
  • Azure Policy を使用して実行時に準拠と監査のリソースを適用できます。

統合 DevOps および管理の機能: 追加の Azure サービスまたはお客様のお好みのツールを組み合わせて使用できます。

  • GitHub、Azure Monitor、Security Center、Update などと統合されています。
  • 構成とコードとしてのインフラストラクチャを自動化するための共通のテンプレートで、反復可能なデプロイを実現できます。
  • Azure Active Directory (Azure AD) と Azure Resource Manager を使用したユーザーとリソースのエンドツーエンドの ID。

統合されたツールとエクスペリエンス: 場所、スキル、職務の内容に基づいて、従来はサイロ化されていたチームに対し、共有のアプリケーションとインフラストラクチャのライフサイクル エクスペリエンスを作成できます。

  • Azure portal と API を通じ、データセンター、エッジの場所、マルチクラウドをまたいで、お使いのリソースを統一され一貫性のあるビューで簡単に表示できます。
  • お好みの Kubernetes バージョンをエコシステムから接続し、Windows および Linux の仮想マシン (VM)、物理サーバー、Azure データ サービスと並行して使用できます。
  • 可視性とアクセスを損なうことなく、明確な関心の分離によりチーム メンバーに明確な役割と責任を規定できます。

Microsoft の統合パートナーが Azure Arc を活用している方法

「Red Hat OpenShift は、業界で最も包括的なエンタープライズ Kubernetes プラットフォームを提供しています。実績のある追跡記録と大規模なインストール ベースを備え、ハイブリッド クラウド全体で実行する必要があるワークロード用に特別に構築されています。Azure Arc を使用すると、企業のデータセンターからパブリック クラウドへの OpenShift の共通のコントロール プレーンを提供できるため、OpenShift の柔軟性とイノベーションを Azure のスケーラビリティと性能と組み合わせることを求めている組織に対し、単一の管理ポイントを提供することができます。」 - Mike Evans 氏 (Vice President、Technical Business Development、Red Hat OpenShift)

「Canonical Charmed Kubernetes を使用することで、企業は、完全に自動化されたアーキテクチャと運用を活用しながら、新しい世代のアプリケーションの開発を加速させることができます。Azure Arc と統合することで、Charmed Kubernetes クラスターをあらゆるインフラストラクチャ全体で、そして Azure Kubernetes Service (AKS) と並行して管理できるようになりました。これにより、組織のより幅広い IT 資産に一貫して適合させることができます。企業はこの統合により、エッジからクラウドまで、環境を視覚化、制御、管理するための単一の統一された場所を大規模に利用できます。」- Christian Reis 氏 (VP Public Cloud、Canonical Kubernetes)

「Microsoft Azure の Rancher Kubernetes Engine (RKE) は、クラウド コンピューティングに優れた機能を提供する、実績のあるプラットフォームです。Azure Arc を使用して Azure を RKE にまで拡張することにより、Rancher Labs と Microsoft は、拡大し進化を続ける IT 資産の制御を保つことができ、企業向けの次世代アプリケーションの開発を加速する態勢を整えることができます。」 - Sheng Liang 氏 (CEO、Rancher Labs)

Azure Arc を使用すると、お客様は Kubernetes クラスターに接続して構成し、最新のアプリケーションを大規模にデプロイできます。Azure Arc を使用すると、お客様はこれらの Kubernetes クラスター上で Azure データ サービスを実行することもできます。さらに、実際には多くの顧客が、Windows および Linux サーバーで実行されているアプリケーションを所有しています。Azure Arc を使用すると、サーバーを管理できるだけでなく、同じ統一された操作エクスペリエンスを利用できます。今後予定されている次の Azure Arc プレビューでは、Azure Arc 対応 SQL Managed Instance や Azure Arc 対応 PostgreSQL Hyperscale などの Azure データ サービスを Kubernetes クラスターに導入します。これにより、常に最新のクラウドネイティブ サービスを必要な場所で利用できるようになります。

Azure Arc の新機能と新しいプレビューについては、引き続きお知らせします。皆様のご意見をお待ちしております。また、今後予定されている機能についてのご協力をお願いします。UserVoice サイトに移動して、ご連絡ください。

Azure Arc 対応 Kubernetes を使ってみる

Azure Arc で Kubernetes クラスターを有効にする方法の詳細については、今すぐプレビューを開始してください。