Azure スポット Virtual Machines のプレビューの発表

2019年12月9日 に投稿済み

Principal PM Manager, Azure Compute

Azure スポット Virtual Machines のプレビューが発表されました。Azure スポット Virtual Machines では、未使用の Azure コンピューティング容量を大幅な割引価格でご利用いただけます。スポットの価格は、Virtual Machine Scale Sets (VMSS) に加えて、単一の Virtual Machines でご利用いただけます。これにより、割引価格をご利用いただきながら、Azure で幅広い種類のワークロードをデプロイできます。スポット Virtual Machines は従量課金制の Virtual Machines と同じ特性を持ちますが、価格と削除において違いがあります。スポット Virtual Machines は、Azure で容量が必要になった場合にいつでも削除される可能性があります。

スポット Virtual Machines で実行するのに最適なワークロードには、以下が挙げられますが、必ずしもこれらに限定されません。

•    バッチ ジョブ。
•    中断されても持続可能であるか、回復可能なワークロード。
•    開発とテスト。
•    スケールアウトし、状況に応じてコストを節約するためにスポット Virtual Machines を使用できる、ステートレス アプリケーション。
•    仮想マシンが削除された場合に、簡単に再実行できる短時間のジョブ。

スポット Virtual Machines のプレビューはスケール セットでの Azure 低優先度 Virtual Machines のプレビューに置き換わります。対象となる低優先度 Virtual Machines は自動的にスポット Virtual Machines に切り替えられます。詳細情報については、FAQ をご覧ください。 

料金設定

低優先度 Virtual Machines と異なり、スポット Virtual Machines の価格は、Azure リージョンでのサイズや SKU の容量によって異なります。スポット価格では、特定の Azure 仮想マシン シリーズおよびリージョン内の特定サイズにおける可用性や需要に関する分析情報が得られます。料金は、安定化のために徐々に変更されるため、予算をより適切に管理できます。Azure portal で、現在の Azure 仮想マシンのスポット価格に簡単にアクセスし、ニーズに最適なリージョンまたは仮想マシン サイズを容易に判断できます。スポット価格では、従量課金制の価格が上限になります。
サイズとスポット価格を表示するポータルの VM サイズ ペイン 

デプロイメント

スポット Virtual Machines はデプロイと管理が簡単です。スポット仮想マシンのデプロイは、通常の仮想マシンの構成およびデプロイと同様です。たとえば、Azure portal では、Azure スポット インスタンスを選択して、スポット仮想マシンをデプロイするだけで済みます。また、スポット Virtual Machines の最大価格を定義することもできます。2 つのオプションを次に示します。 

  1. 価格の上限を設定せずに、スポット Virtual Machines をデプロイすることを選択できます。Azure では、特定の時点でスポット仮想マシンの料金が課金され、価格が原因で Virtual Machines が削除されることはないため、安心です。
     [削除の種類] に [capacity only] (容量のみ) を選択。
  2. または、予算内に抑えるために特定の価格を指定することもできます。Azure では、設定した最大価格を超えて課金されることはありません。スポット価格が、定義した最大価格を上回ると仮想マシンは削除されます。
      スポット VM をデプロイする最大価格を指定する機能。

コストを削減するために使用できるオプションは他にもいくつかあります。

  1. ワークロードで、特定の仮想マシン シリーズおよびサイズが必要とされない場合、同じリージョン内でより低価格の別の Virtual Machines を検索できます。
  2. ワークロードが特定のリージョンに依存していない場合、コストを削減するために、別の Azure リージョンを見つけることができます。

クォータ

今回、柔軟性を高めるために、従量課金制の仮想マシンのクォータから分離された、スポット Virtual Machines の個別のクォータが Azure でロールアウトされます。スポット Virtual Machines とスポット VMSS インスタンスのクォータは、特定の Azure リージョン内のすべての仮想マシンのサイズに対する単一のクォータです。この方法により、より広範な一連の Virtual Machines に簡単にアクセスできるようになります。
  スポット VM の新しいクォータを要求。

削除への対処

Azure では、スポット仮想マシンの実行を維持し、削除を最小限に抑えようとしますが、Azure スポット Virtual Machines と VMSS インスタンスのランタイムは保証されていないため、ワークロードでは削除に対処するために備える必要があります。スケジュール済みイベントにサブスクライブすることで、オプションの削除の 30 秒前の通知を受け取ることができます。Virtual Machines は、次の理由により削除される場合があります。

  1. スポット価格が、仮想マシンに定義した最大価格を上回っている。選択した仮想マシンのスポット価格が、デプロイ時に定義した価格を上回ると、Azure スポット Virtual Machines は削除されます。価格を変更することによって、仮想マシンの再デプロイを試行できます。
  2. Azure で容量を回収する必要がある。

どちらのシナリオでも、同じリージョンまたは可用性ゾーンで仮想マシンの再デプロイを試行できます。

ベスト プラクティス

ここでは、Azure スポット Virtual Machines を最大限に活用するための効果的な方法をいくつか挙げます。

  • 実行時間の長い操作の場合は、チェックポイントを作成するようにして、前回の既知のチェックポイントからワークロードを再開し、削除に対処して時間を節約できるようにします。
  • スケールアウトのシナリオでは、コストを節約するために、通常の Virtual Machines 用とスポット Virtual Machines 用の 2 つの VMSS を使用できます。両方を同じロード バランサーに配置し、状況に応じてスケールアウトできます。
  • 仮想マシンが削除されるときに通知を受けるには、仮想マシンで削除通知をリッスンします。
  • 従量課金制の料金を利用する場合は、[削除の種類] として [Capacity Eviction only] (容量による削除のみ) を使用するか、API で最大価格として "-1" を指定し、スポット仮想マシンの価格を上回る課金が Azure で行われないようにします。
  • 削除に対処するには、再試行ロジックを構築して Virtual Machines を再デプロイします。特定の仮想マシン シリーズおよびサイズを必要としない場合は、ワークロードのニーズに合致する別のサイズをデプロイしてみてください。
  • VMSS のデプロイ時に、ポータル管理タブで最大拡散を選択するか、API で FD==1 を選択して、ゾーンまたはリージョンで容量を検索します。

詳細情報